現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
異色の組み合わせ。
2013-04-03 Wed 20:57

             君は淫らな僕の女王 単行本

 個人的には2番目に好きな作品だったりして。

 毎週が毎週楽しみすぎる蔵間マリコです。
 さてさて、2週間ぶりのコーナーですよー。美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』で人気を博し、現在、『極黒のブリュンヒルデ』を連載している鬼才の漫画家・岡本倫のデビューから長期連載10年周年を独断と偏見で語るコーナーが。
 いや~、1年間で20回近く更新してきましたが、このコーナーも残り今回を含めて3回と佳境に入ってきました。この一年間で色々と語ってきましたねえ、エルフェンリートと初めて出会った時の衝撃に、原作と遜色ない面白さだったアニメ版、倫たんらしく一癖も二癖もある読み切り漫画、個性的な登場人物たちが読者を魅了させたノノノノ……。まだまだ語りたいことはたくさんありますが、キリがありませんからね。少し寂しいですが、グダグダやるよりかはいいかもしれません。
 さて、そんな岡本倫を語るコーナーですが、今回語るのは岡本倫横槍メンゴの異色のタッグ作『君は淫らな僕の女王』。連載中に何度も語った作品でありますが、まだまだ語りたいことがたくさんありますねえ。今回はその中でも一番語りたいことを書きたいと思います。
 当然ながら、岡本倫成分充満の内容ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。全然大丈夫という人はどうぞ。
 2月に極黒のブリュンヒルデクズの本懐とともに発売され、様々な店で品切れが発生するほどの人気を博した『君は淫らな僕の女王』。自分としても、この作品が凄く人気が出たことには非常にビックリしましたよ。掲載時の時点でもかなり人気があったけど、元々は読み切り作品という限られた期間の作品ですからね。そんな1巻限りの作品が売れるなんて滅多にありませんよ。
 だけど、売れるには売れるだけの理由があるのも事実。勿論ながら作品自体の内容が良いというのは絶対条件だが、それ以外にもちゃんと要因があってね。三冊が発売される週の1週間前のヤンジャンで、極黒のブリュンヒルデとともに君は淫らな僕の女王を同時に掲載するという荒業である。
 これは本当に岡本倫先生・横槍メンゴ先生としても集英社としても、本当に上手い戦略だと思いましたね。同時に倫たんの漫画を掲載して、どんな漫画家であるかを二枠使って読み手にしっかりとアピールする。毎週読んでいる人はともかく、たまたまヤンジャンを手に取った人には「こんなに気色の違う漫画が2つあるなんて一体どんな漫画家なんだろうか?」と思わせるのには充分なものである。
 特にその時に掲載された特別編は、作中でも最も強烈なお尻の穴の回。回を追うごとにだんだんハードルが高くなっていましたが、それすら超えるほどの内容でしたからねえ。これで本編がどんなものだったのか気にならない人がいるわけない。それに加えて、極黒の君は淫らなクズフェアの合わせ技。まさしくアイデアの勝利と言えよう。
 ただ、個人的にはタッグ作品が受けたとはいっても、そんなにちょくちょくしてほしくないのがいちたんのファンとしての心情かな?
 いや、たんの漫画が読めることは凄く嬉しいことですよ。でも、こういうのは裏技に近いと思っている。やはり漫画家というのはシナリオやネームを書くだけでなく、作画も完全にこなしてからこその漫画家ですからね。別に全然描けるのにそういうのを疎かにして、原作担当漫画ばっかりというのもちょっと……。仮にそういう道を選んでもファンとしては何も文句を言わずに追っかけしますが。
 あと、裏技である以上はしょっちゅうやっていたら有り難味が薄いんですよ。こういうのはたまにだからこそ、非常に面白いんですから。個人的には早くても極黒のブリュンヒルデが連載終了後、出来れば4・5年周期ぐらいがベストだと思う。
 まあ、それだけたんが漫画家として高い実力があるというのは間違いないし、こういう試みも面白いというのも事実。もし、こういう機会が再びあれば、君は淫らな僕の女王の時以上の盛り上がりを見せて欲しいものだ。

 異色のコンビでありながらも、非常に有意義だった君は淫らな僕の女王
 さて、次回は現在連載中の極黒のブリュンヒルデの話をしたいと思う。まだ連載中なので何とも言えない部分もあるが、総合的に話したいということがありますからね。今回はガッツリ話せたけど、次回もこれと同じかそれ以上に話すかもしれない。
 ということで、その時もよろしく!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 君は淫らな僕の女王 | コメント:2 | トラックバック:0
<<運命の瞬間。 | 黒のノエル。 | 日々の感謝。>>
この記事のコメント
はじめまして。
コミュニティから相互リンクのお願いにやってまいりました。
まだ何もないブログですがよろしければお願いいたします!
2013-04-04 Thu 08:12 | URL | ゆめじ #3eRlsquI[ 内容変更]
追記:勝手ながらリンクさせていただきました。不都合がありましたらご連絡お願いいたします。
2013-04-04 Thu 22:17 | URL | ゆめじ #3eRlsquI[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。