現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
変と愛。
2013-08-09 Fri 20:09

 結構長く続いているもんだ……。

 たんの漫画が大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 さ~てさて、前回は極黒のブリュンヒルデの感想を書きましたが、今回はあっちの方を書きますよ~。原作・岡本倫、作画・横槍メンゴの自制心崩壊系エロコメディ『君は淫らな僕の女王』(公式サイトで読み切り1話目が読めます)を。
 元は、試験的な内容として読み切り作品でしたが、読み切り作品とは思えないほどの人気を博し、ついには今回で7回目。もはや短編とは思えないほどの広がりようで、たんのファンとしては嬉しいばかりですよ。
 しかも、今回は今までと違って、前後編2回に渡っての掲載。これを太っ腹と言わずして何と呼ぶ!!先の読めない展開を繰り広げる極黒のブリュンヒルデがある一方、きみだらのエロ~いシチェーションで極黒のブリュンヒルデの読後の緊張感を吹き飛ばす。これぞ、たんの漫画ならではのコンボ!!これで、今年の夏を乗り切れる!!
 とまあ、熱くなりすぎました。そろそろ本題の感想のコーナーにでも入りたいと思います。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生・横槍メンゴ先生の作風、そして管理人の独断と偏見入りまくりなので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫だよ、と言う人はどうぞ。
 特別掲載前半のきみだらでしたが、相変わらずの高いハードルの跳躍っぷり。倫たんならではの癖のある作風とこだわりのあるシチェーション、横槍メンゴ先生の親和性高い作画。この二つが組み合わさって、まさに最強!!今回も良いものを見せてもらいましたよ。
 さて、今回は最終話からの後日談としてスタートしていますが、のっけからのお約束の落差の激しさ展開には爆笑。「これで何度目か!」と言わせんばかりの自己紹介から始まったと思いきや、いきなりたんが大好きな足コキの場面に転換。それも、ロケーションが学校ですからねえ……。最終話で自制心が完全崩壊しておりますが、ここまで酷いことになっていたとは……。いいぞ、もっとやれ!!
 特に、この場面転換した時の1コマ目の昴の恍惚の表情。まさに、君は淫らな僕の女王というタイトル通りのものですよ。幼馴染みが、こんなに美人で淫乱なんてねえ……。しかも、明は完全に女王の犬。いいぞ、もっとやれ!!
 そして、寮に帰ったら帰ったで、自制心崩壊モード本領発揮。一旦はエッチなことをしようと思いきや、勉強のために明に止められたものの、それが我慢できずに自分の股間を弄りながら、携帯電話をペロペロと舐め。もうなんていうか、本番が描ける青年誌といえど、これはアウトな描写でしょ。もうチキンレースどころか、ブレーキをかけずにそのままアクセル全開で崖に突っ込むアカギ状態ですよ。いいぞ、もっとやれ!!
 本番については中略です。流石に、ここではこれ以上言えない内容なんで。ヤンジャンで直接読んで、感想を考えてください。ただ、たんだからこそのこだわりのある台詞回しがなんとも言えない。
 とまあ、互いに貪りあっていたら、新キャラと思わしき謎の二枚目が登場。その正体はなんと、裏の神様!!この展開には、ビックリしましたよ。キュゥべえみたいな顔をした枕の出番(簀巻きに封印されたので)はこれ以上ないと思ったのに、まるでコエンマが本来の姿に戻ったような感じで……。ただただエロをすると思ったら、今度はこういうアプローチできたのかと驚くばかりです。
 しかも、その裏の神様の台詞に温度というものが感じられないのに、トンデモ発言をしている所が笑える笑える。本能に従って交尾だの、脱ぎたてパンツをしゃぶるだの、〇ーメンアイスだの、明のあそこの画像を舐めていること背徳感を覚えるだの、その場でもげるだの……。無表情な顔でそれを言うなんて、いくらなんでも酷すぎる。あの枕とは思ないギャップ感のある発言に笑い転げましたよ。
 ただ、一つ突っ込ませてもらう。神様だって、充分にエロいじゃないですか!!ゼウスやイザナギだって。それを言われる筋合いありませんよ。それに裏の神様はどちらかという見た感じ付喪神、妖怪の類じゃないですか。そんなに偉ぶられても……。まあ、そこが裏の神様というキャラクターの面白い所かもしれないが。

 エロと笑いがいい塩梅のきみだら
 さて、再来週に後編が掲載されるが、どうなるのだろうか?極黒のブリュンヒルデの展開も気になる所だが、こちらも気になる所。あああ、2週間が長い……。

 君は淫らな僕の女王の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 エロ度 ☆☆☆☆
 ギャグ度 ☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:1 | トラックバック:0
<<今までの記録。 | 黒のノエル。 | 重たすぎる天秤。>>
この記事のコメント
読者に応えたのかな。読者の「ちnこもgろ」の声に?
ヨリ(=横槍メンゴ)の「もっかいしよ」
コミックIKKI連載の28歳女と21さい彼氏?
寿命を分け合う束バッキーなマンガ??
ヨリさんは真のエ?漫画家だ。
倫タンだと読者サービスのエ?でしかないし、
マイナーなマンガ家ではネームバリューにはならない?

しか~し!!ラックバリューならば女神ネコ様の光臨?
『薄倖の智将』良太君が、当たり所が悪く、死ぬとこを?
女神様光臨のご加護で生還に替えるぐらいに!!
奇跡の連載、奇跡の延長、奇跡のアニメ化!!
倫タンの奇跡にあやかろう!!

ヨリさんは曲線書くのが上手いが女流マンガ家だろうか?。
実は男な倫タン、垣野内(平野)成美の夫の平野俊貴など、
曲線が美味く描ける男のマンガ家を見たことが無い。
ロストキャンバス作者(A型)、垣野内成美さん(B型)、
女流マンガ家には曲線が美味い人もいる。

すえのぶけいこさんは女性でも曲線がそれほど得意ではない。
プロフィールでアレコレ書いて、O型とある作者に少ないが、
プロフィールであまり大した事を書いてもいないのに、
O型は書いてある作家はエ0マンガ家が多い。
キミ色フォーカスの千明太郎、あとプリプリも書いてる。
すえのぶけい子、ビタミンは1冊にまとまって良いが、
ライフが劣化コピーで冊数も増えてダメだ。
ビタミンも医ぢめが始まってすぐにシフトしないのがダメ。
ビタミン1冊と『医ぢめを殺sすb力』一冊、これが良い。
ビタミンって泣けないけど抜けるマンガだね。

ブラックキャットは真のエ?マンガだ。
紳士道とハードボイルドと町並みの中に目立たないエ?、
知欠健太郎氏はエ?しか読者が求めないので、
オツなマンガをg民が理解できないので読者に合わせてる、
全員理解可能なように頭のレベルも下に合わせる。
上に合わせて優越感を求めるジョジョは少数向け。
倫タンはサービスで?ロく見せてるだけ、
?ロマンガ家に非ず。
『ウイングマン』は『ヒーローマンガ』!!なのに隠れエ?_。
ビデオガールが半端で見るのをちょっとでやめた。
2013-08-15 Thu 22:32 | URL | 鎮死剤から #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。