現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
彼女の闇。
2013-09-25 Wed 20:23
 水曜日ということで。

 刺激の強い漫画が大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 さ~て、水曜日ということで、今回もあのコーナーを更新します。アニメ化企画進行中の『極黒のブリュンヒルデ』を描いている岡本倫のデビュー作、『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーが。
 今回で、第18回=18話目となるとこのコーナーですが、単行本してようやく3巻目に突入。極黒のブリュンヒルデの感想と連動して書いている企画ですけど、意外に早く消化しているような気がします。とはいっても、まだ全体の6分の1にすぎませんけどね。それでも、作画の移り変わりや話の進展を再体験できるあたり、11年前とは違った魅力が味わえるところが何とも言えない。やっぱ、俺って、たんの漫画が好きなんだな。
 とまあ、最初にちょろっと話させてもらいましたが、そろそろ本題に入らせてもらいます。当然のことながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくっています。そういうのが嫌だ、という人はここまで。別に大丈夫、という人はどうぞ。
 第19話『少女の過去

 ○あらすじ

 親戚ということで、病院から引き取られたマユ。
 家出でロクに食事も食べていないということで、マユを夕食に誘うのだが、彼女には誰にも語れぬ過去があり……。

 ○登場人物(青文字は、新キャラ)

 コウタ、にゅう、ユカ、マユ、わん太、パン屋、マユの実母、マユの義父、わん太の元飼い主

 ○ターニングポイント

 ・扉絵

 マユが、セーターとパンツ一丁というデフォの格好に、ランドセル、その中にはリコーダーが3つ。普段の格好がエロいのに、何故か更にエロく見える組み合わせである。
 ちなみにリコーダーは、フロイトの夢分析に照らし合わせると……。この回の内容を暗喩した扉絵である。

 ・4人で夕食

 コウタたち楓荘のメンバーと食事のシーン。ご飯とみそ汁と野菜炒め(らしきもの)とサラダといった、結構ヘルシーな夕食。
 しかし、この件は色々と可愛い。枕を抱くにゅうに、お腹を鳴らすマユ、ご飯粒がほっぺについているにゅう、撫でられるマユ……。次の場面での温度差を考えると、余計に……。

 ・マユの過去

 マユの闇ともいえる部分。
 義父には性的虐待を受け、実母からは嫉妬される。その末の家出とわん太との出会い。立つ瀬が無いとはこのことであろう。これをリアルタイムで見たときは、青年誌と少年誌の差を実感しましたね。これで、エロいと感じる人は、悪魔だ!!いくら5歳児のマリコの全裸姿のシーンが好きでも。
 ちなみに、アニメ版でもマユの回想をしっかりと描いているから驚き。ただ、色々と細かい変更があったりする。流石にヤバいと思ったのか、マユの年齢を12歳から13歳に引き上げられたり、このシーンでは描かれていないマユのB地区が描かれていたり、入水自殺を図ろうとしたり……。よく、こんなハードなシーンをアニメで放送できたもんだ。
 ていうか、アニメ版が放送出来たことがかなり奇跡的。極黒のブリュンヒルデは、エルフェンリートに比べるとマイルドだからいいにしても、今のご時世ではとても放送は……。

 ・ジェームス

 わん太の元飼い主の付けていた名前。
 飼い主の表情や反応、わん太の表情からして、ご近所からも嫌われているのかもしれない。普通は、お礼の一言でも言うぞ。

 ○まとめ

 家出少女、マユに焦点を置いた回。
 人によっては、この性的虐待シーンは安易なものかもしれないけど、個人的には後の展開にも繋げているし、こういった負の要素があるからこそ、マユというキャラが成形されているんだと思う。

 極黒のブリュンヒルデもいいけど、エルフェンリートも面白い岡本倫の作品。
 さて、明日は極黒のブリュンヒルデの感想の日。次々と起こるピンチにきりきり舞いの良太一行だが、あの状況をどうやって切り抜けるのか?ホント、明日が楽しみだ。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<残酷な真実。 | 黒のノエル。 | 爆発する怒り。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。