現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ただ我武者羅に。
2010-11-27 Sat 17:30

  練習8

 奥行き感が、立体感が、再現性が低すぎる…。

 まさに下手の横好きといえる蔵間マリコです。
 いや~、難しいですねえ、イラストの練習って。毎日数ページほど練習しているし、色んな人たちにアドバイスしてもらったり、感覚的に物を見て考えたりしているんですけどねえ…。どうも、思うように描けなくて困っています。全体が見えていないせいか、目で見たものを正確に描くのが相変わらずの下手っぴだし、自分の想像したとおりのものが思うように描けなかったり…。
 特に奥行きを描くというのが、非常に苦手だ。以前にも書いたように、どうも物を見る時に平面的に見えてしまって…。これが最大のネックのようで、毎回毎回質感が無いとか平面的な絵と評価されてしまう。これでも、相当頑張っているんだけどねえ…。

 と言う事で、今回は奥行き感を重点に置いた練習をして見ました。手の構図3種類とアヒル座りをした少女の図。どれも苦手な分野が強く押し出されている絵のタイプである。
 う~ん、手の構図は自分の手を携帯電話で写して、それを真似て描いてみたのだが、どれもこれも酷すぎる…。一番上の手は、全然人の手になっていないし、真ん中の手の構図はまるで指が欠損しているような感じになってしまっているし、一番下の手は手首がまるで棒のようになっているし…。描いている最中は、「上手く描けるんじゃないかな?」と思っていたんですけど、いざ完成してみると悲惨なものになりまして…。手を上手く描けるようになるコツはひたすら練習しろと書いていたから、練習不足なんだろうなあ、きっと。
 あと、アヒル座りの図もガッカリな出来に…。体のバランスが悪いというのもあるけど、右足と左足の奥行き感が酷すぎる…。これ、家にあるフィギュア(リトルバスターズ!能美クドリャフカ白スク水Ver.)を参考に、模写してみたのだが、太さの差がおかしくなって…。体格が違うというのもあるけど、完全に技量不足である。
 ただ、顔の表情に関しては、思ったよりも上手く描けたのは思わぬ収穫だった。視線も表情も自分の思ったようなものにかなり近いものが描けている。この感覚は重要かもしれない。コレに近い顔を描けるように練習しようっと。

 なかなか前進できないものの、僅かでありながらもコツを掴みつつあるイラストの練習。
 来週の土曜日も練習する予定だが、さて何を練習しようか…。やはり、数をこなさないといけないから来週も腕の練習かな?やはり、目標達成まで遥か遠そうだ…。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | イラスト | コメント:2 | トラックバック:0
<<近づく旅の足音。 | 黒のノエル。 | 念入りな整頓。>>
この記事のコメント
| 冫、) 立体絵描くのは難しそうだねw
数をこなしつつ上達だぜ!
く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!
2010-11-28 Sun 20:36 | URL | 松五郎01 #mQop/nM.[ 内容変更]
今、ケロロ軍曹のアンゴル・モア描いているけど、難しい…。
2010-12-02 Thu 20:36 | URL | 蔵間マリコ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。