現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
流行の味。
2014-04-07 Mon 20:01

            クロワッサンドーナツ

 また太りそう……。

 辛いものも好きだけど、甘いものも大好きな蔵間マリコです。
 いや~、財布にも厳しいですし、メタボの元だと分かっていても気にはなっていたからついつい買っちゃいました。ニューヨーカーのモード『クロワッサンドーナツ』なるものを。
 まあ、残念ながら本家のものではありません、当たり前ですけど。ただ、それに追っかける形で『ミスタードーナツ』で新商品として発売されましたからねえ。やけにアクションが早いような気がしますけど、流行というものは少しでも遅れたら売れなくなるものですから。仕事の疲れを癒すという意味合いも含めて、一つ買ってみました。
 で、肝心の味はどうかというと、思ったよりも美味しい。サクサクのクロワッサンの生地に、クロワッサンにはさまれたあま~いカスタードクリーム、そしてたっぷりとかかったビターなチョコレートとチョコレートクランチ。クロワッサン生地というのもあって、ボリューム感もたっぷり。ただ流行りものだと思って食べたけど、馬鹿に出来ない美味しさであった。
 ただ、値段が高すぎるねん!!なんで1個が194円もするのよ!?確かに食いではあるけどさあ、他のドーナツと比較しても1,5倍の値段はリピートするにも戸惑う。まあ、2回目以降は割引券がつくけど、やっぱり高いよなあ……。本当に消費税8パーセントが憎い!!

 とまあ、流行りものに飛びついた本日ですが、こういう一時期ブームになるスイーツって、昔からありますよねえ。
 独特の食感が特徴的なナタデココに、チーズとコーヒーの風味がたまらないティラミス、生クリームをゼリーで固めたパンナコッタ。最近だと、ハワイアンなパンケーキとかアザイーとかなんかがそうだな。パッと思いつく限りでも、そのぐらいはあるな。もう忘れたなんかを含めると、キリがない。
 そういうのを食べると、「マスコミに踊らされている」とか「ミーハーだ」なんて言われそうだけど、確かにミーハーというのは否定できない。でも、食べ物は食べてから初めて味が分かるものだと思う。実際に食べて美味しかったら美味しかったでお得だし、仮に口に合わなかったとしても勉強代になりますしね。こういうのを頭から否定するのは、考えが硬くなるだけだ。
 それに、こういうのってブームが過ぎ去っても、残っているものはしっかりと残っていますからねえ。ブームを超えて、それを支えている人がいるのは事実。やっぱり、そういった誰かの記憶に残った重要じゃないかな?

 昔ながらのものも重要だけど、新しいものも重要だと思うブーム的スイーツ。
 さて、次は何が流行るのだろうか?もしかして、シベリアブームとかいきなり団子ブームとかはないよねえ……。もみじ饅頭がブームになるんなら、広島県人的には嬉しいけどさ。生もみじとか冷たいもみじ饅頭もあるしさ。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
<<少年と少女。 | 黒のノエル。 | 漆黒の戦乙女。>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-04-07 Mon 23:01 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。