現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
零から無限へ。
2014-01-10 Fri 19:27
 ちょっと正しいかどうかは怪しいですけど……。

 倫たんの漫画が大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 皆様、今週号を読みましたか?可愛い魔女たちとともに悪の組織に立ち向かう、週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』を。
 毎週毎週超展開の連続ですけど、とんでもないことになりましたねえ。いや、そうなるとはある程度の想像はついていましたが、実際にその展開を迎えるとなると、心にグッとくるというか精神的に参るというか……。第5章も佳境に入っていますが、本当に気が滅入るばかりです。しかも、今週は合併号だから2週間待たないといけない拷問つきですし……。もうたんは鬼子です!!
 とまあ、大変なことになっている極黒のブリュンヒルデですが、今回は前回のラストで言っていたアレについて語らせてもらいます。
 言っておきますが、正確かどうかはちょっと自分でも自信はありませんよ!!ただ、このブログはいつも言っているように独断と偏見の塊ですので、そこのところは許してください。そして、今回のネタはネタバレ全開ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今回の御題は『アイン・ソフ・オウル』。生命を司る光とイニシャライザーが語っている魔法が今回の御題です。
 アイン・ソフ・オウル、これを知っている人と全く知らないという人に二分に分かれるであろう。まあ、それもそうであろう。アニメとか漫画で中二病的な要素としては外せない用語の1つであり、これと深く密接しているセフィロトの樹よりもマイナーな用語といえる。
 アイン・ソフ・オウルは、カバラ(詳細は長くなるで割愛)と呼ばれる組織がセフィロトの樹という概念から生まれたヘブライ語である。アインは無である0を指し、アイン・ソフで無限の00、そしてアイン・ソフ・オウルで無限光の000とする。それは無から有を生み出すという一連の流れ、ビッグバン理論の先駆けともいえるものであろう。数字で表しているのは、カバラが数秘術というのを重んじていたためらしい。
 これを鑑みると、もしアイン・ソフ・オウルが発動したとすると、地球が光に包まれた直後に生命が跡形もなく消える、作中でいうと気化すると言っていたものおかしくはない。どうやってそれを確認したのかは分からないが。恐らく、遺跡からそのような文献が見つかった可能性があるのかもしれない。
 アイン・ソフ・オウルを語るんだから、ついでにセフィロトの樹についても語ろう。セフィロトの樹とは、旧約聖書に登場する生命の樹と呼ばれるエデンの園に植えられた樹、皆も知っているであろうアダムとイヴが食べた禁断の果実が生えている知恵の樹とは別のもう一本の樹、そのヘブライ語読みである。その生命の樹に生える生命の果実を食べると永遠の命を得ると言われている。新世紀エヴァンゲリオンではS2機関という永久機関があるが、それのことを指している。
 で、セフィロトの樹の最大の特徴は、それが概念でありながらも図式として描かれていることだ。

   

 新世紀エヴァンゲリオンのOPの39秒から40秒あたりを注目。あとはデジタルモンスター(セフィロトモン)や魔法少女まどか☆マギカの最終話にも登場したりと、例を挙げるとキリがない。
 そして、セフィロトの樹というのは、アイン・ソフ・オウルと同じく無から生を生み出す流れと必要なものである。ただし、こちらはニュアンスとしては誕生の意味合いがより強い。作中、ソーサリアンは生命を作り出すことも滅ぼすこともできると書かれているが、その前者であろう。永遠の命とも言っていたしね。
 ちなみに作中登場する魔女の中の人であるドラシル、すなわちユグドラシル=世界樹はそれを物質化したもの。基本的には関わりがあるわけではないが、セフィロトの樹はカバラの概念であり、ユグドラシルは北欧神話の存在と考えればいいであろう。

 世界規模の展開となった極黒のブリュンヒルデ
 来週は先で言った通り週刊ヤングジャンプはお休みなので、極黒のブリュンヒルデの小ネタについて語りたい。今週についてはまだまだ小ネタがありますからねえ。いや、そうでもしないとこの2週間が過ごせそうもない……。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<永遠の空。 | 黒のノエル。 | 終幕の光。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。