現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
懐かしき冒険。
2015-02-28 Sat 20:50

             ドラゴンクエストヒーローズ

 ドラクエを買うのは、何年ぶりだ?

 アクションRPG大好きな蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!先日、今巷で大人気のゲームを購入しましたー。買ったのは、国民的大人気RPG『ドラゴンクエストシリーズ』の最新作『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』を。
 いや~、ドラクエを買うのは何年振りでしょうか。最後にプレイしたドラクエがドラクエ8だから、10年近くはプレイしていなかったのかもしれません。まあ、理由としては単純に疎遠になっただけなんですけどね。ただ、世間ではなにやら凄く好評のようで。それを聞いて、ちょっと自分もプレイしたくなったので、買いに行きました。
 しかし、予約をしていなかったことが祟って、なかなか見つからない。ドラクエは確かに人気作品ですけど、ここまで売り切れの店ばっかりだったとは。4件探して、ようやく見つかりましたよ。ホント、ちゃんと予約すれば良かったよ……。トホホ……。

 さて、なんとかGETできたドラクエヒーローズですが、ここからは個人的な感想を。
 発売前は、色々と不安要素をあげられてきた本作ですが、実際にプレイしてみたらビックリ、そんな不安を吹き飛ばす出来でしたよ。面白い面白いとツイッターで書かれていたけど、旬の話題の噂というのは間違っていないものだな。
 まず、個人的に一番印象的だったのが、無双シリーズの様に見えて無双とはまったく別物のゲームデザイン。少数精鋭で多くの敵を倒すという点は同じだけど、それ以外の点はそこまで似ているとはいえない。どちらかというと、拠点防衛型RTSの要素が強く、倒す爽快感よりもいかにして攻略をするのかという爽快感に力を入れている。
 それでいながらも、難しすぎず簡単すぎずなゲームバランス。無双のように突っ込めば、すぐ拠点が落とされるが、ちゃんと考えて行動をすれば攻略できる。本当に細かい調整がなされていて遊び甲斐がある。
 そしてドラクエヒーローズをRTS要素が強いと思わせるのが、モンスターコインというシステム。モンスターコインというのは、敵を倒した時に一定確率で落とすもので、それをステージ内で使用すると仲間モンスターとして戦ったり、プレイヤーに有利な効果を発揮したりするもの。これが非常に重要なシステムで仲間にしたモンスターを防衛線に張って時間稼ぎをしてもらったり、1回で終わりだが攻撃回復補助を行ってもらうというものだが、下手をすると仲間たちよりも頑張ることなんてのもある。それをどうやって活用して、難所を切り抜けたりするのか。モンスターコインは、ゲームとしての戦略性と面白さに深みを与えている要因といえよう。あと、テンションを上げてくれるモーモン可愛い。
 あと、ゲーム的要素の面白さ以外だと、やはりドラクエシリーズのBGMをふんだんに使っているところ。フィールドのBGMや戦闘用BGM、中には悲しいときに流れる曲まで。これはドラゴンクエストモンスターズとかも言えるけど、ドラクエヒーローズは据え置きだから音質が全然違う。歴代のオーケストラ曲をプレイしながら聴けるって、どんだけ幸せなことか。
 ただ、ドラクエヒーローズも個人的には少なからずとも不満点はある。ちょっと呪文・特技やコンボのバリエーションが乏しいという点。RPGやっている人がアクションゲームやるとしたら、このぐらいの量じゃないと煩雑化するのは分かるけど、ちょっと寂しい気がする。せめて、あと3つぐらいあったら良かったなあ……。

 なかなか遊びごたえのあるドラゴンクエストヒーローズ。
 もし、ドラクエを長らくプレイしていないという人がいたら、この機会に触れてみるのはいかが?きっと、懐かしい気分でいながらも新しいドラクエの魅力を発見できるかもしれない。

 ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 難易度 ☆☆
 ドラクエ度 ☆☆☆☆☆

スポンサーサイト
別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
因縁の対面。
2015-02-26 Thu 20:50
 これがあるから木曜日は楽しい!!

 岡本倫先生の漫画を読むのが、生き甲斐の一つである蔵間マリコです。
 さ~てさてさて、木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 先月3周年を迎えた極黒のブリュンヒルデですが、もう少しで記録更新ですねえ。岡本倫先生の最長連載期間と話数が。連載期間3年4ヶ月、連載話数142話のノノノノが最長記録ですけど、極黒のブリュンヒルデは連載期間3年1ヶ月、連載話数135話とノノノノに迫ってきていますからね。余程の事がなければ、この記録を超すであろう。アニメ化作品2本で、どれも長期連載作品。自分が思っている以上に、たんは凄い漫画家なのかもしれない。
 さて、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
因縁の対面。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
黒の暴虐。
2015-02-25 Wed 20:56

 明日が楽しみで楽しみでたまらない!!

 重度のたんの漫画中毒である蔵間マリコです。
 さてさてさて、水曜日ですのでいつものコーナーを更新しますよ~。現在、週刊ヤングジャンプで『極黒のブリュンヒルデ』を絶賛連載中の鬼才漫画家・岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 さて、今回で第75回=75話となるこのコーナーですけど、当時の事を思い出します。TVアニメ版エルフェンリートを見ることが出来なくて、血の涙を呑むことになったあの日々を。
 今でこそ、公式配信や手軽にCS放送の契約ができたりといくらでも見る方法がありましたけど、当時はかなり手段が限られていましたからね。しかも、学生の身分としてはCS放送の契約とか色々な意味で難易度が高い。だから、レンタルが出るまで待たないといけなかったのが辛かった。しかも、地元のレンタルビデオ店はなぜか歯抜けだったし……。ホント、社会人というのはありがたいです。、
 とまあ、昔のことをちょっと思い出してしまいました。これ以上話すと長くなりそうなので、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
黒の暴虐。の続きを読む
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
体調の不調。
2015-02-23 Mon 19:27

 胃が痛くて、気持ち悪くて、体が熱い……。
 どうも風邪に罹ったぽい。
 ここ2週間、死ぬほど忙しくて頭がおかしくなりそうだったから……。
 とはいえ、最近になってから体が弱くなったような……。
 ああもう、最悪。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
おぞましき二人。
2015-02-22 Sun 19:34

 遅くなってすみません!!

 オリジナルのライトノベルを地道に書いている蔵間マリコです。
 随分遅くなってしまいましたが、久々の更新ですよ~。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を描いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 へたっぴな文章ですけど、これを毎週読んでくれている皆様スミマセンでした。本当なら、去年の12月あたりに完成させたかったんですけど、色々とグダグダになってしまって、2月下旬になってしまいました。鞭入れて頑張っていればこんなことにはなっていなかったのに……。本当にスミマセンでした!!
 とまあ、長らく待たせてしまいましたが、その長らく待たせた第12話をそろそろ公開したいと思います。間が空いているために前回までのあらすじを覚えていない人もいるかもしれません。それと、先でも書いているように非常に残念な文章です。ですが、そこのところは許してください。
 それでは、今回もどうぞ。
おぞましき二人。の続きを読む
別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:0 | トラックバック:0
海と雪。
2015-02-21 Sat 20:09

        TVアニメ版艦隊これくしょん OP・ED

 いや、アニメ版も楽しんでいますよ?

 OPは、顔だと思っている蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!amazonだと予約待ち必至と話題になっていましたが、広島でも手に入れるのに苦労しましたよー。大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん-艦これ-』のTVアニメ版のOP『海色(みいろ)』とED『吹雪』のシングルが。
 自分も予約していなかったクチなので、自分が利用する店を手当たり次第に探していたのですが、なかなか見つかりませんでしたよ。見つかったのは5件目、それも最後の一枚でしたから。本当に運が良かったのだとつくづく思います。
 しかし、海色も吹雪も良いですよねえ。TVアニメ版艦隊これくしょんのプレミアムビューイングで初めて聞いた時、「この曲良いなあ……」とは思っていましたけど、今回のイベントでもボス戦のBGMに採用されていたのが買う切欠になってね。好き嫌いこそ分かれやすい曲ですけど、いかにも艦隊これくしょんの世界観を描いたような曲というところがたまらない。ホント、AKINO from bless4さんも西沢幸奏さんも良い仕事をしていますよ、ホント。

 とまあ、なんとかGET出来てご満悦ですが、実は思いの外にアニメのOP・EDのCDを買うことは多くない。割合としては、1年に1回買うか買わないぐらいかだ。サントラなんかはボチボチ買うんだけどね。
 アニメのCDが置いてある棚を調べてみると、一番古いアニメのCDがらき☆すたのOP『もってけ!セーラーふく』。懐かしいと思うと同時に、なんか最初に凄い電波な曲を買ったんだなとつくづく思う。その次に買ったのが、SchoolDaysの『イノセント・ブルー』と温度差凄いし……。まあ、スクイズはEDのほうが重要なんだけどね。
 だけど、これら全てに言えることは、アニメのOPとEDって、アニメにおける顔のようなものだと思う。らき☆すたのもってけ!セーラー服にしろ、今回買った海色と吹雪にしろ。アニメサイズ1分30秒前後の長さで、いかにそのアニメがどんなものを表現するか。全く知らない視聴者は当然の事、既存のファンの心に残るかどうかがかかっているのですから。
 それを考えると、90年代中頃に流行ったアニメのイメージとかなり違うOPが売れたのはアレはアレで凄いことだと思う。
るろうに剣心のそばかすをはじめとした、アニメのイメージよりもアーティストを重視した時代だったけど、相当売れていたからな。時代と方向性の違いなのかもしれない。

 アニメの良し悪しの一つであるOPとED。
 ただ、これだけはちょっと言わせてほしい。アニメ版艦これ、毎週楽しみにしているけど、脚本さんもっと頑張ってくださいよ~。提督画面に出さない以上はそれに価値を見出す内容にして、艦娘たちの扱いの差をどうにかしてくださいよ~。視聴者の顔を考えながら作ってくださいよ~。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
怒りの鉄拳。
2015-02-19 Thu 20:43

 やっぱり、倫たんはナンバー1!!

 良太みたいハーレムな生活を送りたい蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものあのコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』を。
 いや~、昨日の『君は淫らな僕の女王』の新作掲載アナウンスは。続編作る続編作るといったものの、なかなか掲載されなくてやきもきしていましたが、そんなもやもやとした気分から解放されるのだから。1ヶ月先の話といえ、本当に待ち遠しいばかりです。
 しかし、8ページという短いページ数で何をするのだろうか?どうせ袋とじでやるのだから、青年誌ギリギリよりちょっとアウトな描写とたんならではのこだわりのフェチズムというものを披露してほしいものだ。
 さて、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
怒りの鉄拳。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
黒衣の野獣。
2015-02-18 Wed 20:57


 前編はこちらで。

 美少女SFバイオレンスラブコメディもスポ根も純愛ダークファンタジー漫画も自制心崩壊エロコメディも大好きな蔵間マリコです。
 さてさて、水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の『極黒のブリュンヒルデ』の作者、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 ビッグニュースです、ビッグニュース!!なんとなんと、岡本倫先生が原作を担当し、『クズの本懐』や『レトルトパウチ!』を連載中の横槍メンゴが作画を担当する大問題作『君は淫らな僕の女王』が3月17日発売のミラクルジャンプにて掲載されます!!
 いや~、メッチャ嬉しいニュースですねえ。掲載ページ数は8ページと短めですが、カラー+袋とじという豪華仕様ですから。1年3ヶ月ぶりの掲載も嬉しいですけど、ここまでの特別待遇をしてくれるなんて。たん、メンゴ先生、ちそちそを大きくして待っています!!
 とまあ、ちょっと熱くなりすぎました。そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 
黒衣の野獣。の続きを読む
別窓 | エルフェンリート | コメント:1 | トラックバック:0
甘さとほろ苦さと。
2015-02-16 Mon 20:33

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです今日のテーマは「どんなチョコレートが好き?」です。14日はバレンタインデーチョコレートを用意している女性も多いのではないでしょうか?先日百貨店をちょろっと覗きに行きましたが、甘いチョコレートの匂いで溢れていて人もすごい数でした!チョコレートにも高級で上品なお味のものや、100円で買える馴染みの味のもの、チョコレートをかけたお菓子やフルーツの入っ...
第1930回「どんなチョコレートが好き?」


 今回の御題は、『チョコレート』。
 チョコレートですかあ……。まあ、基本的にチョコレートは好きですよ。チョコレートクリームを塗りたくったようなチョコレートケーキは好きじゃありませんけど、それ以外は色々と食べる。アーモンドチョコだの、フォンダンショコラだの、クランチチョコだの。
 特に好きなのは、オレンジピールにチョコレートをかけたオランジェット。もうあれは、チョコレートの最高峰ですよ。チョコレートのほろ苦さと甘さに、柑橘類の皮の苦さと爽やかな香りと酸味、リキュールの仄かな香り。これが一体化した時の味はまさに最高。こんなお菓子を考えた人は天才ですよ!!

 とまあ、ちょっとしたチョコレート談義をしましたが、皆様はどうでしたか?今年のバレンタインデーは(敢えて地雷を踏み行くスタイル)?
 自分は今年1個もらえましたね。小柄で元気で健気でピンク色の髪の毛とクリクリッとした目と八重歯が可愛い二次元のおにゃのこに。毎日、窓から入ってきて、朝起こしてくれて、一緒に朝食を食べて、一緒に出かける。そして、帰りは一緒に買い物をする。そんな可愛い二次元のおにゃのこから。
 というのは冗談ですけど、うちの会社の事務所の職員の女の人が毎年労いのために義理チョコを買ってくれたり、作ってくれたりするんですよ。今年はチョコマフィン。義理だと分かっていても、嬉しいですよ。世の中にゃあ、バレンタインデーに一度もチョコをもらったことがなく犯罪に走った人だっているのですから。まあ、それと比較するとまだマシかなって。
 でも、彼女がほしいんですよ!!別にアニメや漫画みたいな都合の良い女性なんていないことぐらい分かっています!!それでも、今年で30とこのままでは魔法使い確定なんですから!!うちの知り合いや会社の人は結婚しているのに、自分だけ独身……。マジで悲しい……。

 少し塩味がするバレンタインのチョコ。
 きっとこのままだと、自分は大魔法使いになるんだろうなあ……。ロクに出会いもないし、コミュ障だし……。涙で枕を濡らしても良いですか?

別窓 | 今週の御題 | コメント:1 | トラックバック:0
理想との距離。
2015-02-15 Sun 20:04
 もう少しで完成しそうなので近況報告。

 最近、自分の限界を感じている蔵間マリコです。
 今週は久々のオリジナルのライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』というわけではありませんが、今回はちょっとそれについて色々と話させてもらいます。
 とりあえずまず、進捗状況。今のところ、彼女の極秘事項(トップシークレット)の12話目を90%あたりのとこにいます。今週でなんとか終わりそうな感じです。まあ、何かトラブルがあったらダメかもしれませんが。
 で、次にどうしてここまで時間がかかっているのか。元々は1話を2ヶ月で執筆、ページ数にしたら45ページ程度を1ヶ月のノルマとして考えている。だけど、実際のところは1ヶ月で20~30ページ程度しか進んでいない。まあ、調子が良ければノルマ以上の数字が出るんですけど、普段の自分はこんな程度です。
 いや、毎日2~3時間程度(休日は、この倍)ノベとにらめっこしながらキーボード叩いていますよ。でも、それが思うように進まない。アイデアがないんじゃなくて、それをどうやって文章化するのかに困るんですよ。ぶっちゃけた話、実力がない。
 それがジレンマになってね。毎月決めたノルマのページは進めたい。だけど、そこまで書けるだけの実力がない。それがモチベーションや体力に影響する。それが悪循環になってね。理想と現実のギャップというものかもしれない。
 この現象、イラストを描いていた時もあったんですよね。最初の頃は描いているのが楽しかったけど、描いているうちに自分の目標と今の自分、その絶対的な差に苛立ちを覚えて楽しくなくなる。特に比較対象がいると自分が惨めに見えまして。同じ年数同じ時間やったとしても、相手のほうが断然上。比較するな、回りを気にせずに頑張れと言われても、昔からコンプレックスの塊ですからね。それがどうしようも出来ないんですよ。
 まあ、ラノベ執筆自体は比較する相手がいないからまだ良いですけど、それでも書いている時にそんな虚しさを感じる時がしばしば。実力はないけど、誰かに認められたい、評価されたい。元は自分の描いた世界を作り上げたいという目標があるのに色々と矛盾していて、ダメだよなあ俺。

 とにかく空転状態が続いているオリジナルのライトノベル。
 書きたいものがあるから歩みを止めるわけにはいかないが、現実とのギャップが酷すぎる。これをどうやって抜け出せば良いのやら……。
 誰かアドバイスよろしくお願いします。

別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:1 | トラックバック:0
| 黒のノエル。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。