現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
花より団子。
2014-05-04 Sun 21:22
             フラワーフェスティバル001

 今年も行きました!!

 花よりも食欲の権化の蔵間マリコです。
 GW後半の4連休の2日目、初日は島根へ小旅行へと行きましたが、今日はこんな所へ行きましたー。GWの中でも、もっとも混雑する場所の一つと言われる、広島県最大のイベント『広島フラワーフェスティバル』に。
 まあ、このブログを昔から読んでいる人は分かっているかもしれませんが、自分はフードフェスタとこのフラワーフェスティバルを楽しみにしているんですよねえ。普通の祭りなんかとは違って、珍しい料理が比較的リーズナブルな価格で食べることが出来るのですから。しかも、どれもこれもが美味い。それに今日行かなければ、明日は雨が降るらしいですし。というわけで、メタボ確定な一大イベントに参加しました。
 で、会場に昼近くに到着したんだけど、一番人の多い2日目だけあって、それはもうビックリするほどで。その年によって行く日は違うけど、ここまで多かったのだろうか?記憶は曖昧だけど、一番多い気がする。

        フラワーフェスティバル002

 さて、フラワーフェスティバルの会場に到着して最初に食べたのが、これ。広島県の新しい名物(?)、ホルモンの一夜干しである。
 広島県では、ホルモンはよく食べられる食材であり、せんじがらというおつまみややおぎもという牛の肺を煮込んだ料理、最近ではホルモンバーグなどといった通販でも人気のあるホルモン料理もある。それぐらい広島ではホルモンは馴染み深いものであり、ホルモンの一夜干しというのも別におかしくはないだろう。
 で、肝心の味はというと、これがなかなか美味い。焼肉のホルモンなどとは違って、柔らかいだけでなく、カリカリになった部分もあるし、油っぽくない。それに、ホルモン特有の癖もなく食べやすい。本当にこれは、ホルモン嫌いな人が食べても満足できる味だわ。

        フラワーフェスティバル003

 ぱんぱかぱーん!!続いて、自分が食べたのはカープの選手御用達の鉄板焼き屋『愛宕』のミンチカツと白ワイン。
 流石に店では食べるような機会がないんで、今回のようなタイミングでしか食べれませんが、名店だけあってミンチカツの味はとても美味い。衣はサックサクだし、肉汁もあふれるし、玉葱も甘くて旨みが深い。そして、白ワインが油を洗い流す。鉄板焼きじゃないけど、有名店の味を垣間見えてよかった。

        フラワーフェスティバル004

 だんだん調子が乗ってきた。自分はワインと合いそうな鎌倉ハムの荒引きソーセージを買った。馬のおち○ち○ではない!!
 鎌倉ハムはスーパーなんかでも少し高いハムのコーナーにあるやつだけど、こういう場で食べるのも一味違う気がする。皮はパリパリ、中はジューシーで刺激的。これもなかなか白ワインとの相性が良くて、食が進む。

             フラワーフェスティバル009

 会場内で見かけたRCCラジオのポスター。
 本通りのEDIONと広島電鉄が見える広島そごうのはす向かいがモチーフになっている。そして、何故か美少女キャラ。そういえば、広島もサブカル系の店がかなり増えているんだよなあ……。

             フラワーフェスティバル006

 さて、この手のイベント行くと自分が必ず食べるものが1つある。それは、カレーだ。
 今回は、北海道ブースで売っていたインカのめざめというジャガイモを使ったカレーパンだけど、そんじょそこらのカレーパンとは違う。香辛料の辛さに負けないほどのジャガイモの甘さが見事な調和を生み出している。これがイベントでしか食べられないのは残念だけど、もし近くに店があったとしたら、御飯党の俺でも毎日食べたいほどだ。

        フラワーフェスティバル007

 今まで強烈な味の料理が続いてきたけど、ちょっと方向性を変えて、ホッとするような料理を。ということで、タイ料理のブースにて、ホイトートを注文した。
 ホイトートはタイ風お好み焼きであり、ポピュラーな屋台料理の一つらしい。自分も一度食べてみたかった料理の一つだけど、噂どおりの美味さ。米粉の生地と卵焼きと野菜炒めが家庭的な味でありながらも、シーフードが入っていることによって引き締まった味になっている。そして、隣のチリソースが刺激的で、そのまま食べるのとは違った魅力がある。

             フラワーフェスティバル008

 そして、ホイトートをつまみに飲んだのが、タイのビール、シンハービール。
 タイでは一般的に飲まれているビールだけど、日本のビールと負けず劣らずの味。苦味がありつつも、すっきりとしたのど越し。いかにもエスニックなタイ料理とは相性が良く、これはかなりずるい組み合わせだと思いましたよ。

        フラワーフェスティバル005

 平和大通りの中央エリアで見かけた地元のアイドル『MMJ』のライブ。
 初めて聞いた名前だけど、そのライブの熱気はなかなかのもので、ファンらしき人もちらほら。パフュームみたいに大成功した例があるように、このMMJも成功してほしいもである。

        フラワーフェスティバル010

 腹も八部目となり、そろそろ〆に。ということで、まずは沖縄のブースでソーキそばを。
 ソーキそばはいわずと知れた沖縄県のソウルフードだが、ちょっと変わった味で好きなんだよね。ラーメンの麺ともうどんの麺ともいえない麺に、独特の風味のスープ、そしてボリューム感のある骨付きの豚肉。以前、沖縄料理の店でも食べたけど、本当に変わった味で面白い。
 ただ、ちょっとコーレーグス(島とうがらしの調味料)を入れすぎたのは失敗だった。ちょっと入れすぎたせいか、辛い辛い。てっきり皿うどんにかける酢の感覚でかけていたけど、思った以上に辛くてビックリしたよ。辛党ではあるけど、ちょっと入れすぎた気がする。

        フラワーフェスティバル011

 麺類も頼んだんだから、御飯類。そんなわけで、豚トロの天むすとスパムのおにぎり。
 スパムのおにぎりは、フラワーフェスティバルのお約束。これほど美味しいおにぎりの具はない!!

             フラワーフェスティバル012

 そして、ラストはゆずシャーベット。
 これで油っぽかった口の中は洗い流され、今回のイベントは終了。最高の〆でした。

 というわけで、これが今回のフラワーフェスティバルの流れ。いや~、満足満足。
 もし、広島県に住んでいて暇があるという方は、明日参加してみるといいかもしれない。雨が降っている可能性もあるが、味は間違いなく保障しますので。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 個食のグルメ | コメント:1 | トラックバック:0
<<埋まらない距離。 | 黒のノエル。 | 大海の恵み。>>
この記事のコメント
リクエスト
初めまして、アサルトといいます。リクエストさせてもよろしいですか?スパロボで、レオタード風のマジシャン姿のリオとショウコとミズホとフィオナと神夜とネージュの六人の尻を描いてもらいたいです。よろしくお願いいたします。
2014-05-04 Sun 22:14 | URL | アサルト #IliMGhQA[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。