現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
混沌の名。
2012-01-12 Thu 19:56
             君は淫らな僕の女王

 悔しいけど、たんより絵が上手い…。

 普通じゃないからこそ、面白く感じる蔵間マリコです。
 勝負の日まで、あと1週間となったか…。このブログでも、影ながらに応援している週刊ヤングジャンプ出身の鬼才漫画家・岡本倫の初の原作名義のヤンジャンの読み切り漫画、『君は淫らな僕の女王』が。
 何だかまあ、18禁の漫画のタイトルみたいで無茶苦茶恥ずかしいですが、たんフリークとしては当然のことながら要注目してますよ。とんでもない事をさせるのなら、右に出るものはいませんからねえ。少ないページ数で、たんが手綱持ちで、どう上手く〆るかって。
 それに、作画担当として横槍メンゴ氏とのタンデムというのも、なかなか面白い試み。横槍氏の漫画を本屋で見つける事が出来なかったため、詳しい事は分からないが、本人のHPを見る限りでは、かなりの方向性の違いが窺える。下手すると、おおひなたごうPOPの読み切りみたいに、どちらかが振り回されるという恐れがあるかもしれないが、上手く行けば最高のタッグとなるかもしれないな。それで、姉妹誌あたりで長期連載とかになったら…。買う時に、タイトルが恥ずかしいけど。

 とまあ、期待と不安が入り混じった読み切り作品だが、今回の読み切りのタイトルで思った事がある。たんの作品って、タイトルがすんごく特徴的で、何かと勘違いされやすいと。
 例えば、岡本倫の初の長期連載作であり、代表作でもある『エルフェンリート』。ドイツ語で妖精の歌という意味のあるエルフェンリートなのだが、読んでいる人も読んでいない人もたまにいるんだよね。『エルフィンリート』と勘違いしている人が。いや、馴染みの無い読みのタイトルだから間違えるのは仕方ないんだけど、間違えるパターンが大体コレ。何故なんだろうか?人は『』よりも、『』に魅力でも感じるのだろうか?
 それとか、ノノノノ。これは、最初見た時は「編集部のミスか何かか?」とビックリさせられたね。エルフェンリート以上に噛みそうな謎のタイトル。ある程度話が進むとタイトルの意味こそ分かったが、注目を惹きつけると言う意味じゃあ、かなりインパクトのあるものだと思う。傍から見ると、横槍ならぬ投槍に見えるが。ちなみに、某キャバクラゲーの自称未来人とは関係無い。
 そして、君は淫らな僕の女王の次の週から始まる大本命、『極黒のブリュンヒルデ』。ブリュンヒルデという名自体も某崖の下人面魚の真名以外で馴染みの無いものだが、それ以上に極黒って何て読むの?『きょくごく』なのか、『きょっこく』なのか、『ごくこく』なのか、『きわめくろ』なのか…。今の所、『きょくごく』で読んでいるのだが…。どちらにしても、エルフェンリートの時みたいにタイトルを間違えられそうな予感…。

 内容だけでなく、タイトルも非常にインパクトのある岡本倫の作品。
 そのインパクトのあるタイトルに負けないよう、君は淫らな僕の女王極黒のブリュンヒルデも頑張ってほしいものだ。今年のたんの漫画2本、何時も以上に目が離せない!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
<<熱いも冷たいも。 | 黒のノエル。 | 危険に魅力。>>
この記事のコメント
| 冫、) 最近の漫画のタイトルがインパクトありすぎな件w
シンプルなタイトルって少なくなったよね。

(*´・д・)(・д・`*)ネー。
2012-01-12 Thu 20:13 | URL | 松五郎01 #mQop/nM.[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。