現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
妄執と絶望。
2014-04-19 Sat 21:05

       極黒のブリュンヒルデ コミックス9巻

 TVアニメ版から入った人は驚くだろうなあ……。

 アニメも堪能しているけど、原作も同じく楽しんでいる蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!一日遅れですけど、しっかりきっかりGETできましたよ~。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の最新コミックス9巻を。
 いや~、先月に続いて2ヶ月連続刊行の極黒のブリュンヒルデのコミックスですが、本屋に行くと驚きましたねえ。TVアニメ放送中の影響もあってか、本屋にはいつもの倍以上に並べられていたのですから。元々は知る人知るぞの名作というポジションのたんの漫画ですが、アニメ化するとここまでプッシュしてもらえますからねえ。現金っちゃあ現金かもしれませんが、それでも一人でも多く注目してくれるのなら、1ファンとしては光栄です。
 そして、今回も3冊購入。観賞用に、保存用、そして布教用の3冊。今回は店舗別特典がないのは残念ですけど、代わりにノベライズ版に特典がありますからねえ。まあ、それは明日にでも語りますよ。
 とりあえず、前座はこれぐらいにして、そろそろ変更点や気まぐれキャラ紹介などの感想に入ります。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 極黒のブリュンヒルデ最新コミックス9巻の感想ですが、単刀直入に感想をいうと、全くの別物。話の流れそのものは大きく変わっていないのに、ここまで昇華できるなんて。岡本倫先生がツイッターで苦労話を語っていましたが、その妥協のない努力というものがヒシヒシと伝わってきますよ。やっぱり、倫たんは最高や!!
 さて、コミックス9巻で特に印象的だったのは、鷹取小鳥と九千怜に関する加筆修正。小鳥ちゃんが九所長に注射をされる場面が追加されたことによって後付けという印象をなくし、小鳥ちゃんが覚醒する場面「ウソ…ダ…」から「ウソだ!!」にコマ丸ごと書き換えられたり、8巻の書き下ろしで追加された女神イズンとラグナロクの説明がこちらでも加えられたりと……。ヤンジャンで読んでいる人間でも、全く新しい気分で読んでいる気分ですよ。
 特に九所長の今わの際のシーンの変更は、個人的にはベリーグッド。掲載時だと本当にあっさりしている上に全く共感の出来ない最期だったけど、単行本では最期の最後にキャラとしての魅力を描いている。どんなに犠牲を積み上げても妹の怜那を蘇らせて永遠の命を与えようとしたが、それは女神イズンであって怜那ではない。それどころか、怜那をもう一度殺す結果になってしまった。そして、千怜は謝罪こそはしないが、後悔という感情を露にしたまま墓場に行った。なんか某ネルフの駄目な父親めいたものがありますけど、これならば十分に納得がいきますし、キャラとしての深みを与えるには十分だと思う。流石は、たんだ。
 だけど、今回のナイスな改善点は小鳥ちゃんと九所長以外にもある。ヴィンガルフがなんのためにしたのか不明だった自衛隊の出動や、寧子の意味のないハングアップからの回復。その2場面を丸ごとカット。これは掲載時には非常に違和感のある描写でしたが、これら全てカットされたことによって余計な贅肉が取れている。やっぱり、この流れのほうが自然だな。
 そして、気まぐれキャラ紹介は桂谷小五郎。流石に野郎キャラなので、そこまでインパクトのあることが書かれていたわけではありませんが、それでも裏話がなかなかと面白い。いや、流石にたんの漫画の作風はもろ萌え系だから、腐女子受けを狙ってもなかなか読んでくれないような……。
 最後に後書きだけど、ある意味8巻以上に驚いた。たん、後書きを書く暇がないほどにめっちゃ忙しいんですね……。あまり無理をしないでくださいね。

 掲載時も面白いけど、単行本になるとますます面白い極黒のブリュンヒルデ
 さて、明日は『極黒のブリュンヒルデ The Moment』の感想。岡本倫先生の作品初のノベライズだけど、こっちもなかなか面白くてね。今日の昼までに全部読み終えたし、じっくりと感想をまとめておきますよ。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<儚き日々。 | 黒のノエル。 | 全てを飲み込む暗黒。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。