現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
反抗の旗印。
2013-12-08 Sun 20:20

             HGUCヴィクトリーガンダム001

 恐くないからね、お前たちなんか恐くあるもんか!!――――ウッソ・エヴィン

 今年は随分とガンプラを組み立てた気がする蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!今日は、こんなガンプラを組み立てましたー!!一部のファンから根強い人気を誇る『機動戦士Vガンダム』に登場するリガ・ミリティアのガンダム『ヴィクトリーガンダム』のHGUCを。
 いや~、MGスケール(100/1サイズのこと)のヴィクトリーガンダムと旧キットの144/1は今までありましたが、HG(144/1スケールの規格の1つ)UCは、つい最近発売されたばかりですからねえ。リアルタイムで最初に見たのがVガンダムの自分としては、ぜひ組み立てねば!!というわけで数日前に購入、本日作成しました。
 作ってみての感想としては、1200円というお手頃価格でありながらも、全体的に出来のいいキットだと感じましたね。デザイン性は比較的良好、可動範囲の広さもなかなかと安価でありながらも侮れない。特にかかとが分離しているため難しいポーズも取りやすくなっている。製作難易度も非常に低く、不器用な俺でも1時間30分程度で作れるので、ちょっとした暇潰しにももってこいなキットである。
 ただ、個人的には600円ぐらい高くてもいいから、コア・ファイター、トップ・リム、ボトム・リムに分離・変形が出来る構造にしてほしかった。確かにサイズがサイズだから技術的には難しいだろうが、ヴィクトリーガンダムと言ったら分離できるのがウリの1つだからねえ……。まあ、それ以外は概ね満足かな。

             HGUCヴィクトリーガンダム002

 とまあ、思い出深いガンダムを組み立てましたが、今回はこのヴィクトリーガンダムについて語らせてもらう。
 ヴィクトリーガンダム機動戦士ガンダムの1年戦争から74年経ったUC0153、地球侵攻を目論むザンスカール帝国に対し、衰退した地球連邦軍の代わりに戦うレジスタンス組織、リガ・ミリティアの作ったMSである。名前の意匠は、一年戦争に活躍した伝説の白いMSから、そして勝利を導くMSとして名付けられている。
 さて、このヴィクトリーガンダムであるが、当然ながらガンダムを冠するだけあって強い。武装こそはビームサーベル、ビームライフル、頭部バルカン砲、ビームシールドといった特筆すべきものはないが、総合的なスペックはザンスカールの量産型MSを凌駕する。ザンスカール戦争末期こそは、撃墜されるといった場面も見受けられるが、それでも当時としては上等すぎる性能であることは間違いない。
 だが、ヴィクトリーガンダムの最大の特徴はなんといっても、取り回しの良さであろう。レジスタンスという少数勢力で、巨大な敵に立ち向かうためにはいかに運用性を良くするか。その答えの一つとして、パーツをそれぞれの基地で分割生産する。心臓部分であるコア・ファイターを中心に、トップ・リム、ボトム・リムの3種類で使い分ける。これにより戦闘中に破壊されたパーツを分離させることが出来、新しいパーツと即座に交換、戦闘を続行することが出来るのだ。最悪、コア・ファイターさえあれば、単独運用やトップ・リムかボトム・リムだけを合体させたまま出撃することも可能。まさに、数の少なさをカバーするというリガ・ミリティアらしいアイデアと言えよう。
 他にも、マルチプル(多様性)MSの名に恥じない兵装の種類の豊富さ、10名程度で運用可能な手軽さ、12歳の子供でも操縦が出来るほどの操縦性の良さなど、運用性の良さは当時のMSとしては群を抜いて高い。そのためザンスカール戦争末期では、少数ながらもやられ役量産も行われており、ヴィクトリーガンダムがいかに使い勝手がいいかを証明している。まさに、伝説の白いMSの名にあやかるに相応しいMSと言えよう。

        HGUCヴィクトリーガンダム003

 復活した白い伝説、ヴィクトリーガンダム
 さて、次は何を買おうか……。F91も欲しいが、フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)も欲しい。両方とも手に入れるという選択肢もあるが、それだとかなりの出費になるしなあ……。う~ん、貧乏で贅沢な悩み……。

        HGUCヴィクトリーガンダム004

 オマケ

        ヴィクトリーガンダム(第5世代MS)&ガンダム(第1世代MS)&ドーベンウルフ(第4世代MS) 世代によってサイズがあることがハッキリと分かる。


 第1世代MS(ガンダム)と第4世代MS(ドーベン・ウルフ)と第5世代MS(ヴィクトリーガンダム)のサイズ差。
 いかに、ヴィクトリーガンダムが非常に小さいMSであるかが分かるであろう。ドーベン・ウルフ相手に至っては、まるで巨人と人間のような体格差である。いかに、MSのサイズが歴史によって違うかが分かる構図といえよう。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:5 | トラックバック:0
<<舞い込む幸運。 | 黒のノエル。 | 期待と不安。>>
この記事のコメント
ガンダムビルドファイターズ見てるかい?
ガンダムビルドファイターズ、プラモ壊れまくりでヒドイ。
Vガンと言えば1発被弾するとすぐ壊れる。
F91並みに小さいくせに合体変形する、技術見せたいだけ?
パーツ敵艦に突っ込ませて粗末にすることミサイル並み!
監督にモビルスーツ愛が無い、むしろ憎しみを感じた。
2013-12-15 Sun 21:33 | URL | 鎮死剤から #-[ 内容変更]
ガンダムビルドファイターズ見てるかい?
ガンダムビルドファイターズ、プラモ壊れまくりでヒドイ。
Vガンと言えば1発被弾するとすぐ壊れる。
F91並みに小さいくせに合体変形する、技術見せたいだけ?
パーツ敵艦に突っ込ませて粗末にすることミサイル並み!
監督にモビルスーツ愛が無い、むしろ嫌ってると感じた。
2013-12-15 Sun 21:34 | URL | 鎮死剤から #-[ 内容変更]
まあまあ怒りなさんなって。
個人的には壊れるからこそ本気になれると思うし、ラルさんのHGUCグフみたいに一点もので終わらせている人もいるしさ。
Vガンダムは個人的に好きですけどね、技術力が極まった戦場下だからこその作風で。
2013-12-15 Sun 22:30 | URL | 蔵間マリコ #-[ 内容変更]
確かに戦う以上は
兵器ならば戦う以上は壊されるのは仕方ない。
史実での装甲空母大鳳の沈みかたはアンギャーものだが。
図上演習でリセットするなら
最初からスタートしましょう。途中からはダメです。
2013-12-21 Sat 21:35 | URL | 鎮死剤から #-[ 内容変更]
まあ、独断と偏見の記事ですからね。
俺もそういう細かい事までは分からんので、そこは許してくださいな。
2013-12-21 Sat 22:20 | URL | 蔵間マリコ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。