現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
新たな発見。
2013-11-11 Mon 22:35

 後半はネタバレ有りなので、見ていない人は開かないように。

 円盤で見るのもいいけど、大画面で見るのが一番だと思う蔵間マリコです。
 週の始まりの月曜日なんですけど、今日はあるものを見に行きました。2011年に大人気を博した、魔法少女アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の新作映画『魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語』を。
 えっ、以前にも同じ記事を書いたじゃないか?若いのに、もう耄碌にでもなったのか?いえいえ、そんなわけないでしょ。分かっていて2度目を見に行ったんですよ、2度目を。
 それには、色々とワケがありましてね……。ファンとして、3週目の来場者特典のフィルムをGETしたかった。それと、興奮したまま見るのではなく、冷静な状態で見たら何か新しい発見が出来るはず。そんな理由があって、平日であるにも関わらず、映画館に行ったわけ。
 いや~、3週目というのもあるし、月曜日だけあって、人がまばらで快適ですねえ。初日行った時は、阿鼻叫喚そのものでしたが、今日はスイスイ。予約なしでも席が取れたし、ちょうどいいポジションが取れましたよ。
 さて、もう一度見叛逆の物語を見ましたが、色々と新しい発見があっても面白かったですねえ。1回目ほどの衝撃と興奮はないものの、冷静だからこそ見えてくるものがありまして……。同じ映画を見に行くというのは、今回が初めてなのだが、それだけの価値はありましたよ。
 改めて叛逆の物語を見る際に、自分が一番注意した点はクレイジーサイコレズ、いや悪魔となった『暁美ほむら』。まどマギにおける本当の意味で主人公ともいえる彼女の動向を注意して見ましたが、面白いようにパズルのピースがはまる。ほむらの動向が、面白いように納得がいく。
 例えば、魔女の正体が何者かを探しているシーン全般なんだけど、ほむらの言動からはまどかへの願望と諦める事の出来ない気持ちが見え隠れしているんだよね。べべをとっ捕まえるシーンにしても、言い方が疑っているのではなく責任転嫁している節があるし、神まどかのモニュメントの描写があるにも関わらず、まどかが何故ここにいるのかを疑わなかったりと。この場面では自覚そのものは無かったものの、まどかへの渇望があったのは間違いない。さやかはさやかで、薄々魔女の正体が誰であるかが分かったから、無自覚ながらも誘導したのかもしれない。
 そして、それが自覚できるようになったのは、まどかがほむらの髪の毛を結んだシーン。まどかに言われたことで、ほむらが何を求めていたのかがやっと理解し、魔女の正体が誰かを理解した。ほむらがバスに乗るシーンで、黒い羽根が落ちていたけど、どんな手段を取ってでもまどかを取り戻す、要は悪魔ほむらになる覚悟が出来ていたのだろう。
 ここまで行くと、あとはとんとん拍子。1回目見た時に驚いたほむらの衝撃的行動も、突飛なものではなくちゃんと筋の通ったものとなっている。いや~、良く考え込まれているわ。
 あと、個人的に印象が変わったシーンが一つある。世界を改編した後のほむらが、まどかに質問をしたシーン。あそこで、ほむらは涙を溜めていたが、あれは「まどかがいる世界だけど、心までは自分のものになっていなかった」と考えている。そのためか、崖のシーンで明らかに無理を溜めこんでいる印象を受ける。実はほむらにとってハッピーエンドではない、これがこの物語の結末ではないのだろうか。いや~、面白いもんだ、前はハッピーエンドだと思っていたけど、今ではそれがひっくり返る。面白いもんだわ。
 まあ、ほむら絡み以外のことで面白かったと言えば、上映前のお願いが化物語の忍野扇から八九寺真宵に変わっていていたり、落ち着いて見れたから作画で見落としていたもの(プロローグのナイトメアの背後にある文字とか、杏子がウィダーインゼリーらしきものを飲んでいたとか)を発見したりと。本当に見応えがありますわ、叛逆の物語は。

 2回見ても、全然面白い叛逆の物語
 ちなみに、肝心のフィルムはどうだったかというと……。

              劇場版魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 フィルム

 Homulillyの出した使い魔だった……。
 まどポはほむらの変身シーンの盾から切り替わったシーンと中途半端なものだったけど、これはもっとハズレだ……。泣きたい、とにかく泣きたい。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 魔法少女まどか☆マギカ | コメント:0 | トラックバック:0
<<更なる障壁。 | 黒のノエル。 | 突然の対立。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。