現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
滅亡の大釜。
2013-10-10 Thu 19:28

 毎週がハラハラドキドキ。

 週刊ヤングジャンプは朝1に買う蔵間マリコです。
 さ~てと、今週も掲載されましたよ~。頭脳明晰な主人公と可愛くて魅力的な魔女たちのハーレム漫……、いや世界の危機に立ち向かう岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』が。
 いや~、単行本でじっくりと読むのもいいですけど、やっぱりリアルタイムで追いかける魅力はたまりませんねえ。リアルタイムで追いかける時の作品のスピード感に、緊張感や思いかけない展開。それらが、リアルタイムで追いかけるということに魅力がありますから。そして、こうやって毎週毎週感想を書くことが出来ますしね。これは、ヤンジャンを毎週買っている人間だからこその特権ですよ。ヤンジャン万歳、倫たん最高!!
 とまあ、1人で空しく盛り上がっていますが、そろそろ本題に入らせてもらいます。当然ながら、たん成分入りまくり、ネタバレ入りまくり、管理人の暴走入りまくりです。そういうのが嫌だという人は、ここまで。大丈夫という人は、どうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第76話『特別な少女』が掲載されましたが、なんかますますどうしようもない展開に転がっていますねえ。倫たんの漫画は、基本的にヒロイン以外のメインキャラは死なない感じですけど、それもかなり怪しい状況に。どうすんのよ、良太!!
 さて、九所長たちの居所を掴めずに二進も三進もいかない良太一行でしたが、そこで仕掛けた策は、やはりヘクセンヤクトとの取引。敵対関係であるとはいえ、小鳥ちゃんを探しているのは同じですからね。背に腹は代えられぬというわけか。
 しかし、ヘクセンヤクトのリーダーである女は、相変わらずの交渉ベタ。1回目の通話の際も、ヒス声で良太との接触を失敗しているし、今回は今回で「死ね!!クソガキ!!」だし。やはり、ヴィンガルフに所属する人間、あるいは所属していた人間は総じてコミュニケーション能力が低いのだろうか?九所長にしろ、土屋邑貴(とはいっても、瑞花ちゃんと話していた限り、意外にコミュニケーションが出来ていたが)にしろ。コイツを頭(ヘッド)に置くヘクセンヤクトって……。
 そして、今週初登場の家政婦のミヤコさん。第一印象としては、綺麗ではあるけど、あざとさとは縁のない感じの落ち着いた大人の女性。そりゃあ、寧子も嫉妬するわ。
 ただ、このミヤコさんって、何かアレな気がするんですよねえ。ミヤコさんが登場する少し前の小五郎の台詞、「バカ言え私は女に興味はない まして小娘など」というのがある。そして、初登場時に良太に対してあの台詞を考えると……。まあ、そうでないと、単に世話役として雇っているということを願いたい。
 さて、良太たちと待ち合わせ場所の廃工場でヘクセンヤクトと落ち合うことになり、小鳥ちゃんの情報を聞き出すことが出来ましたが、予想以上にヤバいのなんの。小鳥ちゃんのドラシル、グラーネが孵卵したら地球が終わるとは、作中で何度も言われていましたが、自分の予想とは全く別の理由で危ないとは……。そうなると、やっぱり、小鳥ちゃんを殺すという選択肢に逆戻りか……。どうにかならんのか、これ?
 だけど、ヴィンガルフの連中はどうして核ミサイルよりも危ないものを作る必要があるのだろうか?グラーネを孵卵すれば、上位組織の連中だって死んでしまう。それでは、この計画を行う意味がないのでは?とすると、上位組織の連中はやはり……。
 あと、廃工場を前に幽霊が出そうと震える寧子が意外に可愛い。今週の寧子は、細かい所でポイントを稼いでいるな。まあ、俺が小鳥ちゃん派であることは揺るぎないですが。

 泥沼から抜け出るどころか、深みにはまっていく極黒のブリュンヒルデ
 さて、このままでは早かれ遅かれ小鳥ちゃんのグラーネで世界がヤバいになるが、良太はどうするのだろうか?主人公的に助けるというのは分かるが、そこから地球滅亡の危機を回避するというビジョンが見えてこない。希望的観測なんて出来ない事態だし……。う~ん、落としどころが分からない。

 極黒のブリュンヒルデ 第76話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 ピンチ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<孤独な晩酌。 | 黒のノエル。 | 普通の生活。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。