現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
小雨と恋心。
2013-12-25 Wed 21:06

 年末に一気読みしよう。

 たんの漫画が大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 さてさて、今年最後になりますよ~。2002年から2005年まで週刊ヤングジャンプで連載し、多くの読者に衝撃と感動を与えた岡本倫の大問題作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 毎週毎週更新しているこのコーナーですが、今年のこのコーナーは今回でラスト。半年間ちょっとで31回=31話分とかなり進めてきました。自分としては、数回やってそれっきりになると思いましたが、ここまでやるとなると結構な根気だと思います。それだけに岡本倫先生の作品が好きなのかもしれません。本当にエルフェンリートに出会えて良かったなとつくづく感じる今日この頃。
 と、前座はこれぐらいにしてそろそろ本題に入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 第31話『発覚

 ○あらすじ

 行方不明になったにゅうを探しに山へと行ったコウタとユカ。
 その一方、マユは由比ヶ浜で坂東と再会をする。しかし、思わぬことからにゅうと接触していることが、坂東に発覚し……。

 ○登場人物

 コウタ、ユカ、マユ、わん太、坂東、角沢教授

 ○ターニングポイント

 ・恋心

 ユカのコウタへの告白。
 前の回もそうですが、この場面のユカのエロさったら最高ですよ!!近づく唇と唇、嬉しさのあまりにちょっと変な笑い方をするユカ、そしてレロチュー。誰かに見られているかもしれないけど、そんな場所でのこの行為ですから、より艶やかに見えるんですよね。
 でも、そういったエロさだけでなく、ユカの素直な気持ちが伝わってくるのが最大のポイント。(何をしているのか理解していないだろうが)積極的なにゅうに対して、奥手な性格のユカだから、この思い切った行動が光ってくるのだと思う。

 ・いろんなとこ見られた!

 ユカのすってこんころりん事件。
 これでコウタへの告白が台無しになったと言っても過言でもない。コウタから言わせてみれば、「どうしてパンツをはいていないんだ?」となるだろう。いくら濡れているからといっても、ここで脱ぐのはちょっと……。
 でも、コウタはコウタで無神経すぎる。突然とはいえ、ユカが望んでいないことを言うのはNGでしょ。特に、ユカから出たあの汁のことを言っちゃあ。コウタの辞書にはデリカシーという言葉があるのだろうか?
 そして、ユカの直線ストレート。あの殴り方でどうやってあそこまで吹っ飛ぶのだろうか?なにか武術でもたしなんでいるのだろうか?

 ・怒れる坂東

 にゅうと接触したことを知り激怒する坂東、そして胸ぐらをつかまれるマユ。
 大学でのにゅうとのニアミスもそうだけど、いくらなんでもいきなり暴力を振るうのはどうかと。そんなんで今まで警察のお世話にならなかったのかと小一時間に思う。いや、多分なっているんだろうけど、SATの中でも優秀な人材(実力的に)だから御咎め無しだったんだろうなあ……。
 と思ったら、坂東もマユの会話からにゅうが知人であることを見抜くあたり、ただの脳筋ではないというのも事実。流石に射撃の腕前だけでSATに入隊できるわけがないしな。まあ、そこら辺の勘は働くわけか。
 あと、甘噛みにしか見えないわん太の噛みつき攻撃。謎犬なんだから、ディクロニウスでもヴァルキュリアでも一撃で葬るぐらいの噛みつき攻撃をしないとご主人様が死んじゃいますよ!!

 ○まとめ

 前回はユカ・坂東からコウタ・ユカの流れであったが、この回は逆の流れとなっており、後編とも言える回。
 ユカのエロい言動も光るが、マユと坂東のやり取りもそれと同じくらい魅力的である。

 今でも十分堪能できるエルフェンリート
 さて明日は極黒のブリュンヒルデの掲載日。今年最後の極黒のブリュンヒルデはいったいどのような展開を迎えるのだろうか?良太一行たちに迎える未来は、天国か地獄か?それは明日のお楽しみ。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<逃れられぬ宿命。 | 黒のノエル。 | 聖なる夜に。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。