現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
穢れた魂。
2014-03-17 Mon 20:03

       ダークソウル2 001

 絶望を焚べよ。

 難しいからこそ、攻略しがいのある蔵間マリコです。
 発売してから4日目。まだまだゴールが遠いですけど、時間をついつい忘れてしまうぐらいに楽しいですねえ。フロムソフトウェアの大人気アクションRPG『ダークソウル』の続編、『ダークソウル2』が。
 いや~、ダークソウル2はめっちゃ楽しみにしていたんですよねえ。アクションゲームはともかく、RPGはプレイしたものが最近はあまり無かったですからね。なんていうか、時流に乗れてないというかなんと言うか。だけど、このダークソウル2は別。デモンズソウルおよびダークソウルをプレイしている人間としては、これほどに待ち遠しいゲームは無かった。自分に限らずとも、かなりの人がそうかもしれませんが。
 しかし、1回プレイすると止めどころが分からなくなる。他にもやるべきことがあるというのに、そっちのけでやっちゃいますからねえ。一応、ライトノベルを書く時間は確保しているんですけど、それでも休日はあっという間に夕方になっちゃいましたから。人間性すらも奪う、ダークソウル2の魔力恐るべし。

    ダークソウル2 002

 とまあ、ダークソウル2に絶賛はまり中ですが、個人的ながらも感想を書かせてもらう。
 ダークソウルシリーズの前身であるデモンズソウルを含めると、3作目となるアクションRPG。このゲームの最大の特徴は、なんといってもビックリするぐらい難しい。敵1体1体の強さも侮れないもので、1対複数を強いられたり、閉所や高所などでの不利な戦闘は当たり前、ちょっと気が緩んだ所で死に直結しますからねえ。トラップもえげつないものが多く、何も分からないまま死んだり、珍しい鉱石を落とす結晶トカゲを追っかけて転落死することもしばしば。自分は1作目からプレイしている人間ですから、ある程度のノウハウはあるものの、それでも初見殺しやどうにもこうにもならない場面が多数存在するからな。溶鉄のデーモンとか溶鉄のデーモンとか忘れられた罪人とか溶鉄のデーモンとか。
 だけど、それを乗り越えたときの快感はこのシリーズの魅力。敵の攻撃を紙一重で避け、相手の隙を突く。失敗の積み重ねで前進する。最悪、行き詰ったときでも他のプレイヤーやNPCに協力してもらうという手もあるしね。難しいとはいっても、ちゃんと抜け道がある辺り、かなり絶妙なバランスですよ。
 勿論、ゲームの内容だけではない。デモンズソウルから続いてきたダークファンタジー的世界観も魅力の一つ。どことなく絶望感が漂う舞台に、その中で必死に抗ったり諦めたりする個性的なNPC、おどおどろしさや美しさといった様々な顔を見せる風景、そして多くは語らず、プレイヤーに想像を委ねるフロムソフトウェア独特の設定。これがあるからこそ、ダークソウルシリーズはたまらない。
 ただ、個人的に不満があるのは、敵の復活回数に限界があることかな?これは評価の分かれる部分だけど、やはりソウル稼ぎぐらいは少し楽をしたいからねえ。前作の鍵を使って開けたところの見えない敵を倒してソウルを稼ぐ場面なんて最初から最後までお世話になったのですから。まあ、今回は回復アイテムが普通に売っているから、それに対しての処置かもしれない。

    ダークソウル2 003

 涙が出るほどに難しいけど、魅力たっぷりなダークソウル2
 ちなみに現在は溶鉄城を攻略して、今回の腐れ谷や病み村にあたる、クズ底を探索中。敵は大して強くないけど、たいまつの光がないと一歩も歩けないほどに暗い……。道なき道を進まないといけないし、奈落の底に真っ逆さまだし……。う~ん、心が折れそうだ……。

 ダークソウル2の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 難易度 ☆☆☆☆☆
 ダークファンタジー度 ☆☆☆☆

    ダークソウル2 004
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<放たれる拳。 | 黒のノエル。 | 知られざる計画。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。