現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
大海の恵み。
2014-05-03 Sat 21:25

       島根旅行001

 GWということで、ちょっと遠出でも。

 たまには、小旅行をしたい蔵間マリコです。
 さてと、今日から自分にとってのGW。スケジュールどおりだから4日間の休みではありますが、それでも羽休めには十分ですからね。というわけで、家族と一緒に島根にでも小旅行をしました。この歳になって家族と旅行に行くことなんて滅多にないですけど、たまにはね。
 で、今回の小旅行で行ったのは、『しまね海洋館アクアス』。47都道府県で一番目立たない都道府県(秘密結社鷹の爪の吉田くんいわく)の観光施設として有名な水族館ですね。自分も過去に一度アクアス行っていますけど、開設当初に行って以来ですから、本当に久しい。広島県の宮島水族館なら何度も行ったことありますが。まあ、流石に隣の県だから行くとなると簡単には。
 しかし、GWだけあって、なかなか人盛り。開設当初というほどではありませんが、それでも結構並ばないといけませんからねえ。一番目立たない県とか言われている(秘密結社鷹の爪の吉田くんいわく)けど、そうには思えないほどの頑張りようである。

       島根旅行003
           島根旅行004
            島根旅行005
       島根旅行006
           島根旅行007

 とまあ、なんだかんだで水族館を鑑賞。
 島根県周辺の海洋類をはじめ、深海魚や世界各地の魚、そしてペンギンやアザラシといった水族館のアイドルといったものまで一通りが存在している。地方の水族館とはいえ、かなりバリエーション豊富な水族館といえる。
 しかし、これは前座。アクアスには、他の水族館ではなかなかお目にかかることの出来ない、動物が存在する。

       島根旅行008
       
島根旅行009
       島根旅行010

 それが、一番の目玉であるシロイルカ。
 シロイルカは日本の水族館では数ヶ所でしか見ることが出来ず、特にアクアスが代表例にあげられることが多い。
 このシロイルカ、普通のイルカも可愛いですけど、それに負けないぐらいに可愛いんですよねえ。(色々と手名付けられているというのもあるかもしれないが)愛嬌もとってもいいし、仕草もたまらないし。
 特に驚きなのがアクアスのシロイルカならではの芸当のバブルリング。シロイルカの口の構造を生かし、口からリング状の泡を吹き出すという特殊な芸当なのだが、それを一度に複数回出したり、通常のものよりもはるかに大きいバブルリング、通称マジックリングを生み出すことが出来る。
 残念ながらこの凄さは、画像でしか伝えることが出来ないけど、このバブルリングが見たいという人はぜひ行ってみるといいかも。想像以上に凄いものだから驚きですぞ。

           島根旅行002

 帰りにアクアスへの橋を撮影。
 農地が多く、ビルが全く建っていない島根でも目立つモニュメントである。

       島根旅行011

 とまあ、メインイベントは終わり、昼も1時を過ぎたので昼食へと。
 昼食を済ませた場所は、島根県焼津港の近くにあるお土産センター『しまねお魚センター』。その2階にある食堂『蟹匠』である。
 しまねお魚センターは、以前アクアスに行った時も行きましたが、その時は人が多すぎて昼食どころではありませんでしたよ(代わりにスーパーのフードコートという悲しい事態になった)。でも、今日は以前ほどの人がいたわけでなく(それでも相当な人数だったが)、なんとか食堂で昼食を。

       島根旅行012

 で、自分が頼んだのはこれ。大量の海鮮天麩羅の乗っけられたスーパー天丼セット(2160円)。
 まあ、見てのとおりのボリューム抜群の天丼。海老に、イカ、ホタテ、蟹、穴子、カンパチ、鯛、フグ、ノドグロといった多種に渡る焼津で取れる魚介類と、野菜の天麩羅数種類。これに加えて、茶碗蒸しや小鉢といったものが付いてきますからねえ。観光値段ではあるけど、納得のものはある。
 味もなかなかで、特にフグの天麩羅はホロホロと崩れる感覚と濃厚な味わいがたまらない。昼食にしてもなかなかの量で満足満足。

       島根旅行013

 ついでに、1階のお魚センターでお土産を購入。
 会社用のしまねっこのクッキー、それと地元石見(いわみ)牛を使ったレトルトカレーを購入。魚もいくつか買ったことだし、なかなかの収穫。

       島根旅行014

 そして色々とドライブをしつつ、たどり着いたのがゆうひパーク浜田。いわゆる道の駅である。

       島根旅行015

 基本的にお土産屋でありますけど、ここから見える島根県の風景は絶景。海から吹く風も気持ちいいし、なかなかのロケーションである。夕方や夜だと、更に印象が変わるであろう。

       島根旅行016

 ゆうひパーク浜田で買ったあけびのアイス。デザートは別腹である。
 サツマイモのアイスやかぼちゃのアイス、グリーンピースのアイスといったちょっと変り種の多い地元のアイスだけど、その中でも異彩を放っていたので買ってみました。ここであけびのアイスというのも食べなきゃあ、もう食べる機会なんてないだろうしね。
 味については、かなりあけび。独特の味わいも当然ながら、あの粒々もしっかりとある。でも、アイスになっている故にちょっと変わった味だった。

 これが今回の旅の全てである。
 時間的に回れる場所は少なかったけど、十分楽しめましたね。もし、また島根に行く機会があるのなら、その時は出雲大社や松江のほうにも行ってみたいものである。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<花より団子。 | 黒のノエル。 | 蠢く陰謀。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。