現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
削られる命。
2013-09-04 Wed 19:50
 いつ見ても、飽きない面白さ。

 萌えもバイオレンスも大好きな蔵間マリコです。
 さ~てさてさて、水曜日恒例というわけで、あのコーナーを更新しまっすよ~!!現在、週刊ヤングジャンプで純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』を連載している鬼才漫画家、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーが。
 今回で第15回=第15話となるこのコーナーですが、第15話というと、アレになりますよねえ。岡本倫の漫画を語るにおいては、絶対に外せない場面があるあの回。ダメな人はとことんダメだろうけど、これでたんの作品の虜になったと、ハッキリと別れましたからねえ。当然ながら自分は、後者です。
 というわけで、第15回を徹底的に語らせてもらいますが、今回はこれだけは言っておきます。バイオレンスな内容が苦手という人は、絶対にダメ!!読んだら、確実に卒倒もの!!そんな人は絶対にダメですので!!
 もし、たんの漫画が全然大丈夫、そして管理人の独断と偏見が大丈夫という人だけ、ここから先に進んでヨロシ。
 第15話『救軍

 〇あらすじ

 ルーシーに対して、強行策を仕掛けようとしたナナだったが、マユの乱入により隙が出来てしまい、右足を切断されてしまう。
 しかし、それは悲劇の始まりにすぎないのであった……。

 〇登場人物

 ルーシー、ナナ、マユ、蔵間、わん太

 〇ターニングポイント

 ・「こんなの 全然痛くないもん!!

 ナナの代表的なセリフの一つ。健気さと攻撃的感情が入り混じって、可愛さ倍増。
 ただ、この台詞を言っている時は、空威張りの時が多いんですよねえ。作中では3回(最後の1回は、「もん」の部分はつかないが。)ほど言っているが、2回はとても痛くないようには見えませんし……。あまり無茶しちゃあダメですよ。

 ・-5/-5

 ナナたんが、ルーシーに無残にも四肢切断されるシーン。順番は、右足→右腕→左腕→左足。アニメ版は、左足→右手指→右手→→右足→左手の順に変更されている。
 いや~、このシーンをリアルタイムで見た時は衝撃が走りましたよ。いくらバイオレンスなことをする漫画家といっても、ここまで萌えキャラを痛めつけるなんて……。萌えキャラがあまり浸透していなかった当時としても驚きだし、今でもここまで酷いことをしている漫画は見たことがありませんよ。今でこそ、このシーンはエルフェンリートには外せないものの一つだし、四肢切断されたナナが可愛く見えますけど、当時は咀嚼するまでに時間がかかってしまいました。
 そして、アニメ版はアニメ版で衝撃的だった。千切れる時の効果音、切断面の生々しさ、弱弱しいまでものナナの声。様々な要素が重なり合って、こちらまで痛くなりそうなほどになってしまいますよ。まさに、演出の勝利と言えるシーンといえよう。
 ただ、このシーンの突っ込みどころが一つ。切断されたナナの足の長さと服のバランスがあっていないんですよね。太腿まで斬られているのに、服が全く破けていない。しかも、アニメ版もそこは同じだし。もしかして、ルーシーは、服の中から斬ったのだろうか?

 ・松果体を一撃

 ナナの得意技、ベクター封じ。そして、倫たんの得意技の一つ、死ぬ死ぬ詐欺の元祖。
 もし、このままベクター封じが発動できなかった場合、話はどう進んでいたのだろか?あるいは、ナナがルーシーを殺害した場合、どうなっていたのだろうか?少し気になる所である。

 ○まとめ

 読んでいると、こちらまで痛くなる回。
 しかし、このエキセントリックな内容だからこそ、今のたんの地位を確保しており、たんの作風が作り上げられているのだから。これが無かったら、今の岡本倫の漫画は存在していなかったと言えよう。

 萌えとバイオレンスだからこそ、面白い岡本倫の漫画。
 さて、明日は極黒のブリュンヒルデの更新日。ここしばらくは、隔週隔週が続いてヤキモキしていましたが、それからやっと解放される。あああ、あのピンチからどうなったかがめっちゃ気になる……。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:1 | トラックバック:0
<<守りたい命。 | 黒のノエル。 | 新なる存在。>>
この記事のコメント
やっぱこの作者の作品はみんないいですよね(*´∇`*)
2013-09-08 Sun 21:53 | URL | ゲストさん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。