現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
電子の攻防。
2013-11-07 Thu 20:34
 今週もだけど、来週もマジで楽しみ!!

 本編もアニメも読み切りも楽しみな蔵間マリコです。
 さ~てさてさて、今日は木曜日ですので、あのコーナーを更新しますよ~。萌えとバイオレンス、ギャグとシリアスが見事に調和した岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』が。
 毎週毎週ワクワクとドキドキが止まらない極黒のブリュンヒルデですが、来週、あの問題作が帰ってきます。そう、原作・岡本倫、作画・横槍メンゴの自制心崩壊エロコメディ『君は淫らな僕の女王』が。
 去年の1月、極黒のブリュンヒルデ連載開始1週前に掲載されたこの読み切り作品ですが、今回でついに9回目。もはや読み切り昨比品というよりも、不定期連載作という形に近いものになってきました。しかし、どうするんでしょうかねえ。前回のテコ入れ、そして次回予告からでは昴の妹の登場と次の矢を仕掛けてますが、ボーダーラインが上がりまくっているから、これを超すのは相当困難。余程のことをしなければ。
 いや、たんとメンゴ先生ならば、この高いハードルを越える事が出来るはずだ。今まで、そうやって乗り越えてきて、読者から支持を得たのだから。期待してますよ、たん、メンゴ先生!!
 さて、前置きが長くなりました。そろそろ本題に入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、そして管理人の独断と入りまくりですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今回の極黒のブリュンヒルデ第80話『能力差』が掲載されましたが、腹を抱えて笑うほどに楽しかったですよ。地味な部分もありますけど、それをも吹っ飛ばすほどの倫たん節が描かれていて、そんなの全く気になりませんでしたよ。いや~、これでこその倫たんですよ!!
 さて、フレイヤと対峙することになったカズミだけど、その勝算についてはまあ妥当というべき理由でしたね。寧子が破撃で人殺しが出来ないように、カズミも操網を使っての人殺しをしたくない。沙織やキカコのように躊躇なく人殺しの出来る魔女がいる一方で、死んでもそういう事をしたくない魔女もいる。あまり衝撃があるわけではありませんが、納得のいく理由ですね。
 とまあ、ここまでは落ち着いた展開でしたが、ここからが倫たん節大炸裂。操網の魔女らしく、他人(この場合は、土屋邑貴だが)のデータを覗き込むフレイヤ。そこで、見つかったデータが何とも……。
 確かに、土屋邑貴は腐女子設定があるというのは、初登場回でも説明されていましたよ。でも、周りの人たちがアクの強い人ばかりだから、腐女子設定が出ても大した来ないだろうと思っていたら……。オ○ニーグッズ、BLのハードエロ小説、三国志のBL、おっさんのお尻にバ○ブ……。そして、とどめには「我ら生まれた時は違えどもイク時は同じって…」。ここまで、重傷な腐女子だったとは想像つきませんでしたよ。今までが意外に普通だと思っていだけに、この回の影響は大きい。桃園の誓いを汚さないでくださいよ、土屋さん!!
 だけど、これで終わらないのがたん。色々暴露されて、キレた土屋さんが言った台詞が「お前のアナルにもバイブをブチ込むぞ!!」。もうこれを読んだときは、笑いすぎて涙が出てしまいましたよ。剣幕な表情で、そんなアレなことを言うの?台詞と表情が全然合っていないってば。いや、それをぶち込まれたフレイヤも見てみたいけどさあ……。まあ、青年誌だしね?
 さて、こんなおかしな調子を残したまま、九所長の居所を巡っての操網対決が始まりましたが、そのフレイヤが九所長の差し金だったとは……。いや、よくよく考えればその可能性は十分に考えられたんですけどね。九所長が行方をくらますためには、操網の魔女が必要。でも、その操網の魔女が一度も出ていない。そして、最強の操網の魔女はフレイヤ。となると、フレイヤが九所長に翻っていることが分かる。まあ、ボトラーというのがあまりにも衝撃的でそこまで考える余地がありませんでしたが。
 そして、肝心の対決ですが、ちょっとこれは地味だったかな?なんかネット空間内で、武器でも持って戦闘をすると思ったんですけど、普通にプログラムに介入するといった感じでしたから。障壁突き破ってダメージを与えるのは良いとは思うんですけどね。まあ、テンポを考えると仕方ないかもしれない。
 しかし、これでフレイヤの進退も関わってくる。貴重なクラスAAAの魔女だから、処分するわけにはいかないが、どうするのだろうか?土屋さんの言っていた通り、ケツの穴にアレ?

 今週は、とにかく迷台詞が多かった極黒のブリュンヒルデ
 さあ、来週は極黒のブリュンヒルデ君は淫らな僕の女王の掲載週。来週までにまだまだ先ですけど、本当に待ち遠しくて待ち遠しくてたまりません。たんのファンで良かったよ……。

 極黒のブリュンヒルデ80話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 ギャグ度 ∞
 SF度 ☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
<<冬の旨味。 | 黒のノエル。 | 狡猾な策略。>>
この記事のコメント
魔女たちみんな人格者
カズミが人格者でおどろいた。
カズミはカズミ本人の命が直接、さらに今すぐ危険でないかぎり、
友情を大切にし、親切にタダでハッキング手伝ったり、
鎮死剤を分け合ったりする人だと思う。

カズミ自身が、命の危険に、直接さらされた時、
もしカズミがなりふり構わず助かろうとして、
他人を犠牲にしてもそれはモラルの問題ではない。
本能だからしょうがないことなのである。

初菜だってヴァルキュリアに脅された時、
「死んでも鎮死剤渡さない」って言った。
それでも友達助けるために鎮死剤差し出した。
助けた友達が「気持ち悪い」って逃げてった。
人間不信になってもしかたが無いと思う。

寧子さんも言ってたではないか。
「人を疑うのは良くない」と。
2013-11-13 Wed 23:20 | URL | 鎮死剤から #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。