現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
人物の分析化。
2014-02-20 Thu 20:26

 確かに重要だな!!

 キャラ作りは、物語において重要な要素の一つだと思う蔵間マリコです。
 さ~てと、木曜日ですので、いつもどおりに週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を……、と言いたいところですが、今週と来週は休載。今は重要な時期ではありますが、引きが引きだっただけに、やきもきしますねー。
 でも、その代わりに巻末のシンマン賞審査員漫画で前回・前々回に引き続き、たんがご教授。前回は、作品に対するハードルを立てると良いとアドバイスしていましたが、今回はキャラの作り方、『設定』と『デザイン』の使い方を紹介。いや~、業界の人間にとっては当たり前のことなのかもしれませんが、素人の我々からはとってもありがたいアドバイスです。このブログをよく訪問している人なら分かっているかもしれませんが、自分はラノベを書いていますから本当に参考になるなる。まあ、自分の作品そのものがダメダメですが。
 とまあ、今週も先週に引き続いてたんのありがたいアドバイスを読めましたが、今回はたんのアドバイスを照らし合わせて、極黒のブリュンヒルデの魔女一行をどのように崩すことが出来るかを試してみました。たんの漫画のキャラは、どれもこれもが魅力的ですが、落ち着いてみるということは意外に少ないですからね。だから、新しい発見があるかもしれません。まあ、今更感もあるかもしれませんが。
 というわけで、ここから先はたん成分と管理人の独断と偏見が入りまくりです。そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 ○黒羽寧子

 ・良太の幼馴染みであり、魔女。高校2年生。10年前の事故で死亡したはずなのだが……。
 ・青がかった黒髪ロングのストレートヘアー、脇に三角のほくろがある。結構胸がある。
 ・口数は少なく、嫉妬深い。分不相応の行動をする無鉄砲さがある。
 ・言葉違いなどのアホの子ではあるが、学習能力自体は高く、期末テストでトップを取っている。
 ・使える魔法は、なんでも破壊することが出来る破撃。ただし、人には使えず、使うたびに記憶の一部が無くなる。

 やっぱ、寧子は戦闘パートよりも日常パートで光るキャラですねえ。寧子語録とも言えるほどのアホな台詞の数々がありますから。こういうところが、いかにもたんらしい。
 一方の戦闘パートだと、イマイチ目立たない、というよりも足を引っ張っている感が強い。良太のハーレムの中で唯一の攻撃魔法なのに、それが人に対して殺傷レベルまでの攻撃が出来るわけでもないし、間接的に妨害したりする機会も少ない。戦闘で役に立った場面といったら、警官の銃撃を弾く程度で……。もっと頑張ってくだちい!!

 ○橘佳奈

 ・寧子とともに脱走した魔女。八田結花と同い年なので、一応15歳。
 ・縦ロールの前髪ぱっつんの金髪に、ゴスロリ風の服。ヴィンガルフの所員はどういう趣味をしていたのだろうか?胸については、カズミ以上初菜以下。
 ・左手の指以外は不随で、喋る時はキーボードで機械音声。だが、本人は動こうと思えば動けるらしく……。
 ・毒舌。寧子には義理深く、カズミとは表面上仲が悪い。
 ・将棋が強い。
 ・魔法は、人の死だけを予測できる予知。ただし、時間にブレが激しい。

 佳奈は動けないという特性上、戦闘パートだとあまり目立たないキャラだが、予知という点で物語を動かすことに徹している。そのため、物語がどのように展開するかを予想するという楽しみ方を作っている。
 日常パートだと、良太や寧子、カズミと絡んでいるシーンが多く、一つのやり取りを成立させている。それにしても、叫び声や泣き声をタイピングするシュールさって……。

 ○カズミ・シュリーレンツァウアー

 ・寧子たちとは別行動を取っていた脱走した魔女の一人。高校2年生。
 ・貧乳、紫色のボブカット。私服時は、露出が激しい服が多い。
 ・関西弁。恋愛に関しては、基本的には積極的。痴話が多い。処女を卒業したい。
 ・良太大好き。
 ・魔法は、素因数分解によってハッキングする操網。

 関西弁キャラは好き嫌いが分かれるが、カズミに関してはあまりそれに当てはまらず、人気が高い。やはり、アグレッシブでいながらも、鼻につく性格ではないからだろうか?多分、公式で人気投票をしたら、メインヒロインを差し置いて1位を取るかもしれない。
 戦闘に関しては、ハッキングという特性上、佳奈同様にバックアップ。ただアクション出来る分、選択肢が多い。まあ、徒手空拳が出来るわけありませんが。

 ○鷹取小鳥

 ・寧子たちが知らない脱走した魔女。高校1年生。
 ・爆乳。濃いクリーム色のロングヘアー。
 ・どもりやすく、テンションが高くなると口調が変になる。健気で自己犠牲的。勉強的な意味でアホの子。
 ・甘い物好き。絵を描くのが趣味。料理が上手。
 ・魔法は、対象の生物と位置を入れ替わる転位。ただし、1日1回しか使えない。

 一番戦闘パートで活躍しているといっても過言ではない魔女。寧子がイマイチ役に立たないためか、基本的に転位を使って相手を拘束したり、ネズミの袋から脱出する。彼女がいないと死んでいたポイントがいくつあったことやら。
 日常パートに関しては、やはり独特の口調やアホの子という点で目立つ。まあ、人によってはあざといかもしれないが。個人的には、極黒のブリュンヒルデで一番好きなキャラですね。

 ○初菜

 ・寧子たちとは別行動を取っていた魔女の一人。学年はまだ不明。
 ・比較的短めのサイドテール、髪の色はカラーが公開されていないので不明。胸の大きさは、名言はされていないが寧子>初菜>佳奈。
 ・計算高い性格。どこか斜に見ている部分がある。恩に深い。
 ・趣味や好物などは不明。
 ・魔法は再生。真っ二つにされた程度なら、再生することが出来る。ただし、完治までには時間がかかる。

 かなり後に登場したキャラだけあって、まだまだ情報不足の部分が多い。日常パートも戦闘パートも。
 ただ、他の4人とは違って異質さが際立つ。性格の部分もそうだし、魔法の能力も一番人からかけ離れたものであるし。これから先の出番に期待したい。

 まあ、これがたんの言っていた設定とデザインのまとめかな?
 こうやってデータ化すると、随分と見やすいものですねえ。そして、こうやって上手く纏めることが出来るということは、たんのキャラの方向性がハッキリしているという証拠でもあるな。やっぱり、プロは違う。

 ストーリーも魅力的だけど、キャラも魅力的な極黒のブリュンヒルデ
 次回も極黒のブリュンヒルデの小ネタか考察でも考えているけど、場合によっては予定は未定になるかもしれない。まあ、その時は許してくださいな。
 それでは、次回もよろしくということで。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<名店の実力。 | 黒のノエル。 | 記憶の断片。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。