現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
最後の夏。
2013-07-18 Thu 20:19

 なんでこんなに面白いものが毎週読めるのだろうか……。

 最新話は、毎日3回読まないと気が済まない蔵間マリコです。
 さ~てと、今週も始まりますよ~。週刊ヤングジャンプで大人気を誇るかもしれない、岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想コーナーが。
 いや~、今週で66話目となる極黒のブリュンヒルデですが、毎週が毎週、何らかの進展があって面白いですねえ。性質上、非常に長期となる作品の作りには適してはいませんが、その分、一話一話がきっちりしていて、もう読み応え抜群!!良太たちに迫る魔の手に、次々と明らかになっていく真実、そしてそれと同じだけ現れる新たな謎。まさに、週刊漫画雑誌という媒体を理解した作風で、来週が来週がと待ち遠しくてたまりません。今週の極黒のブリュンヒルデを読み終えた時の気分は、まさにそれでしたし。
 そんなテンションMAXな本日ですが、その勢いのままに感想に入りたいと思います。当然ながら、ネタバレ・たん成分・管理人の独断と偏見が入りまくりですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫だよ、という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第66話『復讐の炎』が掲載されましたが、相変わらずハラハラドキドキの連続で大満足でしたね。たん節を交えながらも小出しに情報を開示、そしてラストの驚きの展開。ホント、倫たんのセンスには驚かされるばかりです。
 さて、前回のラストでヴァルキュリア=藤崎真子と接触した九所長だけど、九のビンタからのアプローチには驚かされましたねえ。少しでも不機嫌になったらリア充爆発したみたいなことをする気分屋をそれで制止することが出来るのですから。九所長の胆力が相当なものか、あるいは真子がどんな魔女であるかをしっかりと把握しているのか。
 その証拠に、次のページでは真子が泣きながら「千怜(ちさと)」と言いながら、謝っている。前回のラストでも、九所長を「あなた」と言っているあたり、やはり何か特別な関係なのかもしれない。寧子そっくりで、九所長に溺愛(?)している。ますますどういう事なのか、想像がつかない。
 しかし、今回の真子の台詞「薬なしじゃ3日も生きられない体にして…」から見る限り、どうも魔女というのは改造人間の一種のようだ。ということは、魔女の大半は家出などで行方不明になった子や孤児などを利用しているのだろうか?となると、クロネコも死亡者扱いとしてヴィンガルフに搬送したのか?う~ん、どうも魔女にする過程が分からないからヴィジョンが見えてこない……。
 さて、その一方でお気楽気分の良太一行。朝から小鳥ちゃんの巨乳談義で、思わずニヤニヤしちゃいますねえ。タンクトップ越しのB地区に、おっぱいの大きさで負けていることを気にしている寧子、価値の無いおっぱいのカズミのいちゃもん、そして小鳥ちゃんを牛さん呼ばわりする初菜ちゃん……。もうばっかばかしいというか、ほのぼのと言うか。
 とまあ、馬鹿話から一転して、小鳥ちゃんの謎へとシフトしていますが、本当に謎だらけですねえ。Bクラスの魔女なのに、顔見知りではない。小鳥ちゃんも研究所での魔女との面識がほとんどなく、あるのは既に死んでいる千絵ちゃんのみ。なんか色々と謎がありそうだが……。まあ、それは次回の考察にでも語ろう。
 そして、夏休みが始まり(というよりも、今まで夏休みじゃなかったことがビックリ。たん空間での時間の流れが分からん……)、家に帰ろうとしたところでカズミがチュー。それも、唾液を相互情報循環交換!あの事故的なキスから、カズミも一線を越えたのかアグレッシブになったもんですねえ。俺は、マリコちゃんとか小鳥ちゃんと唾液を相互情報循環交換したいですが。フィーヒヒヒ!
 しかし、それで終わらないのがたんの漫画。良太たちから見えない位置から、レロチューを見ていたのは一応ヒロインの寧子。なんかすごく凄く嫌な予感しかしない。嫉妬が原因で、寧子が暴走して、街を破壊。なんてことにはならないと思うけど、これから先の展開に支障が出るのは目に見えている。やっぱり、女の友情ってないもんなんですかねえ?どうせなら、6人一緒にエッチしちゃえよ。

 ちょっとしたサービスもありながらも、ハラハラドキドキの展開の極黒のブリュンヒルデ
 さて、次回あたりに九所長とヴァルキュリアは、1107番・鷹取小鳥と接触を果たすはずだが……。色恋沙汰で色々と揉めているのに、このピンチ。このままでは、良太一行は空中分解ですよ。

 極黒のブリュンヒルデ66話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆
 修羅場度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:1
<<彼女の正体。 | 黒のノエル。 | 甘酸っぱい思い出。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


(前回感想はこちら)(第1〜3話の無料閲覧はこちら)まさに 最悪のケース の 少し斜め上 《伏魔殿/Pandemonium》/岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』第5巻 夕暮れナンセンス ネクサス: …
2013-07-22 Mon 19:40 ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。