現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
守りたい命。
2013-09-05 Thu 20:01

 読めるって幸せ……。

 先の展開が読めない漫画が大好きな蔵間マリコです。
 ひゃっはー!!今日はヤンジャンの発売日だ!!それも、2週間ぶりの岡本倫先生の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の掲載日だぜー!!いやっほーい!!
 先々週は、君は淫らな僕の女王との同時掲載であったものの、ここ2回は隔週隔週と続き、たん成分が欠乏していたんですよね。ですから、今週のように普通に掲載されることが、どれだけ嬉しい事か……。1たんファンとして、涙がちょちょきれそうです……。
 とまあ、テンションが例によって上がりまくりですが、さて今週の極黒のブリュンヒルデはどうなったことやら。当然ながら、ネタバレ・たん成分・管理人の独断と偏見でたっぷり。そんなのが嫌だ、という人はここでストップ。別に大丈夫、という人はどうぞ。
 極黒のブリュンヒルデ第71話『命の価値』が掲載されましたが、いや~もう~最初から最後まで興奮しまくりの内容で、倫たん成分が一気に補給出来る内容でしたよ。特にラスト数ページは、来週が気になるようなオチで、ワクワクどころか震えまで止まらなくて……。やっぱ、倫たんの漫画は最高や!!
 さて、前回のラストから大ピンチとなった良太一行でしたが、全くの無策というわけじゃなかった模様。とはいっても、命乞いをするふりして、後ろにいた初菜ちゃんにハーネストを押してもらうという、考えれる限りの作戦ではありますが。まあ、いつ襲ってくるか分からない相手に策を講ずるという自体、難しいものですが。
 しかし、問屋は卸さない。ヴァルキュリアのハーネストには、何か妙な仕掛けが。そして、初菜ちゃんは2回目の上半身と下半身のオサラバ。まあ、Sランクである以上は簡単にハングアップやイジェクトさせないために、何らかの仕掛けが施されているとは思っていましたが、このシャネルとか傘みたいなマークは一体何なのだろうか?今までが今までだけに、北欧神話と関わっているものだと思うが……。う~ん、わかんねだ。
 でもって、ヴァルキュリアを止める作戦に失敗した良太一行だけど、九所長の行動理念には怒りを通り越して呆れましたね。確かに科学者というものは良心の呵責を持ってはいけないし、小五郎の話から想像はついたけどねえ……。ヴァルキュリアという後ろ盾もあることだろうけど、自分がその立場になった時を想定しないあたり、頭がおかしい。多分、この調子だと、本当に拉致でもされて拷問でもされたとしても、その考えは死んでも改めそうもないな。倫たんの漫画でムカつく奴って、たびたび登場するけど、こいつほど腹の立ったキャラはいない。
 そんなワケの分からん思考回路のため、やっぱりと言いますか交渉決裂しましたが、小鳥ちゃんの必死の抵抗がなんとも可愛いこと。性格上、武器なんかで攻撃出来ないからプッシュするところがねえ。これが、容赦なくモーニングスターとか振り回したら爆笑ですわ。
 とまあ、ここまででも結構盛り上がっていましたが、ラスト3ページには衝撃が走りましたよ。寧子を庇い、良太の体に大穴が。そして、最後のページにいてはいけないはずの人物が。
 もう衝撃の連続で、瞬きする暇すらありませんでしたよ。良太がこのままくたばるとは思えないけど、どうやって助かるのかも気になるし、寧子のイヤボーン展開がどのように転ぶかも分からないし、このタイミングである人がいたということも気になるし……。もう、考えることが多すぎて困っちゃいますよ。

 とにかく興奮と衝撃の連続の極黒のブリュンヒルデ
 次回は、久々の巻頭カラー。この大ピンチタイミングかつ、極黒のブリュンヒルデ最新コミックス発売1週前にこの計らいとは、なんとも嬉しいこと。ホント、ヤンジャンの編集部の皆さまは分かっていますわ。

 極黒のブリュンヒルデ 71話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 ピンチ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:1
<<機械との距離。 | 黒のノエル。 | 削られる命。>>
この記事のコメント
ある意味エルフェン能宗、の役は既に黒服が果たしてたか
良太が死ぬと思った寧子が何か臨界限界突破して真の力の片鱗を振るえれば、「今のままでは殺せない」と言ってた真子に一矢報いることはできるかもしれませんね……かといって寧子の魔法があくまで破壊特化であることに変わりはなく、もしも良太が「何にしても」助かるとしたら其処に例の彼女が関わるにせよそうでないにせよ、これまで出てない情報要素に頼る他ない……

つくづく治癒系の味方が居ないって本当きつい縛りだなと。初菜も自己再生限定だし……実は他人も治す方法を隠してたり……けどそんな利用価値のある応用があるならそもそも処分されそうになったりしないのではとも。本っ当に誰が何をどうしてどうなりますやら。明日というかもう今日っ
2013-09-12 Thu 00:57 | URL | ALORC #XbnZBJT2[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)「おれが生きてるうちは 絶対お前らを死なせない(自分が生きながらえるよりも あなたが生きていてくれる方が嬉しい)」 《伏魔殿/P... …
2013-09-12 Thu 01:30 ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。