現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
感染の拡大。
2013-10-23 Wed 20:05
 たんの漫画は、今も昔も面白い!!

 先の読めない展開は、今でも健在だと思う蔵間マリコです。
 今日は水曜日ですので、毎週のようにあのコーナーを更新しまーす。萌えとバイオレンス、一癖二癖もあるストーリー、先の読めない展開で多くの読者を魅了している鬼才漫画家、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 さて、今回で第22回となるこのコーナーですけど、8年前の感想記事を思い出しますねえ。あの頃は、岡本倫先生の漫画を応援するブログということ以外は方向性が決まっていませんでしたが、今じゃあいい思い出ですねえ。物語が最終盤だったために、毎週が毎週、気落ちしながらも感想を書く。面白いんだけど、あまりにも胸を締め付けられる展開ばかりで、書き終えた後は何も出来ない状態で。でも、それだけに心に響く作品だったのかもしれません。こんな素晴らしい作品に出会えたことが幸せなことなのかもしれない。
 ちょっと昔のことに感傷的になってしまいました。そろそろ今回の内容に入らせてもらいます。勿論、たんの独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫、という人はどうぞ。
 第22話『繁栄か死か

 ○あらすじ

 蔵間の紹介で、角沢教授と対面した坂東。
 しかし、坂東は角沢教授から想像だにつかぬことを宣告されてしまう。

 ○登場人物

 コウタ、にゅう、ユカ、マユ、坂東、角沢教授、磯部、ナナ

 ○ターニングポイント

 ・「バカは嫌いですから」

 角沢教授が坂東を殴った時の台詞であり、彼の性格を端的に表すセリフである。
 この場面で、坂東はベクターウイルスのことを説明されて憤怒しているが、萌え的にはアリ。だって、そりゃあ猫耳みたいな角が生えた可愛い女の子が生まれてくるんですから。まあ、欲を言えば、人を襲わないことと、生殖能力ぐらいあっても良いと思いますが。
 ただ、坂東が親だったら、きっと可愛くないジルペリットが生まれるだろうなあ……。ていうか、坂東とHしたい女っているのだろうか?薄い本だったら、マユが坂東に無理矢理されそうだが。

 ・フラグが折れた

 コウタの入浴シーン。よくあるシチェーションのてんこ盛りである。
 全裸のにゅうの乱入。作画はあまりよろしくないですけど、それでもエロいですねえ。コウタの眼前に股を寄せたり、にゅるっというバルトリン腺液的な擬音があったり、胸を揉まれて感じたり……。エロゲーだったら、このまま本番に突入しそうだ。まあ、たんの漫画で本番描いているのは『Lime yellow』と『君は淫らな僕の女王』だけですけど。
 そして、そんなえっちぃな一幕を見たのが、マユ。あ~あ、コウタがマユを攻略するフラグが折れちゃった。もし、この場面を見られることなく風呂を上がることが出来たら、マユの男性恐怖症を穿り返すことなく話を進めたのに。まあ、たんの漫画はハーレムであっても、攻略不可なキャラが何人かいるのが基本ですが。

 ・交換条件

 角沢教授が、坂東に対して提示した条件。
 まあ、これには色々とビックリしましたよ。人類仇名すはずのディクロニウスを増やす必要があるのか。普通に考えたらメリットがないはずなのに。これが分かるのはすぐ後ですけど、インパクトの方がはるかに勝っていたから、それを考える余裕すらありませんでしたよ。

 ○まとめ

 コウタサイドと研究所サイドの同時展開の第22話。
 緊張感のある展開がありながらも、ラブコメ的展開で緩急つける。いかにもたんらしい作りの回といえよう。この妙な雰囲気があるからこそ、たんの漫画のファンを止められない。

 シリアスとラブコメが同時展開されるエルフェンリート
 さて、明日は極黒のブリュンヒルデの感想の日。時間も情報も足りないというないない尽くしの上に、思いもかけぬハプニングで窮地に追い込まれた良太。さて、どうやって切り抜ける!?

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<黒い波紋。 | 黒のノエル。 | 致命的な失敗。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。