現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
聖なる夜に。
2013-12-24 Tue 20:36
 諸君 私はクリスマスが好きだ
 諸君 私はクリスマスが好きだ
 諸君 私はクリスマスが大好きだ

 七面鳥が好きだ
 フライドチキンが好きだ
 ローストビーフが好きだ
 サラダが好きだ
 コーンポタージュが好きだ
 クリスマスケーキが好きだ
 ブッシュ・ド・ノエルが好きだ
 シュトーレンが好きだ
 クリスマスプディングが好きだ

 自宅で 友人の家で
 カラオケBOXで ボーリングで
 ライブ会場で パーティー会場で
 遊園地で レストランで
 名所で 観光地で

 この地上で行われるありとあらゆるクリスマスパーティーが大好きだ

 料理をならべたパーティー会場のクラッカーが破裂音と共にストレスを吹き飛ばすのが好きだ
 サンタにお願いしたプレゼントが届いた時など心がおどる
 主催者の選ぶ音楽のBGMで日々のストレスを発散するのが好きだ
 プレゼントを交換してから飛び出してきたビックリ箱を皆で笑った時など胸がすくような気持ちだった

 私がそろえた料理の数々が皆の口の中に放り込まれるのが好きだ
 高揚状態のみんながローストビーフを何度も何度もほうばる様など感動すら覚える

 クリスマスのイルミネーションを街灯上に張っていく様などはもうたまらない
 泣きわめく子供達が母親が大枚はたいたプレゼントとともに喜び声を上げるデパートでばたばたと走り回るのを見るも最高だ

 彼女のいない若者が素晴らしいプレゼントで健気にも告白したのを可愛い彼女の返答が若者の喜びの鐘をに鳴らした時など絶頂すら覚える

 サンタのおじさんにプレゼントをもらえることが好きだ
 必死にバイトして手に入れたクリスマスプレゼントを手に入れることが出来ず落胆する様はとてもとても悲しいものだ
 プレゼントの物量に押し潰されて歓喜するのが好きだ
 忙しい仕事に追いまわされクリスマスパーティーを台無しにされるのは屈辱の極みだ

 諸君 私はクリスマスを天国の様なイベントを望んでいる
 諸君 私に付き従うパーティー会場のお客様
 君達は一体何を望んでいる?

 更なるクリスマスを望むか?
 トラブルのない幸せなクリスマスを望むか?
 心意気の限りを尽くしパーティー会場の客を喜ばさせるクリスマスを望むか?

 『パーティー! パーティー! パーティー!』

 よろしい ならばクリスマスだ

 これは愛情をこめて今まさに受け渡そうとするプレゼントだ
 だがこの暗い世間で1年間もの間堪え続けてきた我々にただのプレゼントではもはや足りない!!

 クリスマスパーティーを!!
 思い出に残るパーティ-を!!

 我らはわずかに数人 10人に満たぬお客に過ぎない
 だが諸君は100人相当にあたるお客だと私は信じている
 ならば我らは諸君と私で総力100と1人のパーティー会場となる

 我々を不景気のどん底へと追いやり眠りこけている世間を叩き起こそう
 プレゼントをつかんで大喜びさせ眼を開けさせ思い出させよう
 連中にケーキの味を思い出させてやる
 連中にパーティーのクラッカーの音を思い出させてやる

 クリスマスとクリスマスイヴのはざまには世間の不況では思いもよらない事があることを思い出させてやる
 数人のクリスマスパーティーの集団で不景気を吹き飛ばしてやる

 クリスマスパーティー 開始 クリスマスプレゼント交換会 始動

 皆!! 全ワイン 栓を開け 解除
「クリスマスパーティー 主催者より 答辞の言葉を」
 目標 クリスマス パーティー完遂!!

 第二次クリスマス作戦 パーティーを開始せよ
 始めるぞ 諸君

 みたいなクリスマスを送れたらなあ……。今年も、彼女がいない冴えないクリスマスです……。
 艦隊これくしょんと今日買ったこれでもやって、明日に備えます……。

             クリスマスプレゼント


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
<<小雨と恋心。 | 黒のノエル。 | 気になる何か。>>
この記事のコメント
孤独を恐れるのはもうやめよう
我々は 古いクツを脱ぎ捨てて、
ココではない どこかへ行くだろう。
あえて送る メリークリスマス ワイルドセブン


我輩はバトルロワイヤル2が大好きである。
原作小説バトルロワイヤル、作者は高見氏を原作とし、
映画版BR1と、その続編BR2の映画が作られた。
原作者はBR2は違うだろうと言ってた。

映画版BR2を元に小説化したのが小説版BR2。
我輩はBR2は小説版しか見てない。
小説版バトルロワイヤルは高見氏の原作の無印BR1?
BR2こそがカッコイイBR、BR2がBR1より大好き!!
2013-12-31 Tue 12:02 | URL | 鎮死剤から #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。