現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
最後の推理。
2014-02-01 Sat 20:25

            TRICK-劇場版-ラストステージ

 後半はネタバレ全開なので開かないように!!

 深夜ドラマ大好き蔵間マリコです。
 今日は、郊外の映画館であの大人気深夜ドラマの映画を観ました。自称・超天才美人マジシャンの山田奈緒子と体育会系大学教授の上田次郎の凸凹コンビが怪事件を解決する推理ドラマ『TRICK-劇場版-ラストステージ』を。
 いや~、深夜ドラマは孤独のグルメとか勇者ヨシヒコの冒険とか面白いドラマはたくさんありますけど、TRICKは今の深夜ドラマのスタイルの原型ともいえますねえ。山田と植田をはじめとした個性とユーモアあふれるキャラクターたちに、シリアスなシーンですら絶え間なくネタを入れる全力投球っぷり、それでいながらも推理ものとしての本質からずれない絶妙なバランス。これほどにエンターテイメント性の高いドラマはそんなにありませんよ。ただ、残念なのは今回でラストになることで。
 そんな名作ドラマの劇場版を観に行きましたが、土曜だけあって、なかなかの人の数。まあ、今上映されている映画は注目作ばかりですからねえ。永遠の0に、アイドルマスターキョウリュウジャー、そしてTRICK。映画映画離れとは言ってますけど、それでもかなりの人数にビックリしましたよ。
 ちなみに、俺が買ったポップコーンセットのジュースの紙コップが、本日から公開開始の『実写版 僕は友達が少ない』。こういう時、どういう表情をすればいいのだろうか?
 さて、劇場版TRICKの観た感想ですけど、ラストだけあって文字通り総力戦、出し惜しみなしのネタ連発で2時間爆笑しっぱなし。まさに監督、堤幸彦の魅力を十二分に披露した作品だと思いましたね。
 まずは、TRICKの作品全体に散りばめられたネタやギャグの数々。先でも爆笑しっぱなしと書いていますけど、初めて見た人でも笑えるネタや今まで視聴してきたファン向けのギャグ、そして数々のパロディ。そういったものをバランスよく出していたのは、非常に好感が持てたな。前作の映画は今までのファン向けという趣向が強かったですけど、今回はそれをちゃんと改善しているだけあって。
 特に笑ったのが、牢屋を抜け出した方法を語るシーンとオラウータン。前者は堤幸彦作品を知っている人なら絶対に笑えるし、後者は劇場版のお約束のネタの1つでもありながらも、誰でも分かるパロディでしたからねえ。本当に随所にネタを入れまくっているところが凄い。
 次にキャラクターだけど、相変わらず濃いキャラクターばかり。特に、話に絡んでこないキャラクターたちのインパクトは強烈。TRICKのお約束とも言える大家と外国人に、依頼主の会社の社長、懐かしのあのキャラ。出番こそ殆どないけど、いかにもTRICKの作風全開でゲラゲラ笑いましたよ。
 ただ、話に絡んでくるキャラクターがあまり濃くないのが残念だったかな?少し前にドラマSPがあったけど、あちらの方がキャラが濃いし、犯人の動機とえげつなさがTRICKそのものでしたからね。今回はホモの人以外は、あまりキャラが濃くなかったし、犯人が優等生タイプだったからなあ……。劇場版だからこそ、今まで見たいに往生際悪く粘ってほしかったな。
 ストーリーに関しては、こちらもちょっとあっさりしすぎかな?舞台が海外だけに何か凄いことになると思ったんだけど、あまりドロドロしたものはなく、意外にこじんまりしているところが最終作という意味としてはちょっとガッカリかな?肝心の推理も今一つだったし。
 でも、最初のシーンとラストのシーンは、最後の作品として見事。あれがあるからこそ、TRICKという作品を思い返すことが出来るし、作品としての有終の美を飾ることが出来る。いや~、堤幸彦監督も随分と粋なことをしますねえ。これがあるとないとじゃあ、全然評価が違いましたよ。

 ラストに相応しい内容だった劇場版TRICK
 一応ラストと言っているけど、個人的には何か機会があったらまたドラマとして復活してほしい。完結したとはいえ、やはり見たいという自分もいるので。山田と上田のハチャメチャなやり取りがまた見たい!!

 TRICK-劇場版-ラストステージの評価

 満足度 ☆☆☆☆
 ギャグ度 ☆☆☆☆
 TRICK度 ☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<超越した力。 | 黒のノエル。 | 刺激と辛味。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。