現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
誘惑多き場所。
2014-04-12 Sat 19:38

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当藤本です
今日のテーマは「帰り道に寄り道してしまうところ」です。
最近はあたたかくなって「すぐに家であたたまりたい!」ということも減ってきたのではないでしょうか
皆さんは学校や、会社、どこか寄られた時の帰り道「ついついこの場所によってしまう」という場所ありますか?
わたしはご飯屋さんなんですが帰り道に大好きなうどん屋があるんでついつい寄ってしまうんです。。
FC2トラックバックテーマ 第1830回「帰り道に寄り道してしまうところ」


 さて、今回の御題は『寄り道』。
 いや~、会社が市内にあるだけに家までの帰り道は誘惑が多いですねえ。新しい漫画やpixiv仲間の新作同人誌をチェックに某所を歩き回ったり、ホビーショップに行って、新しいガンプラが入っていないかチェックしたりと。まあ、何かと寄り道をすることが多いな。
 特に最近は、仕事が終わったあとのカフェでの一杯は最高。外の喧騒とは一転、ゆっくりとくつろげる落ち着いた空間。そんな中で飲むアイスコーヒーとお菓子は一時の癒しそのもの。ガキの頃は、この手の店に入ったことが無かったというのもあって、今の自分のテリトリーの一つとなっています。まあ、多少出費がかかることとメタボになる恐れがあるという難点もありますが。

 とまあ、しょっちゅう寄り道をしている自分ですが、その一方であまり行かなくなった場所もある。ゲームセンターである。
 自分にとってゲームセンターは、昔から大好きな場所の一つで、小中高校の時は一日中入り浸ることは当たり前、夏休みなんかは、自転車を使って隣の区のゲーセンに行くこともありましたよ。そのため、今の会社に就職して数年間は給料の1割ぐらいはゲームセンターに注ぎ込むほどでして。機動戦士ガンダム戦場の絆に、ゲーセンプライズ景品。もうどれだけお金を使ったのか、想像するのが怖いぐらいに。それだけ、ゲームセンターというのは自分にとっての夢の国であり、思い出の詰まった場所であります。
 そんなゲームセンターにどうして、あまり行かなくなったか。それには大小様々な理由がある。単純に遊びたいゲームが減ったとか、色々行く場所が増えて優先順位が減ったとか、散財するポイントが変わったというか。ゲームセンターの数も激減していますし、だんだん疎遠になっている。それでも、月に1回か2回ほど行って、ストレス発散をしたり、新しいゲームをチェックしたりしていますが。
 有り得ないということは分かってはいるんですけど、ビデオゲームが復権することは無いんですかねえ。パロディウスとか、メタルスラッグとか。老害の戯言みたいなもんですが、やっぱりもう一度こういうのがゲーセンに戻ってくるところを見たいからなあ……。時間の流れというものは、残酷なものだ。

 様々な思い出の詰まっている寄り道。
 こんな記事を書いていたら、なんだかゲーセンに行きたくなったな。今度、たまにはゲーセンに一日中入り浸ろうかな?やるものが減ったとはいえ、好きなゲームはまだまだありますし、プライズ景品だっていいものがありますし。怒首領蜂最大往生クリアー頑張ってみるか。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今週の御題 | コメント:0 | トラックバック:0
<<涙の理由。 | 黒のノエル。 | 圧倒する力。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。