現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
物語の思い返し。
2015-04-30 Thu 21:27

 まあ、個人的な意見と言いますか、感想と言いますか。

 ヤンジャンが読めないことにやきもきしている蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプ連載の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 と言いたいところですが、今週は合併号。毎年毎年のことだから慣れっこではあるんですけど、それでも倫たんの漫画が読めないとなると辛いのなんの。なんて言いますか、体中から汗が出たり、熱が出たり、頭痛がしたり、眩暈がしたり、吐き気がしたりと。禁断症状でまくりでおかしくなりそうです。早く倫たんの漫画を!!
 とまあ、冗談はこれぐらいにして、今回はアニメ以降の描かれた部分の第2部、第6章から第9章について色々と語らせてもらいます。正直、本当にくだらないネタですよ。それでも暇潰しにでも読んでくれると非常に有り難いです。あと、ネタバレとか、たんの独特の作風とか、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで、別に大丈夫という人はどうぞ。
物語の思い返し。の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
過ぎ去る時間。
2015-04-29 Wed 19:59

 あっという間に一日が過ぎ去ってしまった。
 色々とやりたかったのに……。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
数々の失敗。
2015-04-27 Mon 20:49

 ちょっと今回は反省会でも。

 たまには冷静になって自己分析したい蔵間マリコです。
 さてと今日は月曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和とネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 というのは日曜日でして、今日はちょっと一連の流れである第10話から第12話までの反省会でもしたいと思います。いやまあ、ネタがないという実情もありますけど、こういうところで書いておくと一つの戒めになりますからね。まあ、それを忘れていたら駄目ですが。
 ぶっちゃけた話、今回の記事はいつも以上の自己満足記事です。ですが、それでも読んでくれると非常に有り難いです。それでは、今回もどうぞ。
数々の失敗。の続きを読む
別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:0 | トラックバック:0
別れの手向け。
2015-04-26 Sun 19:56

 なかなか進まないが、それでも!!

 時間があれば、執筆作業をしている蔵間マリコです。
 さてと日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を描いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 毎週何とか更新しているこのコーナーですが、やっとこさ今週で第12話が終了。一連の流れである第10話開始が8月25日ですから、ほぼ8ヶ月でしょうか。個人的には1話2ヶ月をノルマとしているから遅すぎるくらいですねえ……。いやまあ、サボっているわけじゃないですけど、どうしても精神状態が悪いと筆が進まなくて。こういう言いわけ癖も直さないといけないし、課題が多いなあ。上手く自分を奮い立たせて書かないと!!
 とまあ、四苦八苦している現状ですが、それは置いてそろそろ本題へと入らせてもらいます。先に言っておきますが、あまり上手いものではありません。それでも、読んでくれると非常に有り難いです。
 それでは、今回もどうぞ。
別れの手向け。の続きを読む
別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:0 | トラックバック:0
便利な施設。
2015-04-25 Sat 20:53

 ジャコス行くの!?

 県民にとっては、大型ショッピングモールは有り難い蔵間マリコです。
 今日の朝のこと。自分はいつものように朝一番にPCを起動させて、朝飯のおにぎりとインスタント味噌汁を食べながら、いつものノルマである情報収集をしていた。俺が寝ている間に、何か変わった出来事があったのか?何か面白いことでもあったのか?
 すると、ツイッターのトレンドに驚き吃驚なことがあって……。なんと、広島県有数のシネマコンプレックスである『広島バルト11』がトレンド入りしているじゃないですか!!
 バルト11は自分もよく利用する映画館ですけど、なんでこんなところがと思ったら、どうやら『劇場版ラブライブ!』の前売り券チケットの購入のために早朝から並んでいたようだ。まあ、自分も欲しい物があればこのくらいはできそうだけど、、こんなイベントがあったなんて思いもしませんでしたよ。そして、トレンド入りするほどのファンの多さと熱意には驚かされましたよ。

 とまあ、朝からちょっとした驚きに遭遇しましたが、広島バルト11というよりも、バルト11のあるソレイユ(正式名称は、マックスバリュー府中ソレイユ店だが)ってとっても便利ですよねえ。
 広島の中心部に行けば、デパートや百貨店、大型複合書店などがあるから非常に便利だけど、そこから郊外へ出ると利用できるお店がグンと減ってしまう。かといって、色々と散らばっているから色んな店へ行くのが案外大変。だけど、ソレイユなら色々と取り揃っていますからねえ。先でも書いている映画館は勿論のこと、大型複合書店もあるし、フードコートやレストラン街も結構いい。それに有料であるけど、専用バスもあるからねえ。「ジャコス行くの!?」ってちょっと馬鹿にした言葉があるけど、本当に地方民として非常に有り難いんですよ。
 それにソレイユは、今回の件に限らず、イベントが結構多いからな。物産展なんかはしょっちゅうしているし、映画とかの挨拶回りやインディーズのライブなんかもある。映画のイベントはここで参加したことはないけど、物産展とかはついつい買っちゃいますし、インディーズも意外にいい物もありますし。改めて言わせて貰いますが、「ジャコス行くの!?」のワクワク感はあながち間違っていないかもしれない。

 地方だからこそ有り難い大型ショッピングモール。
 来週はGWだから、ちょっと見たい映画があるから行こうかな?ただ、GWとブッキング(艦隊これくしょんのイベント海域)しているからねえ。ああ、このくだらなくてどうでもいい悩み……。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
意識の変化。
2015-04-23 Thu 20:49

 今週でついに並んだ!!

 今までも今もこれからも楽しみたい蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 ついに到達しました!!岡本倫先生の長期連載の記録である第142話に。いや~、連載開始時はここまで長い物語になるとは思いませんでしたよ。100話程度で終われば上々じゃないかと思っていましたし、アニメ化なんて妄想で考えていた程度でなるとは思っていませんでしたからねえ。本当にここまで遠くまで行けたことを、そしてそんな漫画を読めたことに感謝していますよ。極黒のブリュンヒルデ最高!!
 とまあ、連載最長作品になったことの喜びを噛み締めている本日ですが、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
意識の変化。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
邪悪な研究。
2015-04-22 Wed 21:16

 やっぱり、たんがナンバー1!!

 今でも昔でも色褪せずに楽しんでいる蔵間マリコです。
 さてと水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。現在、週刊ヤングジャンプで純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』を絶賛連載中の岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 皆様、先週発売された極黒のブリュンヒルデ最新コミックス13巻を購入しましたかー?今までも面白かったですけど、13巻も面白いですよねえ。あの人気キャラが○○○したり、噂の××××が□□になったりと。掲載時も好きな場面の一つでしたが、単行本になると色々と整理されているから尚更面白い!!ホント、こんなに面白い漫画を何度も楽しめるなんてどれだけ幸せなことやら……。
 とまあ、前座はこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
邪悪な研究。の続きを読む
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
大人の世界。
2015-04-20 Mon 21:16

      朝日珈琲サロン胡町店001

 雨の日は美味しいコーヒーとお菓子でも。

 雨は、仕事の大敵である蔵間マリコです。
 いや~、本当に雨の日って辛いですよねえ。建物内での仕事とかならともかく、外で働いている人には大きな影響を与えるのですから。特に自分のような交通警備とかの仕事は、契約先が工事現場とかですから雨だと駄目という日が多いからな。そういう日の事務所の掃除とか書類の整理とか仕事は楽だけど、給料に響くのは辛い。ホント、雨が降るならもっと時間を考えて降れ!!
 とまあ、ちょっと鬱屈な気分になってしまいましたが、そんな重たい気分を解消するためにも今日はティータイムに美味しいものを食べに行きました。今回行ったお店は、中区胡町の創業65年の老舗純喫茶店『朝日珈琲サロン胡町店』。広島市内でも有名な純喫茶の一つである。

      朝日珈琲サロン胡町店002

 いや~、純喫茶というタイプの喫茶店には一度行って見たかったんですよねえ。今まで紹介したお店は、若者向けだったり、比較的大衆向けのお店がメインでしたけど、純喫茶という昭和感と大人の雰囲気漂うお店というのには一度も行って見たことが無くてね。ですから、この機会に一度行ってみました。まあ、こういうのには慣れておくのも重要だしね。

      朝日珈琲サロン胡町店003

 しかし、実際に行って見ると、自分が場違いな人間だという雰囲気に圧倒される。モダンでお洒落なテーブルやライト、流行りものなどではなく心を落ち着かせるクラッシク音楽、そしてそれに相応しい店員。客も仕事の交渉か何をしているサラリーマンとか、新聞紙を読みながら珈琲を嗜む老人といった年齢層がいつも行くようなお店よりも一回りも二回りも高く、自分がちょっと場違いな人間じゃないかと錯覚するほどでした。ああ、これが純喫茶という空気か……。

  朝日珈琲サロン胡町店004

 そんなちょっとドギマギした気分で頼んだのが、苺とマスカルポーネクリームサンドのアイスコーヒーセット(850円)。他にもシフォンケーキとか、ケーキセットとかあったけど、今回はサンドイッチが食べたい気分だったので。
 で、肝心の味はどうかというと、これがもう本当に美味いのなんの。食パンのふんわりとした食感と小麦のいい香り、旬のイチゴの甘くてジューシーでフルーティーな味もいいが、驚くべきはマスカルポーネ。生クリームのように滑らかでいながらも重たくなく、練乳のような甘さがありつつもくどい味じゃない。クリームチーズでサンドイッチを作ったことはあるけど、ここまで美味くはできない。こんなに美味しいフルーツサンドを食べたことがあっただろうか?
 そして、喫茶店ということもあって、アイスコーヒーも美味しい。口の中で広がる甘さとほろ苦さと香り。月並みなのことしか言えないけど、やはりこういうしっかりしたお店で飲むコーヒーは全然違う。本当に老舗である所以も納得のいく美味さである。

 老舗の味と雰囲気を堪能できた朝日珈琲サロン胡町店。
 やっぱり、純喫茶は自分には不釣合いなのかもしれない。こういうお店は品格漂う大人が行く店だろうなあ。自分があと10年ぐらい経ったら、こういう店が釣り合うようになってくるのかもしれない。大人の世界って難しいものである。

別窓 | 個食のグルメ | コメント:0 | トラックバック:0
天使の歌声。
2015-04-19 Sun 21:20

 慣れないことをすると恥ずかしいものだ。
 だが、それを乗り越えなければ!!

 へたっぴだけど、楽しく書かせてもらっている蔵間マリコです。
 さてと日曜日ですので、更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を描いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 いや~、毎日毎日コツコツと書いておりますが、本当にライトノベル執筆って楽しいですねえ。自分の頭の中にある世界を文章にして作り上げる。それが上手いか下手か、しっかり伝わっているかどうかは分かりませんけど、それでも自分の世界を世に出すことができるのですから。もっと上手くなって、人に満足してもらうような出来になるように頑張るぞ!!
 とまあ、前座はこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。先でも書いていますけど非常に下手ですが、それでも読んでくれると非常にありがたいです。それでは、今回もどうぞ。
天使の歌声。の続きを読む
別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:0 | トラックバック:0
すれ違う思い。
2015-04-18 Sat 22:18

  極黒のブリュンヒルデ コミックス13巻

 今夏、君は淫らな僕の女王連載再開予定!!

 倫たんの漫画が大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!広島県ですので1日遅れでしたが、しっかりきっかりGETしましたよ~。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』コミックス最新13巻を。勿論、観賞用・保存用・布教用の3冊でね。
 いや~、本当にたんの漫画の単行本の発売日ほど嬉しいものはありませんねえ。ヤンジャン掲載版も非常に面白いですけど、単行本はそれを更にブラッシュアップした内容ですから。同じ漫画なのに全く違った展開を楽しめる。それが極黒のブリュンヒルデの面白さの一つではないのでしょうか?まあ、掲載時の辞典で展開の穴は埋めるだけ埋めてほしいですが。
 とまあ、前座はこれぐらいにして、今回はコミックス13巻の主な変更点や気まぐれキャラ紹介などの感想を語らせてもらいます。ですので、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
すれ違う思い。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
| 黒のノエル。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。