現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
三つ巴の戦い。
2014-03-21 Fri 20:13

        極黒のブリュンヒルデ コミックス8巻


 横乳が見える初菜ちゃんが表紙ですよ!!

 掲載時もいいけど、単行本も魅力いっぱいだと思う蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!昨日、仕事の帰りにきっちりしっかりと買いましたよ~。4月からTVアニメ版が放送開始される、週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の最新コミックス8巻を。そして、当然ながら観賞用、保存用、布教用の3冊を。
 いや~、週刊ヤングジャンプの発売日も楽しみですけど、たんのファンとしてはやはり単行本の発売日が一番の楽しみですねえ。次の展開を色々と予想して読むヤンジャン掲載時とは違い、話の展開の整理や掲載時との変更点を楽しんだりと。たんの漫画を100パーセント楽しむ、いや、好きな漫画家を追っかける人間には絶対に外せない要素ですよ。
 とまあ、ねんがんのコミックス最新刊を手に入れて満足満足ですが、今回は単行本8巻の変更点や気まぐれキャラ紹介などについて語らせてもらいます。当然ながら、掲載時には載っていない展開のネタバレ、岡本倫先生の独特の作風、そして管理人の独断と偏見が入りまくりです。そういうのが苦手という人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 水曜日発売したコミックス8巻ですが、今までに無く加筆修正が行われていましたねえ。掲載時にはページの数の関係で描ききれなかった部分やあまり評判の良くなかった部分の修正に削除、中には新設定まで追加されたのですから。殆ど別物に生まれ変わったといっても過言ではありません。本当に、岡本倫先生ご苦労様でした!!
 さて、その大量改変の中でも大きく変更されたのが2点。1点は、良太が寧子の正体がクロネコであることを知った場面。掲載時は、泣き止んだ後は寧子と会話後、いきなり九所長とヴァルキュリア襲来という流れでしたが、寧子との会話後にカズミとの会話をはさんでいる。そして、ヘリで来たことがハッキリと分かるようにその描写もしっかりと追加されている。
 いや~、これはサービスを兼ねた上での不満点の解消でいいですねえ。良太の描ききれなかった心情をフォローしつつ、唐突も無い展開という印象をなくす。言うの簡単だけど、実行するには結構難しいことをやってのけたのですから。こういう修正大好きです。
 で、もう一つ大幅に変更された点は小鳥ちゃんのグラーネの設定。掲載時には、孵卵したら地球上の生物が融解するからヤバイというだけで詳しくは触れられていませんでした。それが単行本では、その現象を『ラグナロク』としており、その末に永遠の若さを司る女神・イズンとなるというものが追加されている。
 これはもう、本編とは全くの別物ですよ!!単行本9巻で掲載されるであろう部分に関わるので多くは語りませんが、このくらい説明をしていれば、誰もそれを証明することが出来ないのにヤバイか納得いきます。ただ、この設定の追加によって掲載時のみしか読まない読者との溝が出来るような気がして不安というのもありますが。それでも、コレだけの改変は必要だと思いましたね。
 とりあえず、これが大きな改変だけど、細かい部分になると38ページの九所長の狂気の目付きが追加(台詞は掲載時まま)されたり、玲那の脳をドラシルに食わせたという件がなくなったり、宇宙人の胎児が保育器(実際は廃水とか入れる器具だったので、変更したのだろうか)から写真映像になっていたりと。本当にありとあらゆるところが変更されていますよ。自分でも全部見つけたかどうか不安なぐらい。
 まあ、ここまでが本編のことだが、ここからはカバーをめくった裏表紙。今回の気まぐれキャラ紹介は、再生の魔女、若林初菜。7巻から登場のためにあまりキャラ作りが出来ていなかったけど、色々と意外な一面が見えていいですねえ。特に、作中では明らかになっていなかった制服が描かれているのがなんとも。それを考えると、小鳥ちゃんがなんで全裸だったのだろうかと小一時間?ヴァルキュリア?知らない子ですね?
 最後に、作者のあとがきですが……。岡本倫先生、相当疲れているんですね。連載だけでなく、TVアニメ版の打ち合わせに、ノベライズ版の作業、君は淫らな僕の女王のネーム作成、そして単行本の加筆修正作業。特に、加筆修正はこれから先の展開が大変なことになるだけに、それを改善する倫たんに相当な負担とストレスを与えているのかもしれない。あまり無理をしないでくださいね、岡本倫先生。ファンの意見を聞くあまり、それで体を壊してしまったら元も子もありませんので。そして、自分も1ファンとしてあまりプレッシャーをかけないように慎みますので。

 びっくりするほどの加筆修正のあった極黒のブリュンヒルデコミックス8巻。
 来月はコミックス9巻のとノベライズ版が発売される。だんだん大事へと発展していく極黒のブリュンヒルデですが、果たしてどうなるのだろうか?ああ、来月が楽しみ……。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<目の痛み。 | 黒のノエル。 | 紅の堕天使。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。