現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
絶望の朝。
2014-02-13 Thu 20:32

 4月のアニメとアレの続きが楽しみ!!

 楽しみが多くて多くてたまらない蔵間マリコです。
 さ~てと、木曜日ですので、あのコーナーを更新しますよ~。天下の週刊ヤングジャンプで連載中、コアな人気を誇る岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 毎週毎週大変な展開が続く極黒のブリュンヒルデですが、4月から始まるアニメ版も予定されている君は淫らな僕の女王も楽しみですよねえ。動いたり喋ったりする小鳥ちゃんが見れるし、昴と真奈のエロいシチェーションも見れるのだから。
 特にきみだらは、たんのツイッターを見る限りでは青年誌ではあるまじき○ルチオ(まあ、デッドボールです)を載せるかもしれないなんて話が出ていますからねえ。きみだらは無茶しまくりの漫画ですけど、そこまでやると予定があるとは……。本当にたんは命知らずだわ。
 とまあ、ちょっと下ネタな話に走りすぎちゃいました。そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。

 今週の極黒のブリュンヒルデ第91話『壊れゆく世界』が掲載されましたが、ついにあの時が来た、本当にただそれだけというほどインパクト抜群の回でしたね。ようやくあの光景へと繋がり、お膳立てはバッチシ。そこからどうやって、あのシーンへと繋げるか、そこが問題。倫たんの漫画の展開にワクワクさせられるばかりです。
 さて、前回のラストで九所長が死んだことに怒り狂い反物質(アンチ・マター)を溜め始めたヴァルキュリア。溜め始めた以上は止める方法がないと前回でも語られていたけど、佳奈が押してはいけないボタンを押してもらった以上は、止めれると思ったんですけどねえ……。ヒューマンミスの積み重ねばかりで、なんか歯がゆい。何かが上手くいけば、このような悲劇が起こらなかっただろうに。
 結局は反物質が発動。ビルはなぎ倒され、大地は滅び、人々は消し飛ぶ。まさにAKIRAの核爆発のシーンを髣髴させるかのような一幕。少なくとも、良太一行とヘクセンヤクトの連中は生きていることに間違いないが、これで死んでしまった人たちが思い浮かばれません。唯一幸いなことは、何が起きたのか分からなかったことと痛みすら感じなかったことかもしれないが。
 それを考えると、今回の反物質でカズミ・初菜復活説はかなり絶望的なものになってしまった。ハーネストがいくら魔法は対象にならないと言えど反物質に耐えられるわけがないし、瓦礫にでも埋もれたら掘り起こしようがないし。もう他の魔女たちとは再会できないのか?
 そして、ヴァルキュリアはヴァルキュリアで相変わらず頭のねじが外れている。九所長の思惑を曲解し、崩壊した街並みを見て喜ぶあたり狂っているとしか言いようがない。ヴィンガルフで人体実験を受けてたのは分かるが、九所長はどのようにしつけていたのか疑問が浮くばかりである。
 とまあ、ついにプロローグの光景に辿り着きましたが、ちょっとここからは不満を語りたい。
 最近、ここ数回(厳密には、2話前あたりから)のことだが、どうも内容があまりよろしくない。なんていうか、単行本で加筆修正するにしても、話がイマイチ盛り上がらないんだよねえ……。ヘクセンヤクトがマシンガンしか用意していなかったり、唐突もなくイニシャライザーの時間制限の設定が追加されたり、今週の反物質を佳奈が止めてくれなかったり……。
 反物質は話の根幹に関わるからもう仕方ないが、ヘクセンヤクト絡みの微妙な場面が多いんだよねえ。どうせなら手榴弾かRPGでも使って、九所長に悔悟させる暇もなく肉塊にさせた方が、それだけの罪をした者という意味合いとして納得がいくのだが。
 それと、寧子とヴァルキュリア。どーしても、この二人からキャラクターとしての魅力が薄いんだよねえ。寧子は魔法使いの中でも随一の力を持っているとしていながらも、全然それを発揮してくれない上に、無鉄砲な癖に全然アクションを起こさない。ヴァルキュリアは思考回路がおかしいから、どうにもね……。他の4人が生きていた頃は気にならなかったけど、この2人だけとなるとねえ……。もうちょっと魅せ方を考えてほしい。


 ついにプロローグ間近まで展開した極黒のブリュンヒルデ
 来週、そして再来週は残念ながら休載。恐らくは単行本用の加筆修正ときみだらとアニメの打ち合わせあたりだろう。たん、ここ最近はオーバーワークだから、この3週間の休みで体力を回復させつつ、いい案を考えてほしいものだ。

 極黒のブリュンヒルデ91話の評価

 満足度 ☆☆☆
 SF度 ☆☆☆
 ピンチ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:7 | トラックバック:0
<<故障中。 | 黒のノエル。 | 後悔と惨劇。>>
この記事のコメント
先週まで寧子って制服でしたっけ?
2014-02-13 Thu 21:04 | URL | 名無しる@ふわさん #-[ 内容変更]
極黒の不満点
物凄い同意したくなるポイントではあるw

寧子に関しては、あえてああやっているので
しゃーなしな面もあるんだが、それにしたって
これじゃあ村上くんが気の毒すぎるというか、
ヒロインとしての魅力がちょい厳しすぎるというかw

反面、真子さんに関してはあんなものかなぁ、と。
一応、無茶苦茶やる悪役キャラという点では、
登場から一貫してブレてないよなぁw
2014-02-13 Thu 21:12 | URL | 或 犬良 #IY7bLZJE[ 内容変更]
>>名無しる@ふわさん
私服ですね、単行本での修正が必要。ちょっと最近の仕事が雑な気がする。
>>或さん
ヴァルキュリアはぶれていないんだけど、人気の出る要素が無いのがマズイよなあ……。マリコたんみたいに可愛げがあるわけでもないし。ルーシーをこじらせたような感じだな。
2014-02-13 Thu 21:21 | URL | 蔵間マリコ #-[ 内容変更]
普通に制服だったような・・・<寧子
2014-02-14 Fri 03:55 | URL | ゲストさん #-[ 内容変更]
チェックしたら勘違いでした。
ごめんなさい。
しかし、寧子の影が薄すぎる・・・。
2014-02-14 Fri 18:10 | URL | 蔵間マリコ #-[ 内容変更]
切って貼って
ヤンジャンの黒ブルのページを切り取って貼って、
連載当時の単行本第0版などと言うものを、
ネクサス管理犬が作ってると言う。

九のアジトに初菜、カズミ、ネコの3人で侵入する時、
初菜、カズミは私服だったはず?
我輩の記憶ではネコも私服だったはず?
しかし、記憶は良太君と違って、当てにならない人がふつう。
情報も書き換えられた嘘が多い。
コピー情報を持っている人に聞くのが一番である。
2014-02-21 Fri 11:28 | URL | 鎮死剤から #-[ 内容変更]
はい、ちょっとそこらへんはとても反省しております。
ただ、それについては、これ以上追求しないで……。
人はミスをする生き物ということで許してください。
2014-02-22 Sat 07:59 | URL | 蔵間マリコ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。