現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
エルフェンリート万歳!!
2005-03-25 Fri 15:50

 パパをどうするって?

 

 究極的にエルフェンリートが大好きな蔵間マリコです!!

 今日は、久しぶりにアニメ版エルフェンリートの公式サイトを見ました!!

 そしたら、幻の14話目のカットが公開されてて、すごくうれしくて、腹踊りをしました(嘘だけど)。

 しかも、そのカットがなんと、私、蔵間マリコが一番好きなキャラクターのナナを焦点にあわせた作品らしく、すごく萌えました。

 あと、このブログを読んでる人に聞きたいことがありますけど、自分は、デ・ジ・キャラットみたいな猫耳とエルフェンリートみたいな角とちょびっツみたいなパソコンの耳はどのような差があると思いますか?

 私は、猫耳は正直言って嫌いで、なんていうか、生理的にうけつけないし、大体しぐさが嫌。それに比べて、エルフェンリートの角は萌えという役割もありますが、ベクターを出すために存在する機能であり、急所でもあるし、これがあるから人間として見られないという、実際問題、にゅうナナマリコみたいな人がいたら確実に差別されるか研究所に連れて行かれるという、妥当な内容だから好きです。ちょびっツのパソコンの耳は、設定上、人間と区別がつくようにするためもあるし、配線やコネクタなどが入っている場所として機能してるからです。後者二つは、役割を持ちますが、猫耳は、まったく持って無意味(英語で言うと、ナンセンス)だと思います。

 この意見にたいして、賛成・苦情がある人はどしどし意見を出してください!

 

 ちなみに私は、毎日、PS2専用ソフト『GANTZ』で、隠しモードの『ネコ耳星人編』(単行本版GANTZ8巻のおまけの部分に書かれていた星人)で憂さ晴らししてます。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0
<<昨日の3年B組金八先生 | 黒のノエル。 | 最近のマガジンはねえ・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。