現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
風土の魔力。
2013-09-15 Sun 19:36

        沖縄フェス

 沖縄料理を家で食べよう。

 ついつい無駄遣いをしてしまう蔵間マリコです。
 じゃじゃーん、今日は、郊外の大型ショッピングモールでこんなものを買ってみましたー。沖縄料理である、豚の足、テビチを使ったカレーに、島豆腐を発酵させた珍味、豆腐よう、そして沖縄の炊き込みご飯、いかすみじゅーしーの3つ。
 いや~、他に用事があったから別に買う予定などなかったんですけど、沖縄物産展が行っていたんですよね。それで、何か面白いものがあるかなあと思って、覗いてみたらついつい……。ホント、こういうのに無駄遣いする俺もダメだなあ……。まあ、少し前に沖縄料理の店で沖縄料理を食ったというのもあるが。
 で、家に帰って、早速テビチカレーを食べてみたけど、これが結構面白い。テビチ丸ごと1本入れて、もうちょっとスパイスを利かせてもいいと思ったけど、テビチのプルプル感は他の豚肉の部分では味わえない食感。ルーも少しサラサラめと食べやすさに重視している。スパムカレーというのも食べてみたいけど、このテビチカレーというのも悪くないな。沖縄料理最高!!いつか沖縄に旅行してみたいものだ。

 とまあ、ついつい無駄遣いしてしまいましたが、こういう物産展の魔力って恐ろしいですよねえ。あの賑わいや珍しい食べ物の数々。アレを見たら、誰だってコロッと一撃ですよ。
 特に北海道物産展は、桁違い。食べたら誰もが静かになるカニに、北海の海ですくすくと育った海産物、濃厚な塩味や味噌味が堪らない札幌ラーメン、独特の風味がたまらないジンギスカン、北海道お土産の代名詞、白い恋人などなど……。もう魅惑的な食べ物の数々……。
 中でも、個人的には数の子といくらがたっぷりと松前漬けが大好きだな。北海道に松前漬けというのも、ちょっとおかしな話でもあるが、松前漬けの素材は北海道で取れますからね。昆布にしたって、スルメイカにしたって、数の子にしたって、いくらにしたって。
 そんな北海道の贅の沢を尽くした珍味は不味いわけがない。ねっとりとした食感に、噛めば噛むほど滲み出る美味さ。酒の肴にも最高だし、ご飯と一緒に食べても最高。これを最初に考案した人は、天才だよ。

 ふらふらっと寄ってしまう物産展。
 しかし、無駄遣いをしてしまったために、財布の中身が悲しいことに。あと5日で、1200円。休み一日はお金を使わないものの、かなりサバイバルな状況だ……。どうにかしてやりくりしないと……。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<昼の大騒動。 | 黒のノエル。 | 先の想定。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。