現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
狡猾な猟犬。
2014-02-24 Mon 20:14

        ジムスナイパーK9&K9ドッグパック 001

 わかったぜ、兄貴。見せつけてやろうじゃねえか、
 俺たち兄弟の戦い、いいや、俺たちの戦争を!!――フリオ・レナート

 今年に入って、3つもガンプラを組み立てている蔵間マリコです。
 じゃじゃーん、昨日、5時間がかりでガンプラを組み立てましたー!!今回作ったのは、現在放送中のガンプラバトルアニメ『ガンダムビルドファイターズ』に登場するガンプラジムスナイパーK9』と『K9ドッグパック』のHGBFの2つ。アルゼンチン代表のレナート兄弟の愛機ですね。
 いや~、昨日は久しぶりにスミ入れをいつもより気合入れたのですが、ちょっとしたトラブルがあっちゃいまして……。ブログを投稿するはずが、間違えて消しちゃったんだよねえ……。いつもよりも力を入れた記事だけあって、ショックでショックで……。こんな簡単なミスをするなんて、あたしって、ほんとバカ。
 とまあ、昨日はアホみたいなミスをしましたが、肝心のガンプラの出来はというとなかなか良いキットでしたね。頭部のあるギミックのコンパチ(後述にて説明する)が無いことと旧キットの流用しているため足が若干外れやすいという点を除けば、完成度はかなり高い。スマートなデザイン性とカラーリングはもちろんのこと、ビームスナイパーライフルやビームガン、ヒートナイフなどといった小道具も充実。そして、何よりもジムスナイパーK9に隠された切り札の再現性は見事。いや~、マジでこれはお買い得でしたわ。ジムスナイパーK9最高!!

             ジムスナイパーK9&K9ドッグパック 002

 とまあ、昨日組み立てたガンプラに大満足でしたが、今回は組み立てたということでジムスナイパーK9K9ドッグパックについて話そう。
 ガンプラバトルのみならず、あらゆる勝負において、挑戦者が常勝チームに勝つというのは非常に難しい。単純な実力もそうだが、環境の良さや得られる情報量といったものの桁が違う。まともに戦えば、勝つのは至難の技。ガンダムビルドファイターズおいては、最優勝候補のメイジン・カワグチと、彼を擁する大企業PPSE社(プラフスキー・パーティクル・システム・エンジニア社)が当てはまる。
 では、どうやって常勝チームに対抗するか?その答えの一つが、レナート兄弟のジムスナイパーK9である。

             ジムスナイパーK9&K9ドッグパック 003

 ジムスナイパーK9は、『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場する連邦軍のMS『ジムスナイパーⅡ』を改造したガンプラだ。
 ジムスナイパーⅡは文字通り狙撃を得意とする機体であり、ジムスナイパーK9も超遠距離射撃を攻撃レンジとする。そして、ベースの機体と比較すると追加装甲や兵装の多様化、バックパックの変更とアレンジが加えられている。基本に忠実な改造といえよう。
 ただ、これだけでは上手くいくはずがないのが世界大会。ましてやメイジン・カワグチとPPSE社にとっては、この程度の改造は想定の範囲内。普通に戦えば、返り討ちに遭うだろう。
 しかし、それこそがレナート兄弟の狙い。ジムスナイパーK9の本質は、相手の固定概念を突き崩す、ガンプラバトルではなく戦争を行うことにある。ジムスナイパーK9のバックパック、K9ドッグパックがその一つだ。
 K9ドッグパックはバックパックとして機能するだけではなく、分離することによって自走砲形態へと変わる。武器はビームスナイパーライフル1種類のみだが、本体のジムスナイパーK9とは別行動を行うことにより、相手へのインターセプトを行うことが出来る。これにより、仮想的な1対2の状況を作り上げることが可能だ。
 更にはこのK9ドッグパックには、144/1ジオン兵『ブラッド・ハウンド隊』が内蔵されている。相手の気づかぬ間にガンプラの関節部分に爆弾を仕掛け、致命的なダメージを与える。ガンプラの単純性能やガンプラファイターの技量以外の面での攻撃は、まさに戦争そのものであろう。
 まだまだレナート兄弟の戦略はある。決勝リーグに入るまでとっかえひっかえでガンプラを使い、ジムスナイパーK9という相手への情報アドバンテージを無力させ、地形に仕掛けられた大量のワイヤートラップ(レイジもアムロ・レイ張りに使っていたが)によって、相手の動きを制限する。そして、狙撃機体という固定概念を利用して、接近を許したときの切り札にゲーム『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』に登場するMS、ブルーディスティニーシリーズのEXAMシステムを搭載、爆発的な運動性能と白兵戦性能を獲得。まさに、相手の虚を突くことに特化したガンプラであることは間違いない。
 当初、メイジン・カワグチのケンプファーアメイジングの快勝というのが下馬評であったが、意外な展開となり……。詳しいことは本編を見てみよう。ガンダムビルドファイターズでも1,2を争う名カードですぞ。

        ジムスナイパーK9&K9ドッグパック 004

 ガンプラバトルではなく、戦争そのものがコンセプトのジムスナイパーK9
 さて、次回は何を作ろうかな?個人的にはHGUCサイコ・ザクあたりを作りたいのだが、思い切って初挑戦としてHGUCガーベラ・テトラを色塗りして、キララ専用カラーを作ってみるのもありだな。でも、どっちにしても深刻な資金不足だからなあ……。ちょっと困っちゃう。

        ジムスナイパーK9&K9ドッグパック 005

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
<<帰るべき場所。 | 黒のノエル。 | 突然の悲劇。>>
この記事のコメント
こいつは・・・強力すぎる!
はじめまして、かげへびと申します! コミュニティから訪問させていただきました。

 ガンプラのジムスイナパーK9、素体の2を重武装化してかっこいいですね~! 本編のEXAMシステムの演出も、結構シビレましたがw
 設定も細かいですし、こちらもガンプラを作りたくなってきましたw

それでは、失礼しました~。
2014-02-27 Thu 14:55 | URL | 影蛇 #JzBd4JXE[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。