現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
永遠の空。
2014-01-11 Sat 20:37

 ネタバレがあるので、見ていない人は後半は開かないように!!

 映画は良く見に行く蔵間マリコです。
 正月は体調が悪かったので見に行くことはできませんしたが、今日はコンディションが良かったので見に行きました。原作300万部の大ヒット小説、零戦パイロットの生涯を描いた邦画『永遠の0』を。
 いや~、この映画、前々から見に行きたかったんですよねえ。理由の半分としては今はまっているブラウザゲーム『艦隊これくしょん』の影響というのもありますけど、残りの半分はかなり評判のいい映画だと聞いていましたからね。CMを見る限りでもかなり凄そうなスケールであることはヒシヒシと伝わってきましたし。というわけで、三連休の初日に行きました。
 さて、永遠の0を見に映画館に行ったけど、会場は3週過ぎたというのにそれなりにいたのには驚き。今日から劇場版TRICKが始まったからそっちに客を取られたと思ったけど、それでも客が結構いましたからね。それだけに、この映画の評判の良さは世間的にも伝わっているのかもしれない。
 さて、永遠の0を見ての感想だけど、噂通りの面白さでしたねえ。原作は読んでいないけど、第二次世界大戦のことにあまり興味がない人でも分かりやすく作っているのは見事。戦争の範囲が広いために薄くなっている部分もあるけど、かといって濃すぎると濃すぎたらでついていけない部分もあるから、これぐらいがちょうどいいかもしれない。
 まず、この作品として一番印象的だったのが、岡田准一演じる零戦パイロット・宮部久蔵。ある者は臆病者と罵り、ある者は尊敬や畏敬の念を抱いていた。その男がどうして、特攻するまでに至ったのか。そこまでに至るまでの経緯と心情の変化、そして変わらぬ信念の描き方は上手いこと上手いこと。岡田准一ってそこまで上手いという印象はなかったけど、今回は結構良かったと思う。
 中でも、戦況が悪くなり自らが育てた予備学生たちを特攻で無駄死にさせてしまい心が荒んでしまった場面。時代という激流が許さないというのは分かっていたけど、あの変わりようにはかなり驚いたな。それでいながらも、生き残るために戦うという変わらぬスタンスは、あまりにも悲壮的。家族に再び会うために生き残る戦いをし、仲間を生き残らせるために散った。宮部の生き様には、グッとくるものがある。
 そして、その宮部を知る者たちもいい味を出している。個人的には血気盛んな性格の零戦パイロット、景浦が良い味を出していたと思う。他のパイロット同様に蔑み、宮部に模擬演習を挑み、戦争の恐ろしさを知った。その恐怖を知ったが故に、最後まで生き延びた。そして、宮部の妻を影から助けた。その宮部に対する尊敬や畏敬などといった念というのは、最初のアプローチの時の怒りからも伝わってくる。生きている者が宮部の物語を語る、それに置いて賢一郎と同じくらいに重要なキャラではないだろうか?
 とまあ、ストーリーやキャラクターに関しても良かったが、CGなんかも凄い。零戦を主体とした戦闘機メインの映画のため軍艦があまり出ないのは残念だが、それでも赤城をはじめとした軍艦のCGもなかなかだし、零式艦上戦闘機21型がタイコンデロガに肉薄するシーンはスピード感あふれている。
 あと、そこまで重要視しているわけではないが戦史という観点から見ても面白い。1航戦・2航戦を失った原因となったミッドウェー海戦の魔の5分間と赤城の被弾数、無謀すぎるソロモン海戦の零戦での攻撃、カタログスペックでは上のはずだが品質と整備が劣悪な零式艦上戦闘機52型(特にこれは重要な要素)。ミリタリーという観点から見て、興奮する要素が所々に散りばめられている。まだまだこういうのに触れた日は浅いが、本当にしっかりしていて面白い面白い。

 零戦パイロットの生き様をしっかりと描いた永遠の0
 今まではこういう映画にはあまり触れていなかったけど、見るだけの価値は十分にあった。機会があれば、原作も読みたいものだ。満足満足。

 永遠の0の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 ミリタリー度 ☆☆
 感動度 ☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<青い空と白い煙。 | 黒のノエル。 | 零から無限へ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。