現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
現れた黒幕。
2013-09-18 Wed 20:46
 水曜日恒例のアレですよ、奥さん。

 今でも美少女SFバイオレンスラブコメディが大好きな蔵間マリコです。
 さ~てと、水曜日なので、あのコーナーを更新します。現在、週刊ヤングジャンプで『極黒のブリュンヒルデ』を連載している、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 毎週毎週更新しているこのコーナーですが、いつ読んでも飽きないことを再認識させられますねえ。流石に、作画に関しては、今と比較すると酷なものですけど、作風は勿論のこと、ストーリーや登場人物は今に通じるものがありますからね。
 特に超展開に関しては、今よりも尖ったものがあると思います。荒削りではあるけど、たんの魅力が堪能できる。それが、エルフェンリートの素晴らしさじゃないかと。
 とまあ、今でもエルフェンリートが大好きですけど、そろそろ本題の徹底的に語るコーナーに入らせてもらいます。例によって、たん成分や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そーいーうのが苦手という人は、ここでストップ。大丈夫、という人はどうぞ。
 第17話『新人類の父

 ○あらすじ

 コウタとユカだけの二人となった楓荘。
 コウタは、ふて寝したユカを起こしに行くが……。

 ○登場人物(青文字は、新キャラ)

 コウタ、にゅう、ユカ、マユ、蔵間、坂東(回想のみ)、角沢長官、わん太

 ○ターニングポイント

 ・パンモロDEふて寝

 コウタがユカを起こしに行くシーンの一連の流れ。
 コウタが起こした位置から、ユカが蹴りをかますことが出来ないとかいうのは、突っ込んではいけない。極黒のブリュンヒルデだって、登場人物の位置がコロコロ変わっていますから。
 それよりも、ここの場面で光るのが、ユカの台詞「なに考えてんの!?昼這い!?」。夜這いという言葉はあるけど、ここで敢えて昼這いなんて妙な言い回しをさせているあたり、倫たんのセンスの良さを感じる。「白か…優秀だな…」とかもいいけど、これも隠れた迷台詞である。

 ・親戚の子

 コウタが、マユを引き取るために誤魔化した口実。
 これを見た看護婦は、どのように思ったのだろうか?気絶しているところを発見されたとはいえ、スカートはなくパンツという痴女。大人の対応ということで、それに触れなかったのか?あるいは、倫たんだから、という事なのだろうか?パン屋同様に、ちょっと気になる。
 そして、コウタが何かの縁ということで匿ったのも、良く言えば人がいいのかもしれないけど、なんとなくエロゲー思考的な。まあ、今もエロゲー的な部分はありますが。

 ・黒幕

 ついに登場した、この物語の黒幕である角沢長官。
 初登場のシーンのアップのイカレ顔には、ちょっと笑いましたね。なんだか誇大妄想(実際、そうだったが)なことを言っている割に、なんていうか色々とアレで……。でも、自分にとってはこの初登場シーンこそが、角沢長官らしいと思いますよ。
 しかし、角沢長官がどうして自分の敷地に研究所を建てることが出来たのだろうか?権限云々はともかく、ルーシーの事案から9年しか経っていないのに、それを調べる研究機関を創立したり、それを建てる時間的余裕とか……。まあ、悪の組織に色々と突っ込むのは野暮か。

 ○まとめ

 ついに登場した、エルフェンリートの黒幕。
 登場のインパクトもさることながら、作品の方向性の一つを決める要因として役立っており、この回はラストに全てが詰まっていると言えよう。勿論、コウタとユカのやり取りも見どころの一つでありますけどね。

 極黒のブリュンヒルデもたまらないけど、それと同じくらいに好きなエルフェンリート
 さて、明日はアニメ化が決まった極黒のブリュンヒルデの感想の日&コミックス6巻の発売日。広島であるために1日遅れというのは痛いが、それでも読めることに変わりない。あああ、マジで明日が楽しみっす!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<危険な賭け。 | 黒のノエル。 | 気分の入れ替え。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。