現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
侘びと寂び。
2014-11-30 Sun 20:19

 やっとエンジンがかかってきた。

 モチベーションの波が激しい蔵間マリコです。
 さてと日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を描いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 進捗状況33パーセント、ようやく25ページ目に突入です。先にこんなことを書いているのでワケが分からない人がいるかもしれませんが、12話目の執筆ペースがこんな感じです。1ヶ月で25ページ、1ヶ月40ページ以上をノルマとしている自分としては最悪なペースでございます。でも、少しずつ調子を取り戻しているのは実感しています。今年中に完成するかどうかは怪しいですが、それでもその目標を達成するために出来る限りのことを尽くして頑張りたいと思います。
 とまあ、ひとまず近況報告はこれぐらいにして、そろそろ本編へと入らせてもらいます。先に言っておきますが、あまり文章も内容もいいものとは言えませんよ?それでも、読んでくれると非常にありがたいです。それでは、今回もどうぞ。
侘びと寂び。の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:0 | トラックバック:0
強烈な睡魔。
2014-11-29 Sat 20:59
 ああん、午後から市内で本を買う予定だったのに寝落ちしてしまった!!
 最近、こういうのが多いけど、寝不足なのだろうか?あるいは歳を取ったのかなあ?
 せっかくの休日が……。

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
失意と喪失と。
2014-11-27 Thu 20:22

 今日は、前座は無しで。

 たんの漫画が大好きで大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプで連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 先で書いていますけど、今回はさっさと感想に入りますよ。なんでかって?だってまあ、ねえ、アレだしねえ……。まあ、これ以上はネタバレになるので、そういうのが嫌だという人とかが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
失意と喪失と。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
怨嗟の凶弾。
2014-11-26 Wed 21:27

 倫たんの漫画が好きで好きでたまりません!!

 三度の飯よりも、岡本倫の漫画の蔵間マリコです。
 さてと水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。現在、週刊ヤングジャンプで純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』を絶賛連載中の鬼才漫画家、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 とはいっても、まだ引きずっているんですよねえ。先週掲載された極黒のブリュンヒルデの内容が。ネタバレになるので多くは語りませんが、ショックからなかなか立ち直れないというか。いや、対策が不明である以上はあのような展開を迎えるのは必然的ではありますが、それでも、ねえ……。本当にたんの漫画がどんなものかと改めて知らされましたよ。この調子だと、明日の極黒のブリュンヒルデは……。
 とまあ、ショックを引きずっている今日現在ですが、ちょっとそれは置いて、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのがいやだという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
怨嗟の凶弾。の続きを読む
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
家庭的な雰囲気。
2014-11-25 Tue 20:33
       kitchen YOSHIKI 001

 家庭的だけど、ちょっと洒落た店でも。

 食べ歩きが趣味の一つみたいな蔵間マリコです。
 いや~、今日はちょっとラッキーでしたねえ。時間がかかりそうな交通警備が予定以上に仕事が早く終わって。てっきり仕事の内容が内容だけに時間がかかりそうだと思っていたんですけど、午前中に全部の工事が終わっちゃいましたからねえ。まあ、少し雨も降っていたことだし、こういう日もあってもおかしくはない。時給で計算しているから、給料がその分減るけどさ。
 とまあ、ちょっと早く終わったので手持ち無沙汰。というわけで、今日は少し気になっていたお店に行ってみました。今回言ったのは、西区横川にあるパスタ屋『kitchen YOSHIKI』。前回紹介した『やきやき亭』と同じく、西区エリアにあるお店です。

       kitchen YOSHIKI 003

 中区が主な活動範囲の自分としては微妙な遠出ですけど、専門学校に通っていた頃はここらへんがホームでしたからねえ。とはいっても、金銭的な学生の身分でこういうお店に入ったことなんてないからな。だから、金銭的な余裕がある今だからこそ行ける、これが大人の特権とでも言ったところですよ。
 で、今回紹介するkitchen YOSHIKIは大通りから少し外れた商店街。様々な店が入り乱れる古き良き町横川らしい感じがしてたまりません。なんかまさに隠れ家的な感じがして。
 でも、そのお洒落な感じとは対照的に、アットホーム感がたまらない。店の外では、おばあさんが外で犬と一緒に人の往来を眺めている。後で聞いたことなのだが、ここのお店は家族三代で経営をしているらしく、1階はパスタ屋で2階は別のお店を経営しているらしい(3階は、宴会場のこと)。パスタ屋というちょっとお洒落なお店で野郎としては少し入り辛い感があるけど、この空気は男でも入りやすいです。
 で、店内に入ってみるとテーブル席2つとカウンター席10席とこじんまりとしたお店。俺が入った後には工事かなんかの仕事をしている人が入ってきて満席になり、次から次へと客が来てビックリ。分かり辛い位置にあるけど、かなりの人気店だとは。ちょっと申し訳ない気分にはなったけど、この店のサイズは味とかをキープするためには重要な広さだと思う。
 で、俺はランチの日替わりパスタをとりあえず頼みました。大盛りで。

           kitchen YOSHIKI 004

 サラダ。
 キャベツとレタスにドレッシングといたってシンプルだが、これから美味しいパスタを食べる助走には相応しい。これがあまりにも凝ったサラダとなるとどっちがメインなのかと言いたくなるからね。口の中がサッパリするし、前菜としてはGOOD JOB!!

       kitchen YOSHIKI 005

 ガーリックトースト。
 ガーリックトーストは食パンなんかで食べたりするけど、家でやるのとは全然違う。にんにくの香りが比較にならないし、バターも味わい深い。そしてなによりも、フランスパンが美味。固いパンはあまり好きじゃないんだけど、このフランスパンは美味しい。弾力もほどよいし、ガーリックに負けないフランスパンの香りはたまらない。フランスパンの価値観が変わったかも知れない。

           kitchen YOSHIKI 006

 メインディッシュの日替わりパスタ。今日は、野菜とひき肉を使ったトマトソースパスタでした。他にも豚肉と野菜のパスタとか明太子と春菊のパスタなんてのもあったけど、トマトソースが好きなのでこれで。
 で、味はというと、これが本当に美味い美味い!!例えるなら、ジョジョで億安がトニオのパスタを食べた時と同じ。一度食べたら、止められない止まらない!!にんにくの風味が強いトマトソースの中に、キャベツ、ピーマン、インゲン、ズッキーニなどといった野菜と旨味の詰まった挽き肉。それらが渾然一体となって、素晴らしい味のハーモニーを醸しだしている。パスタもつるつるでのどごしよく、ソースもしっかりと絡まっているからあますことなく味わえる。更には、ガーリックトーストでソースを味わうのもたまらないし。もうこんなに美味しいパスタ、なかなかお目にかかれない!!

 お洒落でアットホームで美味しい町のパスタ屋、kitchen YOSHIKI
 ちなみに、今回の昼飯代は790円(大盛り+50円、トーストからガーリックトースト変更+30円)。チェーン店とかのパスタ屋とかを見ると目が飛び出そうな値段だけど、本当にこれだけの味とボリュームでこれはリーズナブル。お店の人もとても優しいし、本当に良いお店を見つけたもんだ。夜は夜で別のメニューを出しているようだし、また行きたいものだ。

別窓 | 個食のグルメ | コメント:0 | トラックバック:0
祭りの始まり。
2014-11-23 Sun 21:41
 まだ15ページ……。

 完全に空転している蔵間マリコです。
 さてと日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を描いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 ああん、ダメです、もうダメです、全然ダメダメです。毎日、2~3時間ほどPCに向かって原稿を書いているんですけど、全然筆が進まないんですよ。アイデア自体はいくらでも湧いてくるんですけど、それを文章にしようとすると全然上手くいかなくて。そして、その上手くいかない状態が続いてモチベーションに響いて……。それが執筆スピードに影響しての悪循環。
 なにがいけないんだろうか?別に飽きたとかそういうわけじゃないんですけど、負のスパイラルに完全に嵌ってしまって、自分でも抜け出すことが出来ない。調子が良い時は、週に20ページは書けたんだけどなあ……。
 すいません、ちょっと愚痴になっちゃいまして。まあ、こういう湿っぽい話はこれぐらいして、そろそろ本編へと入らせてもらいます。あまり上手くありませんが、読んでくれると非常にありがたいです。
 それでは、今回の彼女たちの極秘事項(トップシークレット)をどうぞ。
祭りの始まり。の続きを読む
別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:0 | トラックバック:0
頼もしい遊撃兵。
2014-11-22 Sat 22:17
            パワードジムカーディガン002

 私はガンプラバトルをするって……あの人に誓ったの!――ホシノ・フミナ

 ガンプラは素組み派の蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!3連休の初日である本日、買い溜めしていたガンプラを組み立てましたー!!作ったのは、現在、放送中のガンプラバトルアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』のヒロイン、ホシノ・フミナのオリジナルガンプラ『パワードジムカーディガン』っす。
 いや~、ここしばらくはねんどろいどに浮気をしていたり、色々と忙しかったりと半年ほどガンプラを組み立てることが出来ませんでした。ですが、ビルドファイターズトライ及びGのレコンギスタが始まったということで、久々に着手しようと思ってね。その久しぶりに作ったのが、このパワードジムカーディガンというわけ。
 で、感想としてはかなり出来の良いキットだと思う。ベースになっているのHGUCパワードジムゆえに関節部分の可動部分が悪いことと、左手のパーツが1種類しかないことには不満だけど、それ以外は満足。作中のマッシブなデザインは再現できているし、シールドと大型ライフルのアームの可動部分はHGUC機動戦士ガンダムサンダーボルトの優秀さから見ても、それに負けない自由性の高さ。全体的には出来の良いキットだと思う。簡単でもないし、難しくも無いから作り応えもあるし。やっぱり、ホシノ先輩のガンプラはエロイ、いや偉い!!

            パワードジムカーディガン003

 とまあ、久しぶりのガンプラに大満足でしたが、今日はちょっとジム系統のガンプラを作ったので、ジム系統のMSの話でもしよう。いや、ホシノ先輩の話をしていいけど、多分、エロ談義で終わっちゃいそうなので。
 一年戦争において、ジオン公国軍のザクに遅れて量産され、ザクと互角以上の実力を見せたジム。作中では知っての通りやられ役そのものではあるが、同時にガンダムと同じく一年戦争を勝利に導いた立役者に違いない。そして、個人的にはザクよりも好きなMSだ。
 どこにジムに魅力を感じたか。やはり、バリエーション機を含めて(一部を除き)基本に忠実ということだろう。ジオン公国軍はMSを先に作ったというアドバンテージこそあるが、それ以外での数的優位という意味では劣っている(あと、宇宙という環境も関係しているが)。そのため、奇策的な流れにいくのは至極当然であろう。ザクシリーズ以外のシリーズの多さに、風変わりな兵装。ザクシリーズですら、変り種のMSが多い。
 その一方、地球連邦軍は基本的に量産タイプのMSはジムシリーズのみ。高性能試作機は、ガンダムという割り振りになっている。そして、バリエーション機もベースからのアレンジという意味合いが強いものが多い。デザートジムやジム・ストライカー、パワードジムといったリアクティブアーマーやブーストの追加によっての性能獲得、ジム改やジム・カスタム(ジム・クウェル)のような純粋なバージョンアップ機、そしてジム以前に生産された先行量産型ジムや陸戦型ジム。良くも悪くも規格品という意味合いが強いけど、この合理性+そこからの細かいカスタマイズといった地を進むデザイン性が魅力だと思う。
 ただ、その合理性ゆえに一年戦争以降、グリプス戦役以降のジムのバリエーション機はお世辞にも性能が良いとは言い難い。ジムⅡはジムのマイナーチェンジ機程度の性能だし、ジムⅢは「回避性能を捨てる代わりに、ジムⅡを重装備にして、射撃支援に特化しました」という突貫工事的な面が強いし、同じ連邦軍の組織でもネモはエゥーゴのMSだし。これを打破するジムに代わるジェガンシリーズが登場するまでは、これに頼らざる得ないという悲しい事情を抱えてしまう。MS史全体で見ると合理化はいいものの、その後の連邦軍の組織としての腐敗ぶりと台所事情も垣間見えるMSといえよう。

        パワードジムカーディガン004

 良くも悪くも基本的な性能が魅力的なジムシリーズ。
 さて、次は何を買おうかな?今月発売されたクロスボーンガンダムX1もいいけど、G-セルフも捨て難い。他にも、買いたいガンプラがあるし……。う~ん、悩んじゃう。

        パワードジムカーディガン&ジムスナイパーK9

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
愛しき獣。
2014-11-20 Thu 20:17
 面白いは、いつまでも大切にしたい。

 ヤンジャン大好き人間の蔵間マリコです。
 いや~、どうしてこうも面白いんでしょうかねえ。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』は。
 作風こそは好き嫌い分かれるけど、読んでいる時のドキドキ感とワクワク感がたまらない漫画は倫たんの漫画は凄いですからねえ。メインキャラだと思わせる人物が登場した回で死んだり、読者の思いもよらぬ展開で度肝を抜かしたり、実は意外な真実が隠されていたり。そういう読者をあっと驚かせるビックリ箱、自分は褒め言葉として闇鍋って言っていますけど、そういうのがふんだんに詰まっていますからねえ。読んだことない人、アニメしか見たこと無い人、ぜひヤングジャンプか単行本を手にとってレジに行ってほしい。きっと面白い世界が待ち受けているからさ。
 とまあ、ちょっとステルスマーケティングになっていないステルスマーケティングをしましたが、そろそろ感想へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
愛しき獣。の続きを読む
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
未知との遭遇。
2014-11-17 Mon 20:45

   2014y11m16d_113800991.jpg

 今回も全海域制覇と。

 愛宕ちゃんと蜜月を過ごしたい蔵間マリコです。
 先日、しっかりきっかり攻略しましたよ~。大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』の2014年秋のイベント『発動!渾作戦』を。
 いや~、2014年夏のイベント『AL/MI作戦』に比べて規模が小さい作戦だと公式ツイッターがアナウンスしていましたが、イベント開始3日で全海域制覇できるなんて思いませんでしたよ。反則級に強い霧の艦隊が使えたアルペジオコラボの時ほど簡単というわけではありませんが、それでもビックリするほど順調に攻略できたのですから。歯ごたえが無いといえばそうかもしれませんが、前回のイベントでヘイトを溜めた提督たちの憂さを晴らすイベントとしてはなかなか良い内容だと思いましたね。
 しかし、今回のイベントであきつ丸改が連合艦隊旗艦になるとは。大型建造が出た当初は大発とカ号を分捕るだけの艦娘というポジションでしたが、前回のイベントで√固定要員として活躍、そして今回は√固定のみならず、空母の出撃制限がある中で烈風を搭載できるという点が生きてきたのですから。ゲームのシステム上、耐久力の高い敵に低火力でもダメージがキッカリ入るわけだし。艦娘は創意工夫しだいで活躍する、まさに艦これの面白さを内包した艦娘だな。

   2014y11m15d_205023137.jpg

 とまあ、今回のイベントも大勝利したわけですが、自分は艦これのイベントに参加するたびにあることを楽しみにしている。歯ごたえのある難易度?イベント海域で手に入る艦娘や装備?そういうのもあるけど、ちょっとそういうのとは違う。自分が楽しみにしているのは、イベント海域でお目見えになる新たなる深海棲艦たちのことである。
 いや~、艦娘たちは史実に基づいてキャラが作られていたり、媒体によってはある程度バックボーンがハッキリしていますが深海棲艦は艦娘に比べると謎の多い存在ですからねえ。何処から来て、何処へ向かう?強くなるにつれて、どうして人型に近づいていく?あのような武装はどのようにして生み出す?沈んだ軍艦たちの怨念なのか?あるいは、既存の生物とは全く違った生命体なのか?そういった妄想が広がるから好きなんですよね。
 特にこのゲームのボスである、鬼・姫クラスの深海棲艦。人語は解するし、中には艦娘同様に元ネタのある深海棲艦も存在しますから。南方棲戦姫は大和を意識したデザインであるし、多くの提督にトラウマを残した飛行場姫はヘンダーソン飛行場、前回のイベントで人気を博し、3-5にも登場するようになった北方棲姫はダッチハーバーが元ネタですからねえ。所々に好奇心を掻き立たせるデザインは、深海棲艦の魅力の一つですよ。
 特に今回のイベント、E-2で登場した駆逐棲姫は興味深い。先でも書いているようになんらかの元ネタと書いたけど、駆逐棲姫の場合は白露型5番艦春雨に瓜二つですからねえ。深海棲艦のデザインには準えているけど、ここまで似ているの深海棲艦は今まで無かったからな。しかも、史実の艦尾から折れて沈んだということで膝から下がない特異なデザインですから。もしかして、奮闘空しく水底に沈んだ艦娘たちをサルベージしているのだろうか?あるいは、R-TYPEのバイドのように寄生しているのだろうか?妄想が膨らむばかりである。

   2014y11m16d_113638171.jpg
   2014y11m16d_113747233.jpg

 艦娘も深海棲艦も魅力的な艦隊これくしょん
 とりあえずイベントは完走したけど、まだまだイベント海域に用事がある。朝雲に、その行きがけの駄賃のまるゆ掘り。前者はイベントで手に入れそびれるといつ手に入るか分からないし、後者は武蔵の餌にしたいからね。まだまだやることが多そうだ。

   2014y11m16d_114221213.jpg
   2014y11m16d_114750988.jpg

別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
謎と陰謀と。
2014-11-16 Sun 21:00
 進捗状況が最悪すぎんよ……。

 書く俄然意欲はあるけど、完全に空回りになっている蔵間マリコです。
 さてと、日曜日ですので、いつものように更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を描いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル、『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 う~ん、思うように書けません。どうも、書いている時に重大な落とし穴に気付いちゃって……。しかも、出だしの部分でも上手くいっていないから12話目がまだ10ページぐらいしか書けてなくて……。
 どうしてこんなことになったのだろうか?今年中に6話完成させるというノルマを課しているのに、肝心な時に躓くなんて。別に無計画に書いているわけではなく、ちゃんとチャートも書いて、ある程度の肉付けも考えていたんだが。このまんまじゃあ、自分を追い込んで悪循環にはまりそうだ。やっぱり、俺には無理なのかなあ……?
 とまあ、ちょっと状況最悪ですけど、それはちょっと置いて、そろそろ本編へと入らせてもらいます。先に言っておきますが、あまり上手い文章とは言えませんよ。ですけど、それでも読んでくれると非常にありがたいです。それでは、今回の彼女たちの極秘事項(トップシークレット)をどうぞ。
謎と陰謀と。の続きを読む
別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:0 | トラックバック:0
| 黒のノエル。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。