現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
紅の堕天使。
2014-03-20 Thu 21:03
 色々と楽しみが多すぎる。

 週刊ヤングジャンプのリアル魔法少女が大好きな蔵間マリコです。
 さ~てと、木曜日ですので、あのコーナーを更新しますよ~。4月TVアニメ版が放送開始される岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 物語も佳境に入っている原作の極黒のブリュンヒルデですが、TVアニメ版も放送開始に向けて、公式HPも更新されました。今回更新されたのは、対立組織であるヴィンガルフの所長の九千怜(いちじく ちさと)と、魔女のお目付け役である黒服。ハーレムとは打って変わって、悪役2人ですね。
 声優に関しては、土曜日(予定は未定になりました)にでも語りますが、ファンの間ではグラサングラサン(俺は優男と言っていたが)と呼ばれていて最期まで名前が明らかになりませんでしたが、TVアニメ版ですら名前がないとは。まあ、たんの漫画では用心棒が前例にあるから別におかしくは無いんですけどね。ただ、ちょっと不憫な気もするなあ。せめて、ああああでも良いような……。
 とまあ、前座はコレぐらいにして、そろそろ感想へと入ります。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第94話『友情の証』が掲載されましたが、ついにプロローグと完全に繋がっちゃいましたねえ。刺されるのは話の流れからして想像はついていましたが、本当にここからどうやって転がすのかが寧ろ気になるところですよ。
 とりあえず今回は本編以外のところを語りますが、最初に目に付くのがセンターカラー。寧子に、佳奈、カズミ、小鳥。良太のハーレムパーティーが扉絵ですね。でも、この4人組をもう見れないとなると思うとね……。TVアニメ版が始まるというのに、ほぼ全滅っていうのが悲しすぎる……。しかし、どこに行ったのだろうか、初菜ちゃんは?もしかして、扉絵の外で待っているのだろうか?
 と、扉絵をめくると極黒のブリュンヒルデ初のまるまる1ページ使ってのあらすじ解説。今の場面が非常に長いというのもあるかもしれませんが、極黒のブリュンヒルデでこういうのは初めてですよねえ。エルフェンリートだと、扉絵にあらすじが書いていること(単行本だと不自然な空白部分になっている)がよくありましたが、こういうのがあると随分ありがたい。テラフォーマーズ東京喰種でもあるから、これは毎週あってもいいと思う。
 とまあ、ここまでが本編以外の感想だけど、ここからは本編の感想を書きますが、最初のページから結構インパクトのありますねえ。てっきり、ヴァルキュリアの死体でも転がっていると思ったら、断片的ながらも佳奈の回想が描かれていて驚きましたよ。一体何があって、佳奈が血塗れになったのか。一体何があって、ヴィンガルフの研究員たちにマシンガンを向けられているのか。そして、一体何があって寧子は佳奈を守ろうとしたのか。人殺しをしたことあるを匂わせるヴァルキュリアの台詞もあいまって、寧子の過去がとても気になるところ。
 さて、バックスタブによってヴァルキュリアを殺害することに成功した佳奈ですが、結局のところ、押してはいけないボタンは何か。今回ついに明らかになりましたけど、随分とアバウトな設定ですねえ。自分はてっきり人間としても魔女としても尊厳のない事態になるかと思いましたが、魔女によって効力が違うとは。だからこそ、押してはいけないボタンという意味合いがあるんでしょうけど、困った時の押してはいけないボタンになっちゃうからなあ……。やはり、リスクと見返りは統一していた方が良かったのではないかと自分は思います。まあ、たんはたんなりの考えがあるのかもしれませんが。
 そして、ついにやって来た寧子の死。これはファンの概ねの予想通りヴァルキュリアが正解でしたが、そのまんま投げ返してくるとは。恐らく破撃とか砲撃とか斬撃とか反物質とかを使わなかったのは、良太に深い絶望を負わせて、フリーザ様よろしくじわじわと嬲り殺しにでもするのかと。まあ、ここでようやく寧子が役に立ったというのは、皮肉以外の何でもありませんが。
 しかし、本当に再生なのかなあ?もしかして、致命的な一撃を喰らわしてその時点でヴァルキュリアは死んでいるんだけど、肉体は中の人に乗っ取られて、最終的には自壊する展開は無いだろうなあ?そうでもしないと今のヴァルキュリアを止めようがないし……。マジでどうすんの?

 ついにプロローグまで到達した極黒のブリュンヒルデ
 さて、明日はコミックス8巻の話題をする予定。広島だから1日遅れではあるけど、語りたいことがめっちゃあるからなあ。加筆修正はたんの漫画史上最も多い巻だし、気まぐれキャラ紹介もそうだし。う~ん、話したいことが多くて大変だ。

 極黒のブリュンヒルデ第94話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆
 悲劇度 ☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:3 | トラックバック:0
<<三つ巴の戦い。 | 黒のノエル。 | 放たれる拳。>>
この記事のコメント
刺さった物を抜いてる?
実はネコさんに刺さった包丁を抜いてる良太君の図?
しかもヴァルキリアは放っといて。
良太君らしいといえば良太君らしいけど。
2014-03-22 Sat 05:38 | URL | 鎮死剤から #-[ 内容変更]
そういえば……
そういえば、
佳奈ちゃんは真子ちゃんを刺したあとに
「イジェクト」しませんでしたね。
イジェクトしてしまえば完全に殺せたであろうに……

でも、8巻の初菜ちゃんは真子の背後から迫っていって
「ハングアップ」しようとしたけど、
「どれを押せばいいの?」的な発言をしていました。

ということは、佳奈ちゃんも同様に「イジェクト」ボタンがどれなのかわからなかったのでしょうか?
まぁ、刺せて安心したんでしょうね。
2014-03-22 Sat 22:03 | URL | ミケイラ #4f9nv8HM[ 内容変更]
>>鎮死剤さん
まあ、そうなりますね。しかし、良太はどうやってヴァルキュリアを倒すのだろうか?
>>ミケイラさん
いや、九所長と一部の人間以外分からないと思いますよ。それに再生があるのなら、九所長に使っていただろうし。だから防ぎようが無い。
2014-03-22 Sat 22:29 | URL | 蔵間マリコ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。