現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
本場の味。
2014-01-27 Mon 19:54

        我馬 白うまラーメン+餃子セット

 ラーメンは、やっぱり豚骨!!

 カレーも大好きだけど、ラーメンも大好きな蔵間マリコです。
 さてさて、ネタ切れなので不定期更新のあのコーナーを更新しますよ~。メタボ気味なのに無茶をする独断と偏見のグルメ企画『個食のグルメ』を。
 いや~、不定期更新ゆえに忘れたまんま風化すると思いましたが、今月は2回目と思ったよりも更新しますねえ。まあ、先でも書いている通りネタ切れなんですが。それでも、サブカルの記事以外にもこういうのを書くのも、気分転換になるから悪くはない。食欲の権化でもありますし。
 で、今回紹介するのは、博多豚骨ラーメンの店『我馬(がば)』です。広島県を中心に展開する、博多ラーメンのチェーン店ですね。
 広島県では、主に本場博多豚骨ラーメン『我馬』、濃厚系豚骨ラーメン『ばり馬』、廣島つけ麺『ばくだん屋』の三種類のローカル系ラーメンチェーン店が展開されているのですが、個人的に一番好きなのが我馬。専門学校に行っていた頃は、ばり馬あたりが好きだったんですが、最近はこってりよりもあっさりの方が好きだ。ばくだん屋もつけ麺がめっちゃ美味しいんですけど、今日の現場周辺にはなかったですからね。まあ、これらも食べる機会があれば、いずれは紹介したい。

        我馬 白うまラーメン001

 さて、その我馬で今回注文したのが、店のベースとなると白うまラーメン(650円)と餃子セット(100円)、そして替え玉(100円)。他にも、こってり系の赤うまラーメン(750円)とか、醤油ラーメンの黒うまラーメン(750円)とか、季節限定のラーメンがあるけど、個人的には白うまが一番かな?
 で、個人的にはこの白うまラーメンには食べ方にはちょっとしたこだわりがある。まずは最初一杯は普通に食べる。あっさりとしていながらもコク深い豚骨スープの味を楽しみながら、コシのある細麺を堪能する。チェーン店ではあるけど、それを感じさせないほどの上質な味わい。コリコリの食感のきくらげもこってりチャーシューもたまらないし、まさに本場博多仕込みの王道的豚骨ラーメンである。
 とまあ、これが1杯目。何も加えずに食べるんだけど、替え玉を入れる時はこんな風にする。

        我馬 白うまラーメン002

 見たまんまです。調味料や漬け物をこれでもかと言っていいぐらいに入れる。厳密には、辛子もやしと辛子高菜と紅生姜とにんにくと胡椒とすりごまとラーメンだし。ハッキリ言って、自分でもバカだと思っていますよ。原型留めていませんし。
 でも、このバカなことをして食べるからいいんですよね。最初は王道を味わい、2杯目にはカオスで何が何だか分からない味を味わう。御飯との相性は最高、体には最悪。うどんなんかでも全部乗せが大好きですけど、それと全く同じ感覚。もうジャンクフード。お店の方、ごめんなさい。だけど、この食べ方が大好きなんです。

 チェーン店でもこだわりが強く感じられる我馬のラーメン。
 次のコーナーを更新するのなら、オススメのお好み焼きあたりで紹介しようかな?市内にはビックリするほど美味しいお好み焼き屋が多いですからね。まあ、その分高いのも多いですが。
 というわけで、次回もよろしく!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 個食のグルメ | コメント:0 | トラックバック:0
<<軋む痛み。 | 黒のノエル。 | 別れと出会い。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。