現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
もう一つの叛逆。
2013-11-18 Mon 21:04

            劇場版魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 コミカライズ版

 個人的には、まどマギでも外せない要素の一つだな。

 熱はまだまだ冷めない蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!今日は、こんなものを買ってみました~。先月から上映開始され、大人気を博している魔法少女アニメ『魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』のハノカゲ版コミカライズを。
 これ自体発売していたのは、今月の10日ですからちょっと遅れて買ったという感じなんですけど、自分としては少し落ち着いてから読みたかったんですよね。公開初日に行って、先週の月曜日に2度目、そして今週はコミカライズで楽しむ。この少しタイミングをずらした三段活用だからこその楽しみ方というのもあります。
 さて、この劇場版まどマギのコミカライズ版ですけど、基本的に劇場版と全く同じ。本編に触れるとネタバレになるで語りませんが、殆ど同じ話の流れで構成されています。だけど、劇中であった犬カレー的演出もコミカライズならではので解釈もなされ、そして台詞や心情の変化も作中まま。微妙な差異がある以外は、殆ど変更なしですね。良く言えば原作準拠、悪く言えば捻りがないかもしれない。
 でも、コミカライズとしての意義は非常に大きい。「あそこでまどかが言っていたのはどんな台詞だっけ?」とか、「ああ、あそこであんなアクションを取っていたんだ!!」と、映画とは同じ流れでありながらも、それとは違った楽しみ方が出来る。そして、映画以上に冷静に見れるからこそ、「そこに価値があるのよ」。2巻・3巻もこの調子だと期待できますね!!
 ただ、一つ言っておく。これはあくまでもコミカライズ。映画本編のネタバレありまくりなので、まだ見に行っていないという人はお勧めできない。面白さが半減してしまうので。まどマギは、衝撃(インパクト)が何よりも重要なので。

 さて、このまんまで終わるのもちょっと面白くないので、まどマギの原作コミカライズ版について話したい。他の作品も語ると長くなるし、「う~ん……」と言いたくなる作品もあるんで、ちょっとそこは割愛。
 魔法少女まどか☆マギカの原作コミカライズというと、先でも書いているハノカゲ氏が担当している。TVアニメ版の1話目のエンドカードを書いた人と想像したら分かるだろうか。個人的には、本当にこの人をチョイスをしたのは正解だとったと思う。今回のも含めて。
 作画とかそういった意味ではあまり上手くはないけど、コミカライズという限られたページの中でいかに必要な部分を残し、不必要な部分を削るのか、そして原作のイメージを損なわないのか。そういった必要なスキルがしっかりとあるから、原作とは違った楽しみ方が出来る。
 特に大きいのは、アニメと同時並行に刊行されたこと。これは、非常に大きい。コミカライズと言ったら、アニメの放送が終わっても何ヶ月も何年も続けていて熱が冷めることがあるけど、ハノカゲまどマギは月1回(ま最終巻は社会情勢の関係でアニメとともに1ヶ月ずれたけど)のタイミングで出していたから、アニメの再確認がすぐに行えれるんですよね。これは、本当にありがたかった。まどマギの熱をより熱くした要因の一つと言える。
 あと、微妙に違うコミカライズ版のラスト。個人的には、アレはアレでアリだと思う。本編の何か意味深なラストとは違って、なんていうか魔法少女としての幸せな結末という感じがして。ああいう綺麗な解釈も悪くない。勿論、今回の新編のぶっ飛んだラストもアリですけど。

        魔法少女まどか☆マギカコミカライズ版


 コミカライズでも面白いまどマギ
 だけど、まどマギの楽しみはまだまだ終わらない。このコミカライズ版は勿論のこと、ねんどろいどの百江なぎさに、劇場版のBD。いや~、楽しみがいっぱいでワクワクがいっぱいだわさ!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 魔法少女まどか☆マギカ | コメント:0 | トラックバック:0
<<年末のお約束。 | 黒のノエル。 | 長い歴史の旅。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。