現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
残酷な真実。
2013-09-26 Thu 20:16

 今週も、読めて満足!!

 毎週毎週、ハラハラドキドキの展開を堪能している蔵間マリコです。
 さ~てさてさて、今週もありましたよ~。週刊ヤングジャンプでも、コアな人気を誇る岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』が。
 いや~、どうしてこうも、極黒のブリュンヒルデって楽しいんでしょうか?個性的で可愛いキャラクターたちに、たん独特の台詞回し、所々に散りばめられた謎の数々、そして読者を惹きつける引き。特に、引きの部分は、週刊漫画雑誌だからこその強みになっていて、読んだ後の1週間の待ち遠しさがどれだけたまらないことか……。ホント、たんの漫画読めるって、最高!!
 とまあ、たんの漫画を読めることに大満足な本日ですが、そろそろ本題の感想にでも入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。そういうのが嫌だ、という人はここまで。別に大丈夫、という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第74話『魔女の正体』が掲載されましたが、今週は色々と衝撃的でしたねえ。作中でおぼろげながらにも描かれていた謎の一つも明らかとなり、更なる試練が。小鳥ちゃんを助けないといけないのに、本当にどうすんでしょうか、これ。
 さて、前回から引き続いて、ヘクセンヤクトたちに銃を突きつけられて大ピンチの良太でしたが、思いのほか、簡単に引き下がってくれたのには、さまざまな感情を覚えましたね。なんで、端末をつけっぱなしの状態にすることを条件に簡単に引き下がる、せめて拉致るぐらいなんなりをした方がいいんじゃないかという浅はかさと、その一方で、ヘクセンヤクトがレジスタンスという急造の組織であることと、殺し慣れていないということを考えると妥当なものを感じたね。この微妙なチグハグ感が、ヴィンガルフとは違った組織的な問題であって、面白いですねえ。
 ただ、今回の重要点はそんなもんじゃない。魔女の真相に迫る重要な会話。いや~、前々からファンの間で予想されていましたが、本当に当たっているとは思いませんでしたよ。
 ドラシル=魔女の意識を司る存在、即ち魂そのもの。ドラシルが魔女を動かし、魔女の思考させ、魔法を使わせる。人であるのは、あくまでも着ぐるみみたいなものにすぎない。
 どうすんだろうか、この救いようのない展開は。魔法少女まどか☆マギカのソウルジェムとか、3×3EYESの化蛇とか、人の形はしているけど、意識そのものは別のものとして存在に近いかもしれない。それも、放置したら放置したで、孵卵して、人を滅ぼす生物になると、非常に厄介なもの。この手のものでも、かなり性質の悪いものかもしれない。
 では、人型とはなんなのだろうか?ドラシルを排出したら、人型はどうなるのだろうか?想像もしたくないし、試したくもない。まあ、この事態を溶けたまま「衝撃の事実……」と言っている初菜ちゃんが、妙に可愛らしく感じますが。恐らく、他の魔女以上に人間とはかけ離れたものであるからに、そういったことに希薄な性格なのかもしれない。
 だけど、そんな精神的にガタガタな寧子たちを立ちなおすところが、良太のカッコよさ。昨今のハーレムものの主人公はヘタレが多いですけど、そんなのとは違った魅力あふれる主人公ですねえ。魔女の本質を知ったとしても、良太には関係ない。絶対に希望は捨てないから、諦めないでくれ。こんなに上手いアプローチされりゃあ、モテるのも納得ですよ。
 ただ、良太は良太で精神的に深いダメージを背負っていた。だって、魔女の魂であるドラシルを既に2回潰しているのだから。しかも、1回は奈波ちゃん。いわば、まどマギでさやかちゃんのソウルジェムが軽トラの荷台に乗らず、そのまま轢かれて割れるようなもの。良太が、奈波ちゃんの魂そのものを殺したといっても過言ではないから(もっとも、ドラシルを他の魔女と入れ替えたとしても、元に戻るとは思えないが)。良太、本当にこのままだと精神が壊れるぞ。

 衝撃的な真実が明らかとなった極黒のブリュンヒルデ
 さて、次回の良太たちは、どうアクションをするのだろうか?初菜ちゃんが回復しない限り、行動できないからヘクセンヤクトの連中よりも動きが遅くなることだろうし、九所長の行方すら取れていない。そして、タイムリミットにも近づいている。本当に、どうすんだよ、これ?

 極黒のブリュンヒルデ 第74話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆☆
 衝撃度 ☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:3 | トラックバック:0
<<異形の侵略者。 | 黒のノエル。 | 彼女の闇。>>
この記事のコメント
死を想え
1粒飲んで明日をいきるか、
このまま死ぬか、考えよ。
2013-10-01 Tue 14:26 | URL | 沈死剤から #-[ 内容変更]
死を想え
1粒飲む前に考えよ。
明日をいきるか、このまま死ぬか。
2013-10-01 Tue 14:39 | URL | 沈死剤から #-[ 内容変更]
殺し慣れないのは勿論、放っておけば手を出さずとも全滅するし数日生きることを優先すれば何をする事もできまい、という判断なのかもしれません<ヘクセンヤクト

・ハングアップしていないとヴァルキュリアが来る可能性がある
・しかしハングアップさせると一日魔法が使えなくなる
・魔法が無いと何かあった時の抗戦不可、またハッキングも不可
・何より予知が不可。今回は発動せず死者も居なかったが
・端末の電源を入れておくと魔女狩りに位置を把握されっ放し

かといって切ってしまうのも不義理……ではなく小鳥優先や人手の少なさからすれば可能性は低いがイニシャライザーがいればもし真子が再来した場合……ちと希望的観測か。だいたい状況的に受身にしてられる場合でもなく、かといって攻勢に出る戦力など望むべくもなく、あまつさえ中核である良太の精神状態がヤバいときては……本当に来週以降の行動はどうなるやら

此処に来て平穏な生活優先が裏目、というわけでもないが……自分達だけでなんとかできる領域を大幅に超過してしまい、小さな戦場でサバイバルという規模でなく世界の全体を巻き込まんばかり。それでも誰かにどうにかしてほしい、なんて他力本願なりゆき任せ……なんてのは小鳥を、ひいては皆を助けようとする限りにおいては無理という。まっことかつてなく、無理ゲーなのでした
2013-10-02 Wed 14:00 | URL | ALORC #iWfHidvU[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。