現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
眠り姫の目覚め。
2014-03-27 Thu 20:03

 今週もなにやら色々と……。

 物語も佳境となり、ワクワクが止まらない蔵間マリコです。
 さーてと、木曜日ですので、毎週恒例のあのコーナーを更新しますよー。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 いや~、毎週毎週どう転ぶか分からない展開が続く極黒のブリュンヒルデ。ただ、非常に面白いのですが、内容が無いようなだけに途中から追いかけるのは難しい。極黒のブリュンヒルデに限らずとも、そういった経験あるんじゃないでしょうか?自分も多少はあったりしますね。ですが、今週のヤンジャンはそういったニュービーのためのコーナーが掲載されています。その名も、『YOUNG JUMP 春のビギナーズガイド』。
 このコーナーは極黒のブリュンヒルデだけでなく、今連載されているヤンジャンのあらすじ紹介とキャラクター解説が1作品1ページ(キングダムのみカラー。これが看板の特権か)で掲載されています。どれも結構な情報量ですが、極黒のブリュンヒルデもそれに漏れずなかなかと。これを読めば、今からでもリアルタイムで追いかけるには十分無いようだと思います。まあ、登場人物紹介のところが今の展開的にちょっと白々しいものもありますが。う~ん、どうするんだろうかあの人たち……。
 ちょっと前置きが長くなりました。そろそろ感想のコーナーへと入ります。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第95話『告白』が掲載されましたが、ついに来ましたと言わんばかりの内容でしたねえ。プロローグの風景に、寧子の覚醒、そしてクロネコ。どう転ぶかは分かりませんが、やっと話が大きく動き始めたという感じがします。さあ、寧子は暴落していた株をどれだけ回復させることが出来るのだろうか?
 さて、ヴァルキュリアの報復によって致命的一撃を喰らった寧子、ナイフを引き抜こうとする良太、そして背後にはヴァルキュリア。これでプロローグの光景が完成したというわけですが、やはりというべきか答えは寧子のそっくりさん、即ちヴァルキュリアだったというわけですね。恨み言も寧子へではなく、ヴァルキュリアへ。ニュアンスや1話目の柱文とはニュアンスが微妙に違う気がしますが、確かに上手い具合に成立している。まあ、胸を刺されたのに何で額あたりに血が出ているのかとかアームカバーなんて無かったぞなんて突っ込みは野暮ですが。
 で、完全に追い詰められた良太は最後の手段を取る。まあ、この展開になると99,9%失敗するにしても、残り0,1%の成功の方に転がるのがお約束ですから、そこまで驚くものではないでしたね。ちゅーか、この手の展開になって失敗したという話を聞いたことが無いし、失敗したら物語的にも詰む。
 だが、このシーンで重要なのが、ページはさんでの2回の回想。1回目は良太とクロネコの恋心、2回目は死について語っているが、後者の回想は色々と匂わせますねえ。良太の父親と弟が本当に事故で死んだのかという疑問が再び沸きますし、死ぬまではずっと一緒だって、何か物語のラストの展開がそうなりそうな予感がしますし。たった1ページだというのに、結構な情報量が含まれていること。こういうの嫌いじゃないですよ。
 とまあ、2回の回想の後に寧子がリブート。ヴァルキュリアの魔法(物理)を弾きつつ、反物質すら打たせる猶予も与えない。流石は、沙織から随一の力を持つと言われただけはある。ただ、覆水盆に返らずだからなあ……。ヒロイン力が底辺(戦闘力・性格・出番などなど……)だから、本当にどうしてもっと早く覚醒してくれなかったのかと悔やまれる。
 そして、ラストの1ページですが、これには驚きましたねえ。今まで良太の記憶など無かったはずの寧子が、記憶を戻している。いや、クロネコの記憶のままなのだろうか?台詞回しとかもガラッと変わっていますねえ。なんていうか子供っぽいというか。もしかして、いや、そうなんだろうけど、寧子とクロネコは別の人格というわけか?そうなると、なんか面倒なことになりそうな気がする。良太が好きなのは、本当にクロネコのことなのだろうか?それとも、ほんの少し前までいた黒羽寧子の方なのだろうか?良太の反応が反応だけに、何かそういったところで話が大きく進展しそうだ。

 ようやく逆転への道筋が見えてきた極黒のブリュンヒルデ
 このままクロネコが頑張って、ヴァルキュリアをフルボッコにして、地獄すら生ぬるい最期を遂げさせて欲しい。まあ、クロネコの手は汚したくないだろうから、その役はフェードアウトしているヘクセンヤクトの方々になりそうですが。

 極黒のブリュンヒルデ第95話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆
 謎度 ☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<島に吹く風。 | 黒のノエル。 | 二つの出会い。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。