現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
荒川さん、グッジョブ!!
2005-04-28 Thu 09:13

 

 久しぶりにブログを書きます。

 

 6日ぶりにブログを作成した、蔵間マリコです。

 今日は、毎週のとおり、今週のエルフェンリートの感想を述べたいと思います。

 

 まず、ボディーガードさんの正体って、実は政府の雇われ人で、研究所のデータを横流ししてたとは意外でした。確かに、誰かが研究所の研究内容を横流ししないとそんなことはできないとはいえ、ボディーガードさんが横流ししてたとはホント、不意を衝かれました。

 

 次に、脱出する際のボディーガードさんの武器の鬼畜の使ってたのと同じボーガン坂東が愛用していた、タングステン弾が久しぶりに出て、懐かしいなあと思いました。でも、なんか、ボーガンタングステン弾ディクロニウスに対抗すべき武器ってなんか、吸血鬼狩りみたいない感覚があるようなないような・・・

 

 そして、一番笑えたのは、やっぱり、最後のページで、荒川がワクチンを奈落の底に捨てたときの、ボディーガードさんの反応が笑えました。どう見たって、ボディーガードさんが探してたのは、ワクチンとそのデータであって、こんなやり取りのひとつで、人類の命運が尽きるとは・・・。笑えます。

 

 そういやあ、荒川って、最後まで生き延びたとしても、その後はどうするんかなあ・・・

 自分の中では、3つほど可能性があるんだと思いますが・・・

 

 ? 警察にタイーホ。

 ? 政府にワクチン製作のためにこき使われる。

 ? ボディーガードさんと一緒に夫婦漫才をして大ヒットする(めがねコンビとして。)。

 

 1,2はともかく3はないか・・・

 

 今週のエルフェンリートの評価

 

 満足度 ☆☆☆

 バイオレンス度 ☆☆

 爆笑度 ☆☆☆☆

 

 

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0
<<SF馬鹿の漫画レビュー!! | 黒のノエル。 | ルーシー様のロマサガな日々>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。