現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
宇宙の狼。
2013-08-17 Sat 21:38

        HGUCドーベン・ウルフ(ユニコーンVer)完成001

 青じゃなくて、緑だったらなあ……。

 ガンダム歴23年の蔵間マリコです。
 いや~、いつも結構時間がかかりますけど、夜になってしまいましたよ。今月発売されたガンプラHGUC ドーベン・ウルフ(ユニコーンVer.)』を組みたてていたら。
 昨日、映画を見るついでに買ったものですが、本当に欲しかったガンプラだったんですよね。他のMSと一線を画したデザインと圧倒的な存在感。そんなMSがHGUCになるんだから、ガンダム好きの自分としては嬉しいばかりでしたよ。
 で、丸1日かけて作ったドーベン・ウルフでしたが、完成度は日々進化するガンプラの技術だけあって、非常に高い。ボリューム感のあるボディに、体に埋まりそうなデザインでありながらもバリバリ動く可動範囲、有線ビームハンドやインコムといったドーベン・ウルフならではの小道具の充実さなどなど……。まさに、ネオジオン戦争末期に投入された化け物機体という風格はある。
 ただ、カラーリングと細かいデザインが機動戦士ガンダムZZの時のではなく、機動戦士ガンダムUCバンデシネのカラーリングだからなあ……。ガンプラファン全体からも言われているけど、なんでネオジオンカラーの緑色じゃないのかと突っ込みたいですよ。青色系統だと、連邦の特務機体よりだし……。通販にするのなら、こっちの方を通販にしてくださいよ!!

        HGUCドーベン・ウルフ(ユニコーンVer)完成002

 とまあ、今回はドーベン・ウルフを一日かけて作りましたが、今回はドーベン・ウルフのことについて少し話したい。
 機動戦士ガンダムの世界、宇宙世紀には大きく一~五世代MSというカテゴリーがある。一年戦争時代の黎明期の第一世代MS、ムーバブル・フレームとガンダリウムγを採用した第二世代MS、第二世代MSの特徴を有しながらも可変機構を採用した第三世代MS、ジェネレーター出力の高さを利用し、大火力を追求した第四世代MS、小型化およびミノフスキー・クラフトの要素を組み込んだ第五世代MS。これらが、宇宙世紀におけるMSの大別である。
 で、このドーベン・ウルフはどのジャンルに属すかというと、第四世代MSにあたる。ビーム・サーベル、ビームライフル、グレネードランチャー、バルカン砲といったスタンダードな兵装に、12連装ミサイルランチャー、メガ粒子砲、対艦ミサイル、メガ・ランチャーのような高火力兵器、そして、隠し腕、有線(無線)ハンドビーム、インコムといった不意打ちを目的とした兵器も内蔵する。換装可能なMSを除けば、今登場しているMSの中でも1,2を争うほどの兵装数を誇るといっても過言ではない。証拠として、これらが全て再現されたゲームは一度も発売されていない。それを考えると、どれだけ凄いのかが分かるであろう。
 現に、作中でもラカン・ダカランの搭乗するドーベン・ウルフは鬼神のごとく強さを発揮した。マシュマー・セロの駆るザクⅢ改を撃墜し、キャラ・スーンのゲーマルクも撃墜寸前にまで追い詰めた。最終的には、ジュドー・アーシタのZZガンダムに撃墜されてしまったが、ザクⅢ改ゲーマルクも同じネオジオン製の第四世代MS(ZZも第四世代MSだが。)。いかに優秀な機体であるかが窺えるであろう。
 しかし、それでいながらも第四世代MSというカテゴリーの未来は明るくなかった。機動力や汎用性の高さをウリとするMSには、過剰な火力は不要だからだ。火力は白兵戦において、撃墜するだけの火力があれば十分。戦艦にないアドバンテージがあるからこそ、MSという優位性があるのだ。それを機体の巨体化(ドーベン・ウルフは22,0m。ガンダムは、18,0mであるから、いかにでかいかが分かる)や操縦性・整備性の煩雑にしてでも高火力を得るのは、MSとしての本質を見失うという事。結局のところ、第四世代MSのコンセプトは進化の袋小路に辿り着き、第二世代及び第三世代MSへの帰結し、第五世代MSへ発展するのであった。
 ただ、これにはネオジオンの厳しい台所事情が大きく関わっている。圧倒的に兵士の数が少ないネオジオンが、どうやって数の面を制圧するか。そういった不利な立場を逆転するためには、一機のMSの火力を極限的に高めるという方法が最も現実的な手段だ。故に、第四世代MSは時代が求めたMSといえよう。

        HGUCドーベン・ウルフ(ユニコーンVer)完成003

 でかくて強いを体現したドーベン・ウルフ
 次は、ガンダムアストレイレッドフレームゾゴックVガンダムあたりが欲しいが、財布の中が寂しいからなあ……。ゲームも買わないといけないし……。う~ん、資金繰りが大変だ……。

        HGUCドーベン・ウルフ(ユニコーンVer)完成004

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:2 | トラックバック:0
<<新しい朝。 | 黒のノエル。 | 巨兵と巨獣。>>
この記事のコメント
ドーベン・ウルフのHGUC化ですね。

ただ色が…ΖΖでグレミー勢で量産型キュベレイとドーベン・ウルフとグレー塗装を逃れた機体なのにグレーなのが残念だね。
2013-08-17 Sat 23:58 | URL | 第4のペロリンガ #-[ 内容変更]
色はさておき、ここ数年ガンプラを作っていない私にはこのクオリティーは驚きでした。久々に作りたくなりました(●^o^●)
2013-08-18 Sun 05:00 | URL | 甘い物好きなくま #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。