現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
秋季の小旅行。
2013-10-14 Mon 20:19

 前編はこちらで。

 呉旅行でクタクタとなった蔵間マリコです。
 今回も画像大量なので、前置き無しで行きます!!

            呉旅行035 大和の記念塔

 呉市を一望できる、歴史の見える丘の噫(ああ)戦艦大和塔。
 大和の建造から沈没までの歴史、そしてその大和を作るにおいて得たものと省みることが刻まれている。大和ミュージアムでは、10/1大和に圧倒されたけど、それだけではないことをしみじみと感じさせてくれた。

            呉旅行036 長門の徹甲弾

 長門の九一式徹甲弾。
 およそ173㎝と、殆ど自分の身長と変わらぬ大きさものである。

            呉旅行037 大和の徹甲弾

 大和の九一式徹甲弾。
 こちらは、およそ195㎝。自分の身長よりも20㎝以上大きい徹甲弾だ。

    呉旅行038 呉市全景1
    呉旅行039 呉市全景2

 歴史の見える丘からの全景。まさに絶景。
 1枚の画像は、手前の工場は造船所、奥の緑色の屋根の建物が大和ミュージアムである。
 2枚目の画像の『やまとのふるさと』と書かれた建物は、大和の造船所があった場所らしい。当時は、この建物のように覆い被さるような形で大和を造船し、機密性を高めていたようだ。

            呉旅行040 呉地方総監部

 歴史の見える丘から少し降りた場所にある、呉地方総監部。
 ここは、日曜日限定で呉鎮守府が一般公開されている。鎮守府とは、司令部のことである。

       呉旅行041 呉鎮守府

 呉鎮守府。
 建設費に現在にして2億円ほどかかった、当時の贅沢を尽くした建物である。ただし、戦後に修復費が9億円ほどかかっているため、実際は安いのか高いのかイマイチ分からない。
 この呉鎮守府、ただ豪華なだけではない。今はほとんど色褪せて剥げてないが、屋根は墨で塗ることによって、隠密性を高めていたらしい。そして、入り口の三本の柱は、広島ということで三本の矢をモチーフに作ったようだ。細かい所に、力を入れているものだ。

            呉旅行042 鎮守府裏階段

 裏階段。現在にすると、建造費300万円程度。画像からは見えないが、ここから呉の海が一望できる。
 ここは、大正天皇のために赤絨毯を引いて、上ってくるためだけに作ったという、なんとも豪華な階段である。ただし、実際は馬車で上がってきたため、使われることはなかったようだ。

            呉旅行043 呉鎮守府裏口

 呉鎮守府裏口。
 海側のことを表というので、こじんまりとしながらも表にも負けないぐらいに豪華な仕様にしている。扉の隣の鐘は、時刻を報告するために使われていたもの。今こそ使われないが、儀礼として練習をすることもあるようだ。

   艦隊これくしょん014 舞鶴鎮守府

 ちなみに、自分の鎮守府。
 秘書官が龍田ちゃんなのは、仕様です。もっと叩いて!!

            呉旅行044 呉造修補給所

 最後のイベントが、この呉造修補給所。要するに、修理・補給用のドックである。ここで、自分は海上自衛隊の練習艦『しまゆき』を見ました。
 ただ、鎮守府を見終えた後に、ここに来たのだが、とんでもなく遠くて……。鎮守府からそこまで遠くないと言われて歩いたのだが、3㎞ほどあってね。それも丘の上で下で、時間もあまりなかったので、到着するまでにかなり苦労しましたよ。ちなみに帰りは、バスな。

    呉旅行045 アスロックランチャー

 四角いコンテナみたいなのが、アスロックランチャー。
 潜水艦攻撃用の魚雷を遠距離に発射する装置。

    呉旅行046 62口径76mm単装速射砲

 62口径76㎜単装速射砲。
 対空・対艦においても効果を発揮する便利な兵装です。第二次大戦ゴツい形の主砲と比較して、すっきりとしたデザインである。

    呉旅行047 短SAM発射装置

 短SAM発射装置。
 対空用の短距離ミサイルランチャー。発射現場を見ているわけではないが、威力は絶大である。

    呉旅行048 高性能20ミリ機関砲

 白いドラム缶みたいな装置は、高性能20㎜機関砲。
 俗にいうファランクスと呼ばれる艦艇用近接防御火器システム(CIWS)である。30年以上前に開発されているが、今でもモデルチェンジをして使われるほどの傑作兵器である。

    呉旅行049 艦対艦(ハープーン)ミサイル発射装置

 艦対艦ミサイル発射装置。かの有名なハープーンミサイルを発射する装置である。ただし、練習艦なので、ハープーンは積まれていない。
 個人的には、エルフェンリートでも暴走したマリコを止めるために使われたとして印象的だ。まあ、この手の作品のハープーンミサイルは防がれるのがオチだが。

             呉旅行050 ハープーンミサイルの説明

 ていうか、書いていた。
 ジパングとかスプリガンフルメタル・パニックはともかく、ここでエルフェンリートがあるのって……。子供が気になって、単行本買って泣いたらどうすんのよ?

            呉旅行052 お土産

 お土産の海軍カレー。カレー好きな自分らしいチョイスだ。

 これが、今回の小旅行のすべて。
 200枚近くの写真を撮って、万歩計は1万8000歩になっていたから、本当に疲れましたよ。でも、疲れた以上に、様々な艦を見ることができて、勉強することが出来てためにもなったし、楽しかったです。以前、呉に行った時とは違って、艦に興味があったからかもしれない。
 さて、明日からは通常運行。仕事をガンバルゾー!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<惡の教授。 | 黒のノエル。 | 暑い日の小旅行。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。