現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
価値の有無。
2014-04-29 Tue 20:01
 原作は合併号でお休みだけど……。

 原作もノベライズも好きだけど、アニメも同じくらいに好きな蔵間マリコです。
 さ~てと、火曜日ですので、いつものあのコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプで連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』のTVアニメ版の感想のコーナーが。
 いや~、毎週更新視しているこのコーナーですが、岡本倫先生の作品が堪能できる一方で、更新がアップアップな状態が続いています。本来ならば、水曜日はエルフェンリートを徹底的に語るコーナーを更新していますが、TVアニメ版極黒のブリュンヒルデの感想と、木曜日のヤンジャンでの連載分の感想を書くとなると負担が半端ないですからね。今週は合併号だからエルフェンリートのコーナーを更新する予定ですが、出来ない時は本当に出来ないからな。だから、そこのところは許してください。
 とまあ、色々と大変な今日この頃ですが、そろそろ感想へと入ります。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の原作更新分のベースでの発言が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 TVアニメ版極黒のブリュンヒルデ第4話『失われた記憶』が放送されましたが、緩急激しくて満足しましたねえ。前半はバイオレンスな展開と前半で進みつつ、後半はギャグとエロで引っ張る。そして、ラストに少し不安を残す。この見事な塩梅、まさにたんらしい内容だ。
 さて、前回のラストで寧子が殺されて起死回生の策で沙織に勝利した良太と寧子ですが、沙織のイジェクトの描写とドラシルが思いのほかグロテスクでしたねえ。ドロドロに溶けるシーンは、モブ魔女のかなでに比べると明確に描かれているし、溶けた肉と血の混ざりあいがなんともきつい。そして、ドラシルに色がついて動くようになったからますます気持ち悪い。特にドラシルは、自分のイメージしていたカラーが赤色だったから、緑色だと判明したのは結構衝撃的。ああ、確かにこれはいきなり踏み潰したくなるわ。沙織のでも、奈波ちゃんのでも。何されるか分からないしさ。
 続いては、この回の最大のポイントとも言える良太とカズミのやり取りだけど、これは前半のバイオレンスな展開と丁度良いバランスになっていて。露天風呂のシーンは原作に負けず劣らずのエロさ(出来れば、光は消して欲しかった。まあ、原作も湯気で見えないが)だし、おっぱい代と性器代もちゃんと言ってくれましたからね。プロモーションでも言っていたから、その台詞を言わせるのは分かっていましたが、夜10時の時間帯に言うとなるとね……。やっぱり、この狂いっぷりがなんとも極黒のブリュンヒルデらしい。
 そして、田所あずささんが演じる鷹取小鳥。これについては、何とも言えないところ。個人的には小鳥ちゃんの声は、ロリっぽいていうか、少し幼さを残したような声をイメージしていた。だから、ちょっと違うかなあという感じもする。でも、単純に慣れていないだけで、これから先、「小鳥ちゃんの声は田所あずささんじゃなきゃあダメ!!」みたいな感じになるかもしれない。そこは、これからの演技しだいだと思う。
 あと、これはちょっと気になる点だけど、九所長がモニターで眺めていた人造宇宙人。これのポジションが、どうも原作とは違うっぽいな。原作だと単純に宇宙人と関わりのある施設でその一端で描かれているのだが、TVアニメ版だとこれを何かしようという感じがするな。なんていうか、ラスボスがヴァルキュリアじゃなくて、人造宇宙人になることを示しているのかもしれない。1クールで、色々まとめようとするとそこらへんが落とし所かもしれないし。まあ、大して関係ない存在で終わるかもしれないが。
 とまあ、なかなか高ポイントな今週のTVアニメ版極黒のブリュンヒルデですが、それと同時に不満点があるのも事実。脚本が相変わらず上手くないし、作画も微妙に怪しい部分もあった。特に、カズミが鎮死剤を持って外に出るシーンをカットしているのは痛い。あれがあるからこそ、安心感というものがあるのに。絶対に削っちゃいけない場面でしょ、あれは。

 バイオレンスとエロとギャグが絶妙な極黒のブリュンヒルデ
 さて、次回はキカコ登場あたりまで話が進むはずだ。一体誰が、キカコの声を演じるのだろうか?もしかして、金田朋子とか田村ゆかりとかってのは無いよねえ……。まあ、それはそれで見てみたいけどさ。

 TVアニメ版極黒のブリュンヒルデ第4話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 ラブコメ度 ☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ(TVアニメ版) | コメント:0 | トラックバック:0
<<恐るべき計画。 | 黒のノエル。 | 忍耐の試練。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。