fc2ブログ
現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
黒い英雄。
2012-09-23 Sun 19:12

        RG ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ仕様)

 一方的に殴られる痛さと怖さを教えてやろうか!

 ガンプラの発展の凄さに驚きを隠せない蔵間マリコです。
 今日の朝から昼の数時間ほどかけて、何とか完成させました。大人気RG(リアルグレード)シリーズの良キットの一つ、『RG ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ仕様)』を。
 『HG エクストリームガンダム』を組み立ててから数ヶ月ぶりに作るガンプラですが、なかなかの作り応えがありながらも、相当な完成度を誇るキットでしたね。HGシリーズと同じ144/1サイズでありながらも凌駕するパーツの多さに、MGシリーズのガンプラにも匹敵するほどの細部のつくり、完成時のプロポーションの良さなどなど。
 特に、機動戦士Zガンダムを象徴する新技術、ムーバブルフレームをあのサイズで再現している所には驚きを隠せなかった。ただ単に、ガンプラを組み立てているのではなく、まるでガンダムを工場で組み立てているかのような作り心地。今までもガンプラを組み立てるのは楽しかったけど、これほど楽しく作れるガンプラは初めてかもしれない。ホント、一日かけて完成させた甲斐があったわ。

 それにしても、このガンダムMk-Ⅱを組み立てている時に、思ったことが一つある。ガンプラの技術も日々進化しているなあって。
 自分がガンプラを初めて作ってから、20数年。流石に、最初期のガンプラのように接着剤が必要というわけじゃなかったが、アニメにあわせてキット化したという印象があり、可動部分やプロポーションなどといった細かい部分にはそこまで行き渡っていたわけではなかった。勿論、これは今から見た視点であって、当時としてはなかなかのものだっただろうし、それに今と同じようにたくさんの思い出があるけどね。
 だが、HGUCシリーズ、MGシリーズ、PGシリーズ(高すぎて、1回も買ったことないんだよなあ……。)、FGシリーズ、そして今回始めて組み立てたRGシリーズといった様々なスケールキットが登場する都度に、劇的な進化を果たす。
 立体化するにおいてのデザインとプロポーションのリファイン、可動範囲の改善、コックピットハッチやコアファイターなどのギミックの再現、内部フレームの細かい造詣、初心者でも作れる事を考慮したランナー……。最近じゃあ、『HGUC ハンブラビ』が差し替え無しの完全変形という素晴らしい仕様になったらしいですからねえ。同じHGUCでも、10年前のものと比較しても全くの別物といっても過言でない。
 もしかしたら、将来、バウンドドッグムットゥーあたりの完全変形も再現されるかもしれない。それだけ、ガンプラの技術向上も目覚しいものがあるから、再現されても決しておかしくない。まあ、後者のガンプラは一生出そうもないけどさ。

 日々進化の跡が見受けられるガンプラ
 さて、11月には機動戦士ガンダムUCで僅かな時間の出演で、鬼神の如くの強さを発揮し、大人気を博したバイアラン・カスタムのHGが発売される。あのマッシブなデザインでありながらも、バイアラン特有の華奢な手足をどうやって再現するのだろうか?ガンダムファンとしては、ぜひとも期待したいところである。

        RG ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ仕様)VSHGUC マラサイ(オレンジメタルレッドメタリック)

関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
<<究極の悪魔。 | 黒のノエル。 | ささやかな楽しみ。>>
この記事のコメント
| 冫、) 考えたらガンプラを自分一人で完成させた事ないなw

今は作りたい気持ちでいっぱいだが
置くスペース的に限界なので…
・゚・(ノД`;)・゚・
2012-09-23 Sun 19:41 | URL | 松五郎01 #mQop/nM.[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |