現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
殺意の波動。
2014-03-12 Wed 20:05

 今の作品もいいけど、デビュー作もいいよね!!

 独特の作風に酔いしれている蔵間マリコです。
 さ~てと、水曜日ですので、あのコーナーを更新しますよ~。4月からTVアニメ版が放送される純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の作者、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 いや~、毎週欠かさずこのコーナーを更新しておりますが、つくづくたんの漫画が大好きだと実感させられますねえ。エルフェンリートが連載終了してから早9年、世間では美少女キャラの流行り廃りというものがありますが、自分はたんの作品ぞっこん。他の人にとっちゃあはまりすぎだとドン引きするかもしれませんが、自分にとってはそれだけ思い入れのある作品だからな。たんの漫画に何度救われたことやら……。
 まあ、これ以上話すとキリがなくなるのでコレぐらいにしておいて、そろそろ本題へと入ります。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 第41話『戦う理由

 ○あらすじ

 蔵間の手により、研究所から解放されたディクロニウスのナナ。
 しかし、流れ着いた先には、ディクロニウスを憎む坂東が待ち構えるのであった。

 ○登場人物

 コウタ、にゅう、ユカ、マユ、ナナ、坂東

 ○ターニングポイント

 ・デザートイーグル

 坂東の得物。44マグナムの名前で知られている有名な拳銃である。
 アメリカでは一般販売されている拳銃の中でも最大級の破壊力を誇るが、流石に鉄鋼榴弾のように自動車を貫通するほどの威力はなく、姿勢をしっかりとっていなければ事故の元ではあるが、女子供が使えば肩が外れるというのは誇張表現らしい。どうも現実のものと創作のものの44マグナムは、かなり差があるようだ。
 その拳銃をナナが見てもなんとも思わないあたり、特に「良かったね 私パパから絶対に人間と戦っちゃダメって言われてるから」という言い回しが、人とは違う存在であることを示している。やっぱ、倫たんは言い回しが上手いや。
 しかし、こんなところで拳銃を持っている人間がいたら警察に通報されるような……。

 ・朝チュン

 ユカのおめざのキス、と思えばにゅうのセクハラ。
 いや~、ナナと坂東のやり取りの一方で、破廉恥な出来事が楓荘で巻き起こっているところがなんとも倫たんらしい。この作りは極黒のブリュンヒルデでも継承されているし、さらに昇華されているからね。やっぱ、シリアスとギャグの按配というのは重要ですよ。
 特にこのシーンは、全裸のにゅうのキス魔&胸揉み魔が見れるのは眼福もの。キスされて胸を揉まれて絶頂するユカに、揉まれたのにすぐに興味をなくしたことに気分を害するマユ。「ああパンツはもうだめださようなら…」は、たんのエロスに対してのこだわりというものを感じる。どうせならコウタも参戦して、3Pすれば良かったのに……。

 ・存在の否定

 坂東から告げられる真実に、ショックを受けるナナ。
 そりゃあ、右も左も分からなくて心細いところ、変質者に拳銃を発砲されりゃあショックを受けますよねえ。その上、い討ちにディクロニウスの存在の真実を告げられたら、もう何もかもが嫌になっても仕方はない。まあ、今回の件は大体は坂東に否がありますが。本当に通報されていないことが不思議だよ、この人。

 ・「そっか…こんなやつ殺して埋めちゃえばいいんだ

 ついにナナたんがブチ切れ、ディクロニウスの本能開花。ナナたんの言い回しが、GOOD!!
 この台詞に、ナナたんの表情。ゾクゾクしますねえ。普段の健気でパパっ子なナナたんもいいけど、蔑むような目つきのナナたんもたまらない。陰と陽、光と影、まさにそんな関係です。

 ○まとめ

 楓荘での出来事と由比ヶ浜での出来事との温度差を上手く利用した回。
 しかし、それ以上に岡本倫先生の独特の台詞回しが全力を発揮している回でもある。アクションそのものは少ないが、見所の多い回だ。

 萌えもバイオレンスもたまらないエルフェンリート
 さて、明日は極黒のブリュンヒルデの掲載日。物語もクライマックスを迎え、良太たちはどのようなアクションを起こし、どのような出来事を引き起こすか?本当に明日が楽しみである。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<断罪の一撃。 | 黒のノエル。 | 戦いの後。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。