現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
重たすぎる天秤。
2013-08-08 Thu 20:16

 来週は、合併号でお休み。でも……。

 岡本倫先生の漫画が読めることが、元気の源である蔵間マリコです。
 さてさて、今週も掲載、それも別に1本掲載されましたよ。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』が。
 毎週毎週面白い極黒のブリュンヒルデですが、今週はこれに加えて、横槍メンゴ先生とのタッグ作『君は淫らな僕の女王』が掲載されています。それも、前後編(後編は再来週発売のYJ)という超豪華な仕様。いや~、前にも同じようなことがありましたが、今回は2回連続で見れるとは……。たんのファンとしては、光栄のばかりです。
 特に今回は合併号。だから1回分飛ぶのは、かなりキツい所。ここで2回分補充できるとなると全然変わってきますからね。ホント、ベストタイミングとしか言いようがありませんよ。集英社様、岡本倫先生と横槍メンゴ先生、とても感謝しています!!
 とまあ、こんな感じでテンションMAXな本日ですが、そろそろ本題の感想に入りたいと思います。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくっています。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫、という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第69話『命の選択』が掲載されましたが、水面下で大変なことになっていますねえ。鎮死剤の数が少なくなったら十分に有り得る展開だと思いましたが、やはりというべきか起こりまして……。本当にこのままじゃあ、大変なことになっちゃいますよ!!
 さて、前回のラストで絶望的状況であることを確認した良太ですが、寧子たちもやはりというべきか、なんだか騒がしいことになっていますねえ。だけど、それでいながらも佳奈が、それを切り抜ける術(とはいえ、小五郎と同じ考えだが)を見抜いているあたり、佳奈が冷静な性格であることが引き立ちますねえ。まあ、5人の中で一番に死に近い位置にいる存在だからこそ、達観しているのかもしれない。
 その一方で、カズミはカズミで何かやらかしそうで怖い。生き延びる方法は見つかったけど、自分で生き延びるなんて都合のいい話だ。だけど、もし良太が寧子のことをクロネコであると気付いたら、寧子を生き延びさせるために手段を択ばないかもしれない。今までにも何度かあったけど、カズミの心に何かドス黒いものが湧き出ていて、何か不安すら感じさせる。前の章で結束力は相当なものだと思っていたが、女の友情というものは、恋愛が絡むと脆いものなのか?
 そして、初菜ちゃんは初菜ちゃんで鎮死剤の数を誤魔化して抜け駆けをしていますからねえ。そりゃまあ、誰だって生き延びたというのもあるし、元々は初菜ちゃんのものだから文句は言えないけど、そこから良太たちが管理している5個をしょっ引くのはちょっとズルい。ここに居候する以上は、残り個数ぐらいちゃんと申告する必要はあるとは思うんですけどねえ。
 まあ、初菜ちゃんが計算高い性格であることは元から分かっていたことだし、それを折半した所で生き延びれるわけでもないですが。今回の話で、初菜ちゃんの株が少し下がったかもしれない。
 さて、そんな状況の中で鎮死剤争いが着々と繰り広げられる中、寧子の服が濡れるというハプニングが発生。それも、このハプニングで寧子の三角のホクロが見えるという衝撃展開に。
 個人的にこの流れは、肝心な部分なのにちょっと滑ったなあと感じましたね。いや、この回で三角のホクロが明らかになるのは別に問題ないんですよ。問題があるのは、そのほくろが見えたという過程。なんで、小鳥ちゃんがコップを落としたのが原因でこんなにビショビショに濡れたのか。それも、佳奈が間にいるからかなりの距離があるんですよ。
 これは、倫たんのファンであっても、ちょっと擁護できないかなあ。別に寧子が濡れるのなら通り雨で水浴びでも構わないと思うんですけどねえ。それなのに、コップを落としてここまで濡れるというのは納得がいかない。それを考える時間が無かったのだろうか?個人的には、包囲網から逃げる方法と同じくらいに不自然すぎるシーンだと思うな。これは、単行本の際に修正した方が良いのではと。

 鎮死剤争いに、二進も三進もいかない極黒のブリュンヒルデ
 さて、明日は君は淫らな僕の女王の特別編の感想の番。最初の読み切り時点で大騒ぎになった問題作は、今回はどうなったことか?それは、週刊ヤングジャンプを買って、是非一読してみよう。

 極黒のブリュンヒルデ69話の評価

 満足度 ☆☆☆
 SF度 ☆☆
 恋愛度 ☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:2 | トラックバック:1
<<変と愛。 | 黒のノエル。 | 少女と犬と。>>
この記事のコメント
小鳥がぶっかけてしまったのは実際唐突に見えた次第
これまでの描写……水浴びは第3巻肉じゃが回で、その時は寧子は着けてたけど小鳥がノーブラだった。通り雨は未出、かな。あのタイミングで他にどうやれば、他に時機は無かったのか……ノーブラ寧子と買出しに出た先で雨に降られるとかだったら「それに気づいたのをカズミに知られる」ことも……つまり少なくとも今後の展開に“必須”だってことなのかと憶測推量

そうカズミ。瑞花編においては良太を信じて演じ抜いたからこその戦果、転じて良太の有言実行に信を置いているがために恐れ、また今回自分が「知ってて隠してクジ提案」したことが内心にどう働くのか……一周回って寧子を生かすよう良太の背を蹴り飛ばすくらいなら良いのだが、いや良くないのだけどっ
2013-08-14 Wed 10:47 | URL | ALORC #leF2ecbc[ 内容変更]
美死道精神か??生き物らしい本能(リビング)リビ道?。
初菜ちゃんは人を信じないときにごまかした鎮死剤の数
が元で引っ込みがつかない面もある。
カズミは命の次に友情を大事にする人、
鎮死剤に余裕があった頃はハッキングを無料でやった上に、
鎮死剤に余裕のない友達に分けてたかもしれない。

生きるのが好きなナウシカはきもち悪い。手放しで喜べ無い。
ハヤオ筆頭のジブリから送る『風の谷のナウシカ』に登場。

組織が小鳥ちゃんを奪い返そうとしている事は、
天文部の仲間もかなり知っている事だ。
実は、良太は、端末の向こうからも聞いた
「魔女の中の寄生生物がもうすぐ孵化する」
これを今こそ言うべき時がきた。
「小鳥ちゃん。昨日までに組織に帰った方が、
助かる可能性が高い。死んでもともと、今すぐ帰るべきだ。」

別マンガのマガジン系『神様の言うとおり』シリーズ、
「3人いきのこる」なのである。
むしろネコさんと加奈ちゃんを除く「全員生き残る」である。

小学1年の頃、ダムに落ちてクロネコに助けられ、
代わりにクロネコが死んだと思ってた。
「今度はどんな汚名を着ても、死んでもクロネコを助けたい」
とカズミにも言った事を今こそ言う時だ。
それでも女神様のクロネコは誰かが死んだ代わりに・・
クロネコ自身が生き延びることを受け入れないだろう。

もし女神クロネコ様が良太を助けて死に、
カズミを助けて2度死ぬなら・・・
柱谷家から村上家になった子孫の末代までウチの一族が・・
あるのは「女神クロネコ様」のおかげと崇め続けよう。
これで嫉妬のあまりカズミを爆散させたら?2人で生きよう。

ディープラブ、小説版作者はyosiおぢさん?。
なかよし?か別フレ?コミックは吉井ユウ?
ディープラブは別フレコミック1部が上下卷、
3部の『レイナの運命』が1冊にまとまってるのが良い。
すえのぶけいこもライフは何冊も長すぎ。
ビタミンが1冊で良い。ディープラブは深い愛の沼。
2013-08-15 Thu 22:08 | URL | 鎮死剤から #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)置き去りにされていた真実との直面 《伏魔殿/Pandemonium》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第5巻 夕暮れナンセンス ネクサス:先週 …
2013-08-14 Wed 13:00 ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。