現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
恋する乙女。
2013-07-25 Thu 20:10

 これを読んでからこその、ヤンジャン!!

 木曜日の朝は、大体テンションが高い蔵間マリコです。
 さ~てさてさて、今週も掲載されていましたよ~。萌えとバイオレンスが織り成す週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』が。
 いや~、週刊ヤングジャンプの漫画はどれもこれも面白いですけど、個人的にはたんの漫画があってのヤンジャンですねえ。なんて言いますか、これを読むと体の隅々までたん成分が駆け巡るといいますか、体の疲れが一気に吹っ飛ぶんですよ。これがあるからこそ、週の半ばもダルまずに頑張れますし。
 逆に合併号だったり、たんの漫画が休載だったり、連載終了後はとにかくとにかく辛い。特に連載終了後は、ちょっと腑抜けになりますからね。あのワクワクとドキドキがリアルタイムで見ることが出来ない、読後の次の展開への期待感というものが味わえなくなるのですから。エルフェンリートノノノノが連載終了した後のしばらく続いた虚無感といったら……。まあ、極黒のブリュンヒルデの連載終了は当面先になると思いますが。
 さて、そんなワクワクとドキドキが待ち構える極黒のブリュンヒルデ、今週はどうなったことやら。当然ながら、ネタバレやたん成分、管理人の独断と偏見が入りまくりなので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫、という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第67話『最後の夏休み』が掲載されましたが、魔女たちの恋愛模様に焦点を当てていて、最初から最後まで楽しませてくれましたねえ。寧子に、カズミ、そして初菜。良太が好きな魔女たちのそれぞれのベクトルがバラバラで、なんとも面白いこと。しかし、これでヴァルキュリアに狙われているという雰囲気には思えないのは俺だけだろうか?
 さて、前回のラストで良太がカズミとのあつ~いキスの現場を見た寧子ですが、ヒロインの身としてはめっちゃ辛いですねえ。元から影から薄い上にまだキスをしていない……、まあそういうのもあるかもしれませんが、自覚はしていないものの好きであることには変わりありませんから。魔女を匿っている以上、このような弊害が生まれるのは事実ですが、良太も脇が甘い。
 で、寧子を探しに天文台に行ったはいいが、良太の焦心とは裏腹に初菜ちゃんのちょっかい出しっぷりはウザ可愛い。牛もとい小鳥ちゃんのおっぱいを揉んだり(小鳥ちゃんの「やっ…やめてくだされ!!」は思わず笑ってしまった)、動けないことをいいことに佳奈に色々とエロい事をしたりと……。天文台に来てからまだ数日しか経っていないのに、厚かましいことやら。
 ただ、初菜ちゃんも全く考えなしでやっているわけでないあたり、この手のことに結構敏感で気を利かせていると言えよう。良太があまりに鈍感なので、多少でも無理矢理にでも気付かせる。わざわざこんなことをしているのだから、初菜ちゃんも良太のことは好きだろうけど、まだライクといった感じなのかもしれない。まあ、それにつき合わされた佳奈と小鳥ちゃんはとんだ迷惑ですが。
 さて、初菜ちゃんにダメ出しされて気づかされた良太だが、タイミングが悪いと言いますか、ここでカズミに出会うとはねえ……。クロネコのことをいまだに引きずっているにも関わらず、カズミのことが好きなことを薄々ながらも感じているし……。まあ、相変わらず鈍感ですが。
 しかし、カズミは随分と初菜に出し抜かれて以降、アグレッシブになったもんだ。前回のラストでは、良太とレロチューしているし、今回は今回で本当にラブホテルに行こうと誘っているし。どうせ金が無いんだから、カズミが言っている通り茂みでもいいし、シチェーションを重視するんなら良太が家にでも連れて行けばいいのに……。もう一押し!!
 そして、ますます空気化するヒロイン、黒羽寧子……。

 ヴァルキュリアの脅威を余所に、色恋沙汰の極黒のブリュンヒルデ
 さて、来週こそ九所長とヴァルキュリアが動き出すようだが、この相手に全く警戒していない状況、どうやって切り抜けるのだろうか?真正面からぶつかっても勝てるはずがないし、かといって小鳥ちゃんを「はいどうぞ」というわけにもいかないし……。何とも難しい状況だ。

 極黒のブリュンヒルデ67話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆
 恋愛度 ☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:1
<<本当の純愛。 | 黒のノエル。 | 始まりから永遠へ。>>
この記事のコメント
自宅連れ込み! そういうのもあるのか
思い出せば軽井沢行き前夜だってそっちでしたね

カズミの頑張り、また昨今初菜の煽りが無かったら寧子さんが嫉妬心を発露して魔法暴発とか涙に惑うとか、そういう意識すら発生せずに日々を続けて……クロネコと別人だと「割り切ればこそ」完全に保護者被保護者の関係に固定した可能性だって無きにしも非ず。しかしどうにも、メインヒロインさんェ……鞘当が出来るタイプじゃないのが要因じゃないですかね

逆に考えるんだ、寧子さんはHeroine(ヒーロー女性形)だと考えるんだ……実際そこに間違いはないはず。たぶん

しかし小鳥が何時攫われるかもわからない(そもそも天文台メンバーは迫る最凶コンビを知覚していない)のに、廃村にダッシュで駆け込んで泣いてる……危機よ来いとは絶対言えないけれど、彼女には迷う暇も無い状況か適切な助言者が必要な気がしてならない。初菜か佳奈か、はたまた……?
2013-07-30 Tue 11:33 | URL | ALORC #obWbQ39E[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)心の侭に生きよと言えど、心は思う侭にならざりけり 《伏魔殿/Pandemonium》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第5巻 夕暮れナンセンス... …
2013-07-30 Tue 12:23 ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。