現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
姿なき刺客。
2013-10-31 Thu 20:24

 今週もワックワク!!

 先の読めない展開に酔いしれている蔵間マリコです。
 さ~てさて、今週も掲載されましたよ~。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画、あるいはリアル魔法少女ものの『極黒のブリュンヒルデ』が。
 いや~、どうなるんでしょうかねえ、アニメ版の極黒のブリュンヒルデは。なかなかまとまらないのか、これが普通なのか、アニメ企画進行中のまま。ファンとしてはヤキモキしていますけど、どのような内容になるか楽しみなところ。どこの会社が作って、誰がどのキャラに声を当てるのか?話はどこまで進めるのか?オリジナル展開はあるのだろうか?そういったものが、頭の中で膨らんでいますね。どのようなものに仕上がるか本当に楽しみだわさ。
 とまあ、随分先のことにワクワクしている自分ですが、そろそろ本題の感想に入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と入りまくりです。そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第79話『裏切り』が掲載されましたが、久々のギャグ回で安心しましたよ。ここ最近は説明回やハラハラドキドキの展開が続いていたので息抜きが出来ませんでしたが、今週は上手い具合にゆるい内容で。それでいながらも、話はきちんと進んでいるあたり、倫たんらしい。流石、ギャグとシリアスの融合は見事なものだ。
 さて、九所長の居場所が見つからずに二進も三進もいかない良太一行とヘクセンヤクトですが、この緊迫とした雰囲気を(いい意味で)ぶち壊したのが、初菜ちゃん。良いですねえ、ハングアップ状態の再生の能力確認をしながらもギャグ的展開をするなんて。車に轢かれたり、ビルから落ちたり、拳銃で撃たれたら普通に死ぬ(車に轢かれても死んでいない人もいますが。拳銃で2回も撃たれて死ななかった人もいますが)のに、その当たり前が初菜ちゃんには当たり前じゃない。だから、尚更に怖い。今まで飄々としていただけに、この慌てぶりには爆笑しましたよ。
 と、こんな馬鹿なことをしている間に、良太一行の前に現れた美樹と眼鏡の男。結局のところ、九所長の居場所を探るために操網の魔女の力を借りるために、良太と共闘することになったようだ。まあ、話の流れからして、どうしても協力を仰がないといけませんが、正義(ヒーロー)と悪(ヴィラン)が協力する展開っていいですよねえ。考え方こそ違うものの、呉越同舟、猫の手も借りたい状態ですから。そのチグハグ感から何が生まれるか、プラスかマイナスか。特に、イラちゃんの美樹が何かしでかしそうですから、これはワクワクが止まりませんよ!!
 さて、このまま調子よく進むと思ったら、そうは問屋が卸さない。九所長の行方を捜していたのは、主無きヴィンガルフも同じだった。ヴィンガルフが新たな矢として放ったのは、カズミと同じく操網の魔女。ただし、AAAクラスのコードネーム、フレイヤ(詳細については、次回の小ネタにでも)。久々の新しい魔女登場に、胸躍りましたが、流石は倫たんというべきか。見事に不意打ちを喰らわしてきましたよ。
 一言でいうのならば、自堕落。眼鏡をかけて髪はボサボサ、下着で布団の上をゴロゴロしながらゲーム。周りには、大量の漫画とペットボトル。そして、ペットボトルの中には、「おしっこ」。
 今まで何度も癖の強い魔女は登場してきましたが、ボトラーの魔女ほど強烈なのはいませんよ。しかも、担当の邑貴さんの前で用を足しているし、なんか恍惚の表情だし……。汁には強い倫たんですけど、この領域にまで達するとは……。これでこそたん、こういうダメダメな子も可愛いですよ!!養いたいですよ!!
 そんなヴィンガルフの刺客(?)に対抗することとなったカズミですけど、これはたまりませんええ。BクラスとAAAクラスの覆しがたい差。それでも、やるなきゃいけない時がある。「私の実力を証明したる」のコマのカズミは、カッコいいという言葉以外でない。引きとしては、最高!!
 あと、美樹はやっぱりおばはんだった。

 新たな魔女も現れ、さらに盛り上がりを見せた極黒のブリュンヒルデ
 次回は、操網対決になるだろうから倫たんの漫画家としての腕の見せ所になりそうだが、どうやって表現するのだろうか?攻殻機動隊とかニンジャスレイヤーみたいな描写なのだろうか?めっちゃ気になりますわ。

 極黒のブリュンヒルデ79話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 ギャグ度 ☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
<<新手の秘密。 | 黒のノエル。 | 滅びを願う者。>>
この記事のコメント
そもそも能力だけで?Bクラス?
アニメ企画、原作は連載前に考えてたシナリオで。


Bクラスの魔女を、そもそも能力だけで?・・・
産廃と呼ぶのが間違っている。

叛逆して、粛清されたナナミ、
奴隷のように、グチャグチャになるまで使い潰されたスカジ。

組織の都合で魔女は扱われる。
ワガママを言えばアイスでもタイヤキでも買ってご機嫌とる。
監禁個室を、我輩は『士官個室』にしか思わなかった。
・・・組織の都合で許容できる、目いっぱい良い待遇・・・
我輩はつくづく組織みたいな目線でしか考えられない・・・。
『いにゅ~♪』・・・だと『独居房』では無く、
タコ部屋の『雑居房』がお好みらしい。

ナナミを味方に繋ぎ止めるためにはご機嫌をとるが、
裏切りは『グレー』でも容赦なく粛清。
仮に戻って来れば笑って赦すだろう。
我輩が監視役なら「笑ってもみ消す」と言うだろう。


我輩は、今でもネカフェから、ぐらいしか書き込めない。
とうとう、ネカフェ以外からも見れるようになったが、
(わ~い、ばんざ~い??と言うほどの事か??)
「死を思え」とかの書き込みさえ大変だったぐらい。
小五郎さんはドラシルの孵化を知ってたら、
どこか折り合いをつけるまで生きて、そこで死ぬのが、
ドラシル孵化してろくでも無く死ぬより良い、
良太とカズミで子孫作るなら、生まれるぐらいまで、
乳離れまででは長過ぎる。ドラシル孵化もありうる。
2013-11-05 Tue 22:28 | URL | 鎮死剤から #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。