現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
深夜の死闘。
2014-04-22 Tue 21:11

 日曜日に観ることが出来たらベストなんだけどねえ……。

 魔法使いと一緒にハーレムな生活を送りたい蔵間マリコです。
 さてさて、広島県ですので1日遅れですが、いつものようにあのコーナーを更新します。週刊ヤングジャンプで大人気絶賛連載中、岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』のTVアニメ版の感想を。
 いや~、本当にたんの作品のアニメが再び観れるなんて、どれだけ嬉しいことでしょうか。エルフェンリートがアニメ化決定した時だって、「まさか?何かの冗談だろ?」と思うほどでしたから。そんなに思うほどの一癖も二癖もある作風のたんの作品、極黒のブリュンヒルデがアニメ化。エルフェンリートほど癖があるわけではないですけど、それでもかなりヤバイものがありますからね。この決断的なアニメ化をした集英社さんとARMSさん、そして作者のたんには感謝ばかりですよ。
 とまあ、ちょっと熱くなりました。そろそろ感想に入ります。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 TVアニメ版極黒のブリュンヒルデ第3話『鎮死剤』が放送されましたが、なかなか面白いことになってきましたねえ。アニメだからこそ出来ることもあるし、掲載時や単行本のときみたいなワクワクもありますし。世間でも、「これどうすんの!?」みたいな反応が面白いですし。やっぱり、アニメになった価値がありますわ。
 さて、第3話で一番印象的だったのが、研究所の最初の刺客の魔女、天津2号沙織。原作でも色々と印象的なキャラでしたけど、TVアニメ版になると更にインパクトが増した感じ。まあ、色々と理由があるけど、大きな理由としては2つ、沙織の声優の矢作紗友里さんの演技、そして沙織の魔法の1つ、斬撃である。
 1つ目の声優の矢作紗友里さんについて。矢作紗友里さんというと、To LOVEるの西連寺春菜役やハヤテのごとく!の瀬川泉役などで有名な声優さんですが、これがなかなかのはまり役。萌え系の甘い声ではなく、悪役らしく少し低めなトーンで酷薄なオーラを漂わせている。先の紹介したキャラとは180度違うのに、こういう役を演じることが出来るあたり、流石は人気のある実力派声優だと思う。
 2つ目の斬撃については、原作では説明こそされどアバウトだった描写なため、詳しいことは分からなかった。でも、アニメ版だとドーム上の膜が張られ、それに触れた瞬間、斬撃が行われるという感知式という風になっている。ああ、これで引っかかっていたことが一つ解決した。
 沙織以外に関しては、廃屋が家事になった理由が改変されたことかな?原作だと、唐突もなく火事(一応、炊事をしていたらしいが火事が起きた後に説明されてはいるが)が起きているけど、TVアニメ版だと血塗れになったから風呂に入るために火を付けていたことを先に説明している。これなら、後付け説明にはなっていないし、火事になる理由としては十分。まあ、火事で鎮死剤がなくなるという展開がちょっとおかしいのかもしれないが。
 とまあ、先2話同様に楽しめた第3話ですが、相変わらず脚本と演出があまりよろしくない。場面転換にしても風景をはさむなりなんなりするのが普通なのに、フェードアウトのみだったり、戦闘シーンが原作と殆ど変更点がないからアクション性に薄いし、寧子惨殺場面前後の緊張感が薄かったり……。
 特に気になったのが、「私たちの数日の命で誰かの一生を救えるのなら私たちの命は何倍にでもなる」をカットしたところ。これ、いかにも寧子らしい台詞だし、魔女という存在がどんなものかを端的に示した台詞なのに……。必要なものは削って、不必要なものや余計なものを付け加える。もうちょっと取捨選択が出来ないのかなあ……。

 衝撃的な引きで終わったTVアニメ版極黒のブリュンヒルデ
 さて、次回はカズミが参入することになるだろうし、小鳥ちゃんも登場するだろう。どんな展開やたん節が炸裂するのかが楽しみなところである。

 TVアニメ版極黒のブリュンヒルデ 第3話の評価

 満足度 ☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 ハーレム度 ☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:2 | トラックバック:0
<<最後の手段。 | 黒のノエル。 | 重大な任務。>>
この記事のコメント
初めまして。

マリコ様のブログを観て極黒ファンになりました。
TV始まったので久々に来てみました。

原作と比べてアニメのいいところがあまり活かせてない気がします。

カットされてるシーン多いし、時間的に前後してるシーンもありますよね。

尺の関係で仕方ないのでしょうが折角のアニメが勿体無いですね。

第四話でカズミの乙杯と世紀がどのように扱われるか楽しみだったのですが太陽拳も真っ青の発光処理だったのでがっかりしました(笑)

やっぱ良太はもうちょっと驚いて欲しいよね。
かなり衝撃的なもの見てると思うんだけど(笑)

まぁーなんやかんや言っても続きが気になります。

原作も終盤ですがアニメは全部やっちゃうつもりですかね?
OPにヴァルキリア出てますし。

あとエンディングのキャラソンは普通に良いですね。
2014-04-28 Mon 16:54 | URL | 小鳥になら払っても良い #j9g3P57.[ 内容変更]
コメントありがとうございます。
まあ、残念といえば残念ですが、これでもYJのアニメでもマシな方ですからねえ。
Z○TM○Nとか○ーゼンメ○デン3期とかGA○TZに比べたら全然見れるものですよ。
まあ、光規制は円盤で消えるだろうからそれに期待しましょう。
2014-04-29 Tue 21:00 | URL | 蔵間マリコ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。