現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
闘争の構え。
2012-01-22 Sun 18:27

    看板娘046 篠塚司 チャイナドレス仕様

 上手く描けないのは仕様です。

 足らない技量と知恵を絞って、何とか描いている蔵間マリコです。
 今週も描かせてもらいました、なかなかレベルアップしないオリジナルのイラストを。今回は、『チャイナドレスを着て、格闘のポーズを取るオリキャラ』というテーマで描きました。
 前回は、比較的簡単な立ちポーズだったので、今回は1ランクアップして、奥行きのあるポーズを選びました。何時ものようなイラストも悪くは無いけど、動きにバリエーションを与えないとね。とはいっても、ポーズそのものは、上手な人のイラストを参考にして描いたものですが。
 それを参考にして、自分なりに衣装を合わせて描いたのですが、やっぱり「う~ん…。」と言わざる得ないような出来っすねえ…。パッと見では形にはなっているんだろうけど、なんていうか奥行き感がおかしいんですよねえ…。下半身にしたって、中腰で描いたつもりなのだが、何か微妙に違和感を感じるし、腕なんかは特にバランスが棒みたいになってしまって滅茶苦茶…。
 これでも、一応は自分でもポーズを取ったり、デッサン人形君を参考に何度も練習なんかもしているし、下描きを描いている時はそんなに気にはならないのだが…。まだまだ正確に物を見る力とかそれを再現する技術とか、知識が足りないなこりゃ。
 ただ、チャイナドレスのデザインは、自分なりにでも気遣いました。構造はネットでしっかり調べて、よく指摘される服の柄なんかにも注意して、自分の足りない脳でポーズに合わせた服のバランスを調整。正直、上手くないは無いですけど、今持っている限りの力は出せていると思う。

 上達スピードは異常に遅いけど、自分なりには楽しんで描いているオリジナルのイラスト。
 さて、次回は今回描いたオリキャラとは別のオリキャラを描く予定。ポーズも、全く別のものにして、そのキャラに相応しいものにでも。多分、今回と同じかそれ以上に苦労しそうだけど、上達するには避けて通れない道だし、難しいだけに達成感もあるだろうしね。ま、テーマはゆっくりと考えさせてもらいますわ。

    ラフ 看板娘054B版

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | イラスト | コメント:1 | トラックバック:0
<<美味しい選択。 | 黒のノエル。 | 様々な喜び。>>
この記事のコメント
| 冫、) 難しいデッサンでも描き続けないと上達しませんからね。
もっと色々描いてみよう!
(*´・д・)(・д・`*)ネー。
2012-01-22 Sun 20:46 | URL | 松五郎01 #mQop/nM.[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。